RECORD BOY

Hardcore Street Thrash!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかた商品アップを先ほど完了しました。受注対応は木曜日以降になります。


lifesentence-st.jpg



・LIFE SENTENCE - S/T LP 税込2,916円 / DIGIPACK CD 税込2,160円 (Jet Speed)

日本でも80's USHCファンに人気の高いシカゴのハードコア・パンク・バンド LIFE SENTENCEの1986年発表1stアルバムが、バンド自身の手により待望の再発!!2006年のNat Records盤オフィシャルCD以外はブートLPがたびたび出回ってましたが、アナログ盤は今回が初の公式再発となります。しかもデモ/アウトテイク/ライブをボーナスで追加した全16曲入り増量版で、オリジナル盤LPには無かった歌詞インナー付き!!


“Open Your Eyes” and “Gun Control” : S/T Album Outtakes (1986)
“Home”, “Fall In Line” and “Addiction” : 4-track demos by Alex Olvera (1986)
“Actions” : Live at Caberet Metro, Chicago (Sept. 20, 1986)


なかなかグレートなオブスキュア・スラッシュ・メタル BURNT OFFERINGなんかも出してたシカゴのローカル・レーベル Walkthrufyreから、ZOETROPEドラム&Vo.の故Barry Stern氏とギターのKen Black氏の2人によるプロデュースでリリースされ、METALLICAのジェイムズ・ヘッドフィールドの初来日時着用をはじめ、C.O.C.やD.R.I.などのメンバーもよくTシャツを着ていたハードコア・バンド。と、ここまでの説明だけで、スラッシュ・メタル/クロスオーバー・ファンも俄然興味が湧いてくるでしょうが、このバンドの武器や魅力はスピード・メタル・テイストでは無く、各メンバーの高い演奏力とキャッチーな楽曲センスのバツグンすぎるコンビネーションでした。特にゴロゴロと唸りをあげながらもテクニカルなフレーズを駆使するJoe Losurdo氏のプレイは、OFFENDERSの故Mikey Offender氏と共通するものも感じてしまいます。名曲 Punks for Profitに代表されるように、楽曲やギター・フレーズはライトでキャッチーなのに、リズム隊の演奏はUSHC特有の軽さとは裏腹に素晴らしくラウド&ロウなのが最高で、この辺はニュージャージーのADRENALIN O.D.に近いテイストだと思います。レコーディング開始当初は専任シンガー Ray Morris氏も含む4人編成でしたが、制作途中でRay Morris氏は解任され、残る3人で完成させたという面白いエピソードもあるUSHCクラシックです!!



zoetrope-amnesty-2lp.jpg



・ZOETROPE - Amnesty 2LP BLUE VINYL 税込3,996円 (Floga)

後にTROUBLEに加入し、近年ではLee Dorrian氏のハードコア・パンク・ユニット SEPTIC TANK発足時のメンバーであったことで話題にも上がったりした、故Barry Sterrn氏が率いたUSシカゴ・ハードコア・ストリート・メタル ZOETROPEの1985年発表1stアルバムが、2ndアルバム Life of Crimeに続いてギリシャFloga Recordsから遂にアナログ盤再発。Century Mediaが1990年代後期に初CD化して1度再発されていましたが、Floga RecordsはCentury Mediaライセンスのアナログ・フォーマット・リイシューを近年請け負っていますので、このLPもCentury Media盤CDと同じ追加内容の、1983年1st/1985年2ndデモを追加収録したボーナスLP付き2枚組でのアナログ盤初再発となっています!!!ブラック・ビニールとブルー・ビニールともに250枚プレスの限定500枚で、今回はブルー・ビニールでの入荷になります。ジャケはゲートフォルド!!


SIDE A & B : Amnesty ALBUM (1985年)
SIDE C : Metal Log Vol. 1 DEMO (1983年)
SIDE D : Metal Log Vol. 2 DEMO (1985年)


ZOETROPEほど激渋という形容がピッタリなバンドはいないと思います。2ndアルバムはよりハードコア・ストリート・メタルの呼び名にふさわしい非常に緊迫感のあるスラッシュ・サウンドがかっこいいですが、この1stはパワー・メタル風味やハードロックの古典的フレーズみたいなのも飛び出すところが最高に激渋です。NYのCARNIVOREも同じようなハードコアとメタルの中間スタンスで、やはり1stがヘヴィメタル色濃く2ndがハードコアだったけど、CARNIVOREとは違う個性がZOETROPEにはあります。デモの時点で既にハードコア・ストリート・メタル・スラッシュ・サウンドは確立されていますが、実はZOETROPEは1980年に7"EPでデビューしていて、その時は完全なハードロック・サウンドだったという情報があります。そしてこれが今のこのご時世に珍しく、youtubeでも長年出てこないんですよーー。誰かが投稿しても私が見逃してるうちに削除されてるのかもだけど、いやー、1度も聴いたことないんだなーー。たまにレア盤で出てきてもカビだらけのケースがほとんどなので、死ぬまでに入手&聴きたいレコードmy5本の指に入る夢の音源です。これだけ煽っておきながらアレですが、もちろん今回もその1st 7"音源は収録されてませんので、封印されたということでしょう。

ドラム&Vo.のBarry Sterrn氏とギタリストのKen Black氏は80's USHCパンク大傑作、同郷シカゴのLIFE SENTENCEの1stアルバムをプロデュースしていましたし、ARTICLES OF FAITHメンバーもこのZOETROPEの激渋なロゴTシャツ着てましたね。ハードコアの連中とも交流のあるところをただ見せたかっただけのような、当時のクロスオーバー・トレンド・ポーザーとは明らかに違うので、自らを"ハードコア・ストリート・メタル"と名乗っていたのにも説得力があります。後にTROUBLEに参加して第2期全盛期を支えた、Barry Stern氏のリードVo.兼任でのドラミング、黒人ベーシスト Calvin Humphrey氏の存在感、交友関係、そしてサウンド、もう全てが最高かっこいい!!!!!ZOETROPEを好きじゃない人とは、友達にはなれません。


Scandinavian Metal Jawbreakers!!


cardinalsin-spiteful.jpg



・CARDINAL SIN - Spiteful Intents TAPE 税込972円 (Blood Harvest)

遂に再発!!!カセットだけでだけど。。。オリジナルCDは人気のレア盤だし、ヴィニール化も今まで1度もなってないから、もっとちゃんと再発すべき名作ですが、まぁ仕方ありません。故Jon Nodtveidt氏のパートナーとしてDISSECTIONの1stアルバム The Somberlainに参加していたギタリスト John Zwetsloot氏が、The Somberlain制作後にDISSECTIONを脱退して結成したCARDINAL SINの唯一の作品となった1995年録音4曲入りEPです。ここ数年は極度に流通激悪レーベルになってしまったスウェーデンのBlood Harvest Recordsからの再発で、このリリースに気付いて今年の夏前にやりとり再開してから、レーベル・オーナーが姿くらましたりと難産でしたが、Blood Harvestは今後もなんとか続けていきたいと思います。返信あればだけど。。。赤&黒各100本の限定200本生産。

DISSECTIONで表現した叙情旋律がより繊細に際立ったような北欧フォークロア土台のメロディック・デス・メタルは、故Jon Nodtveidt氏の伝説的な狂気キャラクターのイメージがまとわりつくDISSECTIONよりも透明感が強く、スラッシーな疾走感とドラマチックな展開は北欧メタルの伝統的スタイルの継承も随所に感じさせ、 John Zwetsloot氏の才能とセンスを凝縮したようなスウェディッシュ・メロディック・エクストリーム・メタル最高峰の一つと言っても過言ではないでしょう。



serpentobscene-chaos-lp.jpg



・SERPENT OBSCENE - Chaos Reign Supreme LP 税込2,592円 (War Anthem)

ex.MAZE OF TORMENTで現在はGENERAL SURGERYやUNDER THE CHURCHでも活躍するシンガーのErik Sahlstrom氏や、KAAMOSのギタリスト2人らが1997年に結成したスウェーデン・ストックホルムのデス・メタル・バンドの、ラスト・アルバムとなった2006年発表3rdアルバム。ドイツからライセンス・リリースされたアナログ盤は、ゲートフォルド・スリーブでミニ・ポスター付きです。

参加メンバーは豪華ラインナップながら、スウェディッシュ・デスラッシュ・メタル勢の中ではイマイチ地味な存在で、実際当店も初入荷になります。しかしこれはデスラッシュと聞いて反応してしまう人全員必聴の凄まじい破壊力とスピードです。KREATORの影響が強いMERCILESSやHYPNOSIAといった伝統的スウェディッシュ・スタイルのデスラッシュを、さらに一歩デス・メタル寄りに接近させたようなタイプなのですが、MAZE OF TORMENTのように北欧ドラマチックなフレーズは導入せず、スラッシュよりハードコアなメタルとしてのみデス・メタルを追求したような暴走アグレッションがとにかく激烈!!SADUSやSCHIZOなどのファンにもオススメのトータル・デスラッシュ!!



paganrites-bloodlust.jpg



・PAGAN RITES - Bloodlust and Devastation LP 税込2,484円 (Lake Of Fire prod.)

Devil Lee Rot率いるスウェディッシュ・ブラック・メタル・バンドの、2000年にカルト・スウェディッシュ・メタル・レーベル Primitive Art Recordsからアナログ盤のみで発表された7曲入りMLPの2013年リマスター再発盤です。666枚プレスだったオリジナル盤の半数である333枚プレスながら、当時しっかり流通やプロモーションされたのかも疑わしく、まだ少しレーベルに残ってるようです。

Devil Lee Rotソロをはじめ、AUTOPSY TORMENTやこのPAGAN RITESも、生半可な興味本位で近づく者を決して寄せ付けない地獄のカルト・ムードが拷問級に最凶ですが、この作品は本当にかっこいいぞ!!!666!!!あの、独特のグダグダ荒涼感がなく、ピュアにBATHORY&VENOMウォーシップ・ブラック・メタルが激ダークネス・ロウで最高に渋いです。こういうの知っちゃうと、BATHORY影響下メタルパンク、とか言ってるようなヤツがほぼクソだってのがわかりますよ。もっと入れるべきだった。。。これだけじゃなく、ぜひ他作品と一緒に買ってくれ!!



flameacausal-contra.jpg



・FLAME ACAUSAL - Contra Mundum in Aeternum CD 税込1,728円 (Blood Harvest)

2013年結成スウェディッシュ・ブラック・メタル・バンドが、2016年に92本限定カセットで自主リリースした4曲入り1stデモの限定500枚CDバージョン。GoatwaRexが限定200枚でヴィニール化して当店で大反響のあったあの作品です。このCDは、一時はTo The Deathとも提携してリリースを重ねてきましたが数年前に決別し、ここ数年は極度に流通激悪レーベルになってしまったスウェーデンのBlood Harvest Recordsからのリリース。Blood Harvestオーナー氏は有名メロコア・バンドのシンガーとしてちょくちょく来日もするほど多忙ですから仕方ないですが(NECROVATIONでサポート・ギターもやってたし)、MSUOとDark Descentが台頭して以降はすっかり影が薄まった感がありました。しかし、リリースする作品のセンスは相変わらずダイハードで凄い!!近年また急速に作品が増えて、セレクトが追い付かないほど出てるけど、今後もなんとか続けていこうと思います。返信あればだけど。。。

フィンランドのSADOKISTとKALTERITを聴いて燃えた2017年は、"スパイキー・メタル・スラッシュ/ブラック"の猛攻が始まることだろう、なんてことを希望的観測として期待して、これははまさにその起爆剤にも成り得る最凶のリリースでしたが、そんなムーブメントは起こりませんでした。しかし、このFLAME ACAUSALは無名のバンドながら、再生した瞬間にピュア・ファッキン・ブラック・メタラーはガッツポーズ必至の凶暴サウンドが飛び出して、改めて聴いても極渋です。

スパイキー・スラッシュ/ブラックと言っても、RANCIDやCASUALTIESなどとBATHORYの融合なんてバカな話ではありません。スパイクとは、もちろん五寸釘です。INFANT DEATHなどのノルウェー勢や、荒くれたジャーマン・イーヴィル・スラッシュ・メタルよりも、北欧ブラックならではの極寒ノイジー・サウンドでスピード・メタルの基礎を剥き出しにしながら突進するフリージング・スラッシュの登場をKALTERITを聴いてから期待していたのですが、このFLAME ACAUSALはKREATORあたりを起源としたようなひたすら破壊的な爆発力が魅力です。と言うか、超ーーーBESTIAL MOCKERY!!!666!!!ハードコア・パンクも好んでいたBESTIAL MOCKERYがさほど強調してなかった北欧の冷たさをノイジーなサウンドで表現していて、80'sスラッシュなリフやフレーズも飛び出すけど、もっとデスラッシュ登場以降のハードコアなロウネスが強いです。ノルウェー・スラッシング・ブラック最高峰 SARCOMA INCや、GORGOROTHの80'sスラッシュ風な曲とかも思い起こさせますが、ブラック・メタルのビートだけどフォーキーなコード・リフなどは無く、パーツがデスラッシュなのでつんのめった焦燥感でガツガツ突進してきて、最初期MORBID ANGELやpre.DEICIDEのAMONのような凶暴テクニカル・デスが北欧ブラック・スラッシュとミックスしたような感じもあります。が、これはやはりBESTIAL MOCKERYやNIFELHEIMなどのスウェディッシュなスタイルのスラッシング・ブラック・メタルとして大絶賛したいところです。オススメdeath!!!666!!!

ZYANOSE - Noise Philia 2005-2011 CD


zyanose-noisephilia.jpg

・ZYANOSE - Noise Philia 2005-2011 CD 税込1,944円

Chaos in Tejas 2012の参加にタイミングを合わせるかたちでUSのレーベルからリリースされた大阪ノイズコア・パンク・クラスティーズのディスコグラフィーがCDバージョンも遂にリリース!!スピロヘータDEMO, Guerrilla Recordsからの1st EP, Fuck Split DEMO (Split w/ SEPARATIONS), Crust Warからの2nd EP, Yotsuva comp.とHeal comp.提供曲をまとめた全23曲!

裏ジャケの写真からも伝わるように、クラストコア・バンドの中でもド派手さとキャラクター性が突出したイメージの強いバンドですが、似たような曲一辺倒では決して無く、バラエティーに富んでると言ってもいい曲調が、メンバーのクラスト・シーンでのキャリアの長さを物語っていると思います。DAMNEDのLove Songのオマージュや、Heal comp.提供曲のアシッドな手法とは異なる壮絶なエンドレス手前の反復ハードコア・ナンバーなど、ノイズコア/クラスト・パンクの牙城を死守しながらもリスナーの固定観念を激しく破壊する、怒涛のクラッシャー・クラスティーズ!!!


Japanese Punks!!




・黄昏番長 - D.P.M.D. ep 7" + T-SHIRT 税込3,240円 (Hello From The Gutter)

過去に肉奴隷とのスプリット・リリースもあり、当店でも大好評だったABIGAIL&葛西純のUltimate Unholy Deathmatch Evil Metal Tシャツを制作していた黄昏番長氏による限定50セットの7"+Tシャツ、ダウンロードコード付き音源がHello From The Gutterよりリリース!ノイズグラインド、ハーシュノイズ、そして黄昏番長氏が愛するプロレスから引用したであろう雑多なサンプリングが切り刻まれ、解体、再構築、ループされて吐き出されたウルトラ・クソ・スカム・雑音!







・DIASTEREOMER - Ignition Advancer LP 税込2,800円 (Bitter Lake Recordings)

Bitter Lake Recordingsによる日本のオブスキュア・ニューウェーブ再発の新作は、東京のシンセ・ウェーブ・デュオの89年作品に未発表曲を加えた全8曲入り再発LP。オリジナルは200枚プレスのプライベートリリースで、今回の再発盤も350枚プレス、レーベルでは即完売しています。

DENDO MARIONETTEやC.memiなど再発してきたNYCのBITTER LAKE RECORDINGSニューリリース。
86年に高校の友人によって結成されたオブスキュア・ニューウェーブ/シンセポップデュオが89年に200枚のみプライベートリリースしていた2曲入りシングルに、87-91年にレコーディングされていた未発表6曲をくわえて初の再発、LP化。
(インフォメーションより)

EL ZINE Vol.33 w/ GALVANIZER INTERVIEW


*定休日夜中ですけど、これだけアップさせてください!!


elzi-33-1.jpg

elzin-33-2.jpg

・EL ZINE - Vol.33 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#33です。今回はフィメール・パンクの特集号なんですが、ここはやはり私も関わりましたデス・メタル関連ページについて語らせてください。Me Saco Un Ojoオーナー氏から依頼され、Asakusa Deathfestで来日したフィンランド・ヤング・デス・メタル GALVANIZERのインタビューが掲載されています。しかしEL ZINEの貴重な誌面をいただいたはいいけど、パンク・マガジンに唐突にGALVANIZERだけ載っても果たしてプロモーションになるのか?ということで、急遽BUTCHER ABC / Obliteration Recordsの関根氏とFAST ZINEの松本氏にも協力をいただき、フィンランド・デス・メタル座談会を行いました。Asakusa Deathfest前で大忙しの関根氏と、お仕事を早く切り上げてもらった松本氏のお二方を新宿の居酒屋に呼び出して、飲み代は自腹で語ってもらうという、なんとも急で失礼な提案にも関わらず快諾していただき、非常に面白いフィンランド・デス・メタル談義ができたと思います。当店でデス・メタル商品を買って下さっている方全員必読と断言致します!!!


●WOMEN in HARDCORE

・EXOTICA (11月に来日ツアーを予定しているニューヨークの女性Voハードコア・バンド、EXOTICAへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・MALIMPLIKI (EXOTICAと共にツアーを廻る、東京の女性3人組ロウ・ハードコア・パンク・バンド、MALIMPLIKIへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・KRIMEWATCH (THE COMES meets NYHCなサウンドで話題沸騰中の、日本人女性がVoを務めているニューヨークのハードコア・バンド、KRIMEWATCHへのインタヴュー)

・RINA (メキシコ・シティの女性Voロウ・ハードコア・バンド、RINA [VoとBaはex.ANTI-SEX]へのインタヴュー、その後編)

・PAST (THE FIGHT [vol.5にてインタヴューを掲載]などのハードコア・バンドで活動してきたGosiaがVoを務めるポーランドのポスト・パンク・バンド、PASTへのインタヴュー)

●BLACK KONFLIK RECORDS (カセット・テープでのリリースをメインに行なっている、マレーシアのクラスト・パンク/ハードコア・レーベル、BLACK KONFLIK RECORDSのオーナー、Aizuへのインタヴュー&ディスク・レヴュー)

●フィンランド・デス・メタル座談会 (BUTCHER ABC etcの関根氏、FAST ZINEの松本氏、RECORD BOYの大倉氏による、フィンランドのデス・メタルについて語ってもらった座談会)

●GALVANIZER (Asakusa Death Fest 2018で来日を果たすフィンランドの若手デス・メタル・バンド、GALVANIZERへのインタヴューby Edu/ATARAXY)

●Inner Space Photography (前号vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●ATARAXIA (茨城のクラスト・パンク・バンド、ATARAXIAのVoであるAsao氏 [ex.DESTRUCTION]へのインタヴュー)

●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●TOM AND BOOT BOYSカナダ・ツアー・レポートPART.2 (6月にカナダ/バンクーバーで開催されたHave A Good Laugh Festivalに出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポート、その後編by 今村紀康/TOM AND BOOT BOYS, POGO 77 RECORDS)

●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、AXE RASHとBATTLE RUINSのライヴ・フォト・レポート)

●BARROWS (9月に自主で1st 7インチをリリースした兵庫/但馬のD-Beatパンク・バンド、BARROWS。そのBa & VoであるAsada氏へのインタヴュー)

●Dra at helvete! (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのVoであるSkitkatt氏によるコラム)

●ナカムラルビイ (酢酸カーミンetcのフロントマンにして、中村達也氏の娘さんでもあるナカムラルビイ氏へのインタヴューby ツトム/悲観レーベル)

●MAD MANIAXヒロシ vs DEFORMATION QUADRICカラクリ (11月にリリースされるMAD MANIAXとDEFORMATION QUADRICによるスプリットCDを記念した、両バンドのメンバーによる対談)

●LASHING SPEED DEMONS:PINK FAIRIES (MOTORHEADの前身バンドの一つとも言える、PINK FAIRIESの詳細なバイオグラフィby 大越よしはる)

●LO-FI (ブラジルのリグレッシヴ(回帰的)ロックンロール・バンド、LO-FI へのインタヴューby Rafael Yaekashi)
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR