RECORD BOY

Japanese Punks!!


skitklass-kaos.jpg

・SKITKLASS - Kaos Och Forstorelse 4-latars EP 7" 税込900円 (Hardcore Survives)

昨年2017年に突然カセットテープをリリースして、取り扱いなかった当店にもたくさん問い合わせがあり、「なんなんだ、もう!SKITKLASSって!」と、最終的に自分まで一緒になって販売店検索と正体を突き止めるのに夢中になってしまった話題の覆面パンク・バンド SKITKLASSの1st 7"がHardcore Survivesからリリース。こちらも即完売必至です!!

そして自分もようやく聴くことが出来ましたが、やはり争奪戦になるだけあってかっこいい!!まるでDISCHARGE影響下の80年代北欧ハードコア・パンクみたいで、とてもポッと出の新人パンクスがやってるとは思えません。大注目!!



cps-shootmaster.jpg

・CxPxS / SHOOTMASTER - Split 7" 税込1,296円 (Hello From The Gutter)

東京のCxPxSと仙台のSHOOTMASTERによるスカム・ハードコア・パンク対決Split 7"!!デザインは、ABIGAIL x 葛西純やWho's The Strongestなどで当店も日頃お世話になってる黄昏番長さんです!!

CxPxSは、バンドで何かかっこいいことやろうとか、もうそんなことな一切考えてないであろう、クズみたいなトラッシュコア・パンクが最高。SHOOTMASTERはアグレッシブ・スラッシーに突き進むハードコア・ナンバー2曲を披露。


「えっ?!これ、まじで出すんですか? 谷ぐち順 (FUCKER / LessThanTV)」  華麗なる復活を遂げたCxPXS、仙台が誇るスカム最終兵器SHOOTMASTER、そして黄昏番長による三つ巴決戦!! まさに「モンスターズ・オブ・スカム」なスプリット7inchレコードがHELLO FROM THE GUTTERよりリリース!!300枚プレス!!(インフォメーションより)



Death from the Graves!!


pestilence-consuming.jpg

pestilence-consuming-cd.jpg



・PESTILENCE - Consuming Impulse 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

オランダのデス・メタル老舗レーベル Hammerheartによるダッチ・デス・メタル代表格 PESTILENCEの再発シリーズ、こちらは最高傑作の呼び声も多い1989年発表2ndアルバムです。よく考えたらこの2ndはオリジナル・レーベルのR/C Records / Roadracer盤以外でのCD再発は今までなかったので、1stの再発以上に楽しみにしていたファンが多かったようです。1988年と1989年のライブを収録した17曲入りボーナスCD付きで、スリップケースに隠されたジャケ・ブックレットは、当時バンドが準備しながらもRoadrunnerに勝手に差し替えられたという曰くつきのお蔵入りオリジナル・アートになっています!!


CD 1 :
Tracks 1-10 : Consvming Impvlse ALBUM (1989年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live Veghel (1989年)
Tracks 10-16 : Live Bochum (1988年)


1988年に発表した1stアルバム Mallevs Maleficarvmはスラッシャーも狂喜させるデスラッシュのマスター・ピースでありながら、時々伝統的ヨーロピアン・スピード・メタルのような旋律とパートが絡むところが最高でしたが、本作でデス・メタルの重厚ステンチなサウンドを完全に確立しています。フロリダ/スウェディッシュ/UKのいずれともちょっと違う、音の壁が迫りくるような圧倒的な重厚サウンドは、ベース&Vo.のMartin van Drunen氏が後に参加してアルバムを発表したASPHYXの初期作品と並び、ダッチ・デス・メタルの完成度の高さと激烈さを世界中のデスメタラーに強烈に印象付けました。しかしまだ楽曲はスラッシュの疾走感やリフワークの名残も強く、乱暴に言ってしまえばPOSSESSEDが欧州に渡ってしまったようなかっこよさです。デスラッシャーも必須の初期デス・メタル・ウルトラ・マスターピース!!



pestilence-testimony.jpg



・PESTILENCE - Testimony Of The Ancients 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

こちらは1991年発表3rdアルバムです。過去にMetal MindなどからCDが再発されていましたが、今回は1992年のライブ2本を収めた16曲入りのボーナスCD付きで、スリップケースに収まった、これまでで一番デラックスなバージョンとなっています。ちょっとオーダーするタイミングを逃してしまったら、アナログ盤は早々に初回プレス終了したそうですので、第2期PESTILENCEの最高傑作と評される本作の人気の高さがうかがえます。


CD 1 :
Tracks 1-10 : Testimony Of The Ancients ALBUM (1991年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live at Dynamo Open Air (1992年)
Tracks 10-16 : Live at Nighttown Rotterdam (1992年)


2ndアルバムまではスラッシュのブルタリティーを増幅させたようなスタイルで、テクニカル・リフと重厚なサウンドのマッチングが破壊的でしたが、前作2nd発表後にベース&Vo.のMartin van Drunen氏が脱退し、本作からはギタリストのPatrick Mameli氏がVo.も兼任して、ベースをATHEISTのTony Choy氏が担当しています。この人事異動がサウンドの進化も物語っていて、キーボードによるスペーシーなムードのパートや、Tony Choy氏のジャジーなフレーズなども聴かせたりと、PESTILENCEが元々備えていたテクニカルな志向をよりアピールした作風となっています。しかし、のっけからまるでPOSSESSED (Beyond The Gates期)のようなリフでスタートしているように、テクニカルなスラッシュの要素も健在で、目まぐるしさは加速しながらも、アグレッシブな疾走感は失われていません。メロディックなギターソロも最高です。ATHEIST, CYNIC, DEATHのHumanアルバム以降のファンは必聴の名作。ライブ音源がまたカッコいい!!



pestilence-sphres-lp.jpg



・PESTILENCE - Sphres LP 税込2,808円 / 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)(Hammerheart)

こちらは1993年発表4thアルバムです。昔ならば当店はPESTILENCEは3rdアルバムまでで留めていたでしょうが、才能あふれる現行のアンダーグラウンド・デス・メタル・バンドや、Dark Symphonies / Vic / Xtreem Musicなどから再発されるカルト・ストレンジなデス・メタル・クラシックなど聴いてると本当に面白いので、PESTILENCEはやはりここまでいってみようと思います。LPは重量盤で、このアルバムにはポスターが付いてます。

前作3rdアルバムまでの土台だったテクニカル・スラッシュ・デス・メタルが、この作品ではほぼ姿を消し、ムーディーなジャズ基盤のプログレッシブ・デス・メタルへと完全に移行しています。Nothing Face期VOIVODや日本のDOOMのような屈折フレーズもパーツとして土台を構成して、アヴァンギャルド感は最高潮に達しながら、CYNICスタイルのジャズ/フュージョン・デス・メタルを極めています。ただ、CYNICよりもやはりヘヴィメタル/スラッシュの血が濃いところが、リフのかっこよさなどに表れています。フランスSUPURATIONなどのファンにも絶対オススメので、アヴァンギャルド・フュージョン・デス・メタル傑作death!!



nominon-recremation.jpg



・NOMINON - Recremation CD 税込1,728円 (Konqueror)

1993年結成のスウェディッシュ・ベテラン・デス・メタル NOMINONの2005年発表2ndアルバムCDです。1999年1stアルバム Diabolical Bloodshedと2010年4thアルバム Monumentombのアナログ盤がBlood Harvestからのリリースで当店にも入荷していたバンドですが、海外での人気の高さに比べて日本での知名度は相当低く、しかしその1stと4thのアナログ盤が入荷した際は購入された方々からは好評でしたので、評価の高い2ndと3rdのCDも入荷させてみました。

「スウェディッシュ・デス・メタルで最もヘヴィなバンド」という評判もダテではない、黒く重い感触が強烈ですが、INCANTATIONやAUTOPSYなどとはまるで違う印象で、起伏もある展開を猛烈に突き進んでいく、邪悪性とガムシャラ感が一体となったようなゴリゴリな曲調は、AT THE GATESやGROTESQUEなどにも通じる冷たさを帯びたリフ&フレーズも絡めています。この作品は同年代スウェディッシュ・バンドで例えたらKAAMOSやDEFLESHEDなどに通じるところがあると思うけど、北欧エピックなキャッチーは皆無なので、KAAMOSの最終作を出していたNuclear Winter / Martyrdoom prod.リリースの黒く重い感触のデス・メタル好きにもオススメ。いやはや、それにしてもこの鈍くて鋭く、黒くて冷たいゴリゴリ・アグレッシブなデスラッシング・サウンドは、体調万全じゃないとボッコボコに打ちのめされる強力さです。凄い!!



nominon-terra.jpg



・NOMINON - Terra Necrosis DIGIPACK CD 税込1,728円 (Konqueror)

こちらは2007年発表3rdアルバムCDです。永い歴史故にメンバー遍歴も複雑なバンドで、これまでに多くの伝説的なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドのミュージシャン達が参加してきましたが、中心メンバーはギタリストのJuha Sulasalmi氏。2015年から活動停止期間に入ってて、その頃はNIGHTMARE CITYのベーシストがVo.を担当していたようです。

前作2ndアルバムの黒くジャキジャキなギターとロウなドラミングのバランスよりも、スウェディッシュ・デス・メタルらしいファットなサウンドになっていて、DISMEMBERとAT THE GATESとMARDUKのミックスのようなゴリゴリ・ブルータル且つソリッド&コールドなスカンジナビアン・デス・メタル・アルバムです。若干遠慮したバランスになってますが、ドラミングはやっぱり強烈。北欧の冷たさと暴力的なパワーを同時に求めてる人は絶対必聴のカルト・バンドdeath!!


Japanese Black Metal!!






・SKOGENHAMMER - S/T LP 税込2,160円

再入荷!

仙台で活動するスウェーデン人+アメリカ人+日本人によるブラック・メタル・バンドの1stアルバムが、バンド自身による自主制作でリリース。地元仙台のエクストリーム・メタル/ハードコア・シーンでは既に良く知られたバンドでしたが、このリリースを機に全国区で知名度を上げ、多くのブラック・メタル・ミュージシャン達からも絶賛されたクォリティーの高い1stアルバムです!!

ツイン・ギターの5人編成で、ギター2人がスウェーデン人、ベースがアメリカ人です。やはり本場との混血となるとこうまで違うものか?と不思議になるくらい、メロディックなフレーズや曲の完成度が完璧で、しかもドラムとVo.の日本人パートが弦楽隊に追随してるようなアンバランスさなど全くなく、パワフルでアグレッシブながらも非常に堅実なドラミングも素晴らしく、野獣デス・メタリック・クラスティーなVo.も見事に張り合っています。ソリッドなデスラッシュ・リフやメタル・クラスティーなダイナミズムも程よくミックスしています。このサウンドとクォリティーならば日本でのプロモーションを考えた場合CDで出した方が絶対に良いはずなんですが、いきなりLPで出すところが日本人的じゃないですし、またハードコア・シーンにも居るバンドらしい感覚です。NECROPHOBIC, DISSECTION, IMMORTALなどの北欧メロディック・ブラック・デス・メタル・ファンにぜひとも聴いていただきたい、仙台アンダーグラウンド・エクストリーム・シーンから生まれた混血の異端フリージング・クラスト・デス・ブラック!!







・GALGA FALMUL - 1st demo CDR 税込500円

CRUCEMメンバーらによって結成された東京のブラック・メタル・バンドの2曲入り1stデモCDR。一発録りでロウ・ノイジーなサウンドながら、ハードコア色もあったCRUCEMよりもメランコリックで凶暴な北欧型のブラック・メタルとなっています。ジャパニーズ・ブラック・メタル好きは要チェック!!

MASTERPEACE - Want To Live, Want To Do It. CD & TAPE




・MASTERPEACE - Want To Live, Want To Do It. CD 税込1,080円 / TAPE 税込1,080円 (Egypt)

細かなジャンルに囚われずに、自由なスタイルで熱いハードコアをブチかましてますバンドとして、ミュージシャンの間でも人気の高い大阪ハードコア・パンク MASTERPEACEの4曲入り新作CDEP!!カセット・バージョンは200本ほどの限定生産です!!

今回ものっけから痛快ポジティブなノリのパンク・ナンバーでリスナーを惹きつけますが、その後は怒濤のレイジング・ハードコア・パンク・ナンバーで暴走。USHC土台のキャッチーさに、まっすぐな意思表示の日本語詩を乗せて、とても大阪パンクらしい魅力を感じさせるエモーショナルなハードコア作品です!!

Mad Punx & English Metal!!




・SKEPTIX - Singles and Demo LP 税込2,484円 (Puke N Vomit)

後にDISCAHRGEのGrave New Worldアルバムでギターを担当したFishが在籍していたUKHCパンク・バンドのシングル&デモ・コンピレーション・アルバムが、USのPuke N VomitからLPバージョンがリリース。当時THE INSANE & SKEPTIXとの全3バンドで企画されて結局はキャンセルとなったツアー・ポスターのレプリカと、UPROAR, EXTERNAL MENACEと共演した際のフライヤー・コピーがインサートとして付属しています。ドタバタした疾走感、荒々しい演奏、そしてキャッチーな楽曲という、UKHCパンクの魅力を凝縮したようなサウンドで、UK82 / ロウ・パンク・ファンの中でもマニアックな人気を誇るバンドです!!


A1. Routine Machine
A2. Curfew
A3. Scarred For Life
A4. Peace Force
A5. Born To Lose
A6. Another Day
A7. Return To Hell
A8. War Drum
A9. Vendetta
B1. Violent Streets
B2. Got No Choice
B3. Fear (Demo)
B4. Legion Of The Damned (Demo)
B5. Images (Demo)
B6. Heroes And Villians (Demo)
B7. Reunion (Demo)
B8. Don't Listen To Them (Demo)
B9. Modern Society (Demo)







・SACRILEGE (UK) - Within The Prophecy LP 税込 2,916円 / CD 税込2,160円 (Hammerheart)

ハードコア・パンク史に残る歴史的最重要名盤 Another Religion Another War 12"を1984年に発表した直後にVARUKERSを脱退したギターのDamian Thompsonとドラマー Andy Bakerらにより同年に結成され、1985年発表1st MLP "Behind The Realms of Madness"がUKメタルコア・スラッシュの代傑作としてメタル・クラスティーズやフィメール・ハードコア・ファンをも巻き込み長らく愛され続けるブリティッシュ・クロスオーバー・クラスト・メタル代表格 SACRILEGEの、Under One Flag / Metal Blade移籍後の作品が、オランダHammerheartからオフィシャル再発!!オリジナル・リリース以来初めてのオフィシャル再発となる本作LPは割とオリジナルを忠実に再現してますが、ニュー・リマスターの重量盤LPで、これはオリジナル盤を持っててもファンならば手にした瞬間にグッとくるのではないでしょうか。CDはトリプル・フォールド・デジパックで、当時の演奏写真が見開き内側に掲載されて、なかなかカッコいい仕上がりです。更にCDはボーナストラックとして、初期スラッシュ・メタルの代表的コンピレーション・シリーズ・アルバム Speed Kills IIIに提供した曲と、1986年デモ4曲を追加した、全12曲入り!!

ONSLAUGHTと並び、80's UKHCシーンから生まれて本格的にメタル・シーンに活躍の場を移したバンドの代表的存在だけど、このSACRILEGEはとにかくパンク方面で常に人気で高く、この1stアルバムも「メタルにセルアウトした」なんてバッシングはほとんど聞きません。SLAYERの影響をMETALLICAの曲構成とドラマ性で表現したメタルコア・スラッシュ、なんて言うと安っぽく安易に聞こえてしまいますが、ONSLAUGHTがSLAYERテイストを排除して、ANTHRAX的なノリのよいスラッシュ+Steve Grimmettという実力派ヘヴィメタル・シンガーを迎えてパンク色を払拭し成功したのに対して、SACRILEGEはクラスト・テイストの強かった初期から起承転結の展開を積極的に取り入れ、クロスオーバー・スラッシュとしてのアグレッションを失わずに、尚且つ本作でそのアレンジ力がよりドラマチック&ヘヴィに開花しています。重厚なたそがれを帯びたブリブリと刻むSLAYERリフによるスロウ~ミドル・テンポのパートは、恐らくThe IVth Crusade以降のBOLT THROWERもかなりヒントをいただいたであろう共通点が探れます。1st MLP "Behind The Realms of Madness"がメタルコア・クロスオーバー・スラッシュの大傑作ならば、本作は大英帝国産鋼鉄の伝統と叙情に、ハードコア上がりスラッシュのアグレッションが融合したような名作です。







・SACRILEGE (UK) - Turn Back Trilobite DIGIPACK CD 税込2,160円 (Hammerheart)

こちらは解散前の第一期SACRILEGEのラスト・アルバムとなったこの1989年発表2ndアルバム。デモとライブをボーナス収録した全10曲入りトリプル・フォールド・デジパックCDで、オリジナル・リリース以来これまで1度も再発されていなかった、SACRILEGE信者待望のリイシューです!!こちらもアナログ盤は追って再発予定です。


1. Father Time
2. Silent Dark
3. Soul Search
4. Awaken (Suryanamaskar)
5. Key to Nirvana
6. Into the Sea of Tranquility (Parts I, II, III)
7. Equinox
8. Key to Sanity (Demo)
9. Awaken (Suryanamaskar) (Live)
10. Father Time (Live)


本作でサウンド・スタイルは一気に深化を深めたけど、ファンの間では近年再評価され始めているようです。当時UKのハードコア・パンク界隈ではUSシカゴのドゥーム・メタル・レジェンド TROUBLEがとても人気が高かったそうで、CATHEDRALのLee Dorrian氏を筆頭にメタルパンク・ミュージシャン達がこぞってTROUBLEに夢中になってたと聞いたことがありますが、SACRILEGEもこのアルバムでTROUBLEからの影響を大胆に導入しています。前作でも良いフックとなっていたエピックなギター・メロディーとトラディショナル・メタル・ドゥーミーなパートの絡みはTROUBLEからのインスパイアを感じさせて、そこに彼らの基礎となっていたMETALLICA風のスラッシュ・パートやキメなども組み込んでいますが、こうして改めて聴いてみると、重厚エモーショナルなストーナー・テイストはTROUBLE影響下90年代ドゥーム・メタルの先駆けのような感じもあるけど、そのTROUBLEテイストもやはりMETALLICAというフィルターを通したような感覚があるところが聴きどころかと思います。あと、今聴くとTam氏のVo.はちょっとCAUCHEMARのAnnick氏も思わせるところがって、昨今のウィッチング・ドゥーム・メタル・ファンにも1度トライしてもらいたいです。
01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR