RECORD BOY

Satan's Riders of Doom!!



・SATAN'S SATYRS - Black Souls 7" YELLOW VINYL 税込1,404円 (Bad Omen)



先に到着したUS盤も大反響のSATAN'S SATYRS新作が、UK盤も各種到着!!SSについては当店に問合せが本当に多くて、新作をリリースすると公式には発表になった時から、「またBOYのジャパニーズ・エディションはあるのか?」などと、気の早い海外のマニアから少なからずメールをいただいてました。今回はBOYエディションはございません。el zine #14に掲載のElectric Assault Recordsオーナー Henry氏の意見にBOYも完全に同意してまして、Bad Omen Recordsと契約して、このバンドはもっと多くのメタル&パンク・ファンにアピールする存在へと大きくなっているのは明らかですので、今後より日の当たる場所での活動が望ましいでしょう。



この2曲入り7"は、2ndアルバム Die Screamingの先行で発売されたシングルで、A面にアルバムからのカット Black Soulsを、B面にアルバム未収録曲ナンバーを収録しています。しかもこれが小憎らしいリリースでして、USがTrash King prod.から、そしてヨーロッパはUKの注目新興レーベル Bad Omen Recordsからリリースされていますが、アルバム未収録サイドのB面曲がUS盤とUK盤と別内容になっています。US盤のオレンジとは違う、イエロー・ビニールで入荷しました!!









・SATAN'S SATYRS - Die Screaming LP RED VINYL (Bad Omen Records) 税込2,916円 / SLIPCASE CD 税込2,376円 (Bad Omen)



イギリスBad Omen Records盤のDie Screaming LPもレッド・ビニールで入荷しました!!このUK盤は、レギュラー・ブラック・ビニールの他に、ホワイト・ビニールとレッド・ビニールが存在しまして、白盤はltd.80枚というマイクロ・プレスでしたので、予約オーダー受付開始直後に完売。これは買えなかった日本のファンの方も多いと思います。こちらは重量盤になっています。イギリスの大手流通品は値段が本当に厳しくて、本当は3,000円切ってはとても販売できませんが、今回はアメリカTrash King prod.盤と合わせた値段で統一しましたので、まだSSコレクションに喰らいついてる方は、ぜひこの機会に入手してください。US盤を既にお買い上げの方で、UK盤も入荷を待ってた当店お客様はやはり少なからずいらっしゃいましたが、コレクタブルなリリースが憎いほど上手いバンドなので、今回も手の届く限りはがんばりましょう!!CDはUS盤よりちょっとお値段高いけど、スリップ・ケース付きです!



USヴァージニア出身のSATAN'S SATYRSは、2010年に発表した1stデモが話題となって当店にも入荷。続く1st EP "Lucifer Lives!"は、以前からBOYでもやりとりしていた現代フィンランド最凶悪スロウest・ドゥーム・デス・メタル SWALLOWEDメンバーのレーベル Emptiness prod.からリリースされるとあって、張り切って入荷させたところ、これが全SS作品の中でもダントツに極悪なVENOMっぷりで、いまだに最高傑作の呼び声多い大ヒット作となりました。ニュージーランドのレーベルからリリースした限定ライブ・アルバムも、カセット・バージョンでなんとか入荷させることができて、この頃から既にアンダーグラウンドでは動向から目が離せない存在となり、その後は1stアルバム "Wild Beyond Belief!"で全世界にSS旋風を巻き起こしたわけです。この2ndアルバムは、Wild Beyond Belief!アルバムでまだ残していたVENOM要素はほぼ排除しています。BOYのお客さんであれば、その兆候は充分感じ取れていたと思いますので、さほど驚かない人の方が多いと思いますが、それでも実際にアドバンスを聴かせてもらった時にちょっとビックリしたのは、あの最凶VENOMousスピードR&Rナンバー Lucifer Lives!の再録バージョンで、これが実にアダルトなたそがれ哀愁ハードロック・ナンバーに変貌しています。このリメイクに表れている通り、もともとSSが備えていたBLACK SABBATHやELECTRIC WIZARDのドゥーム・メタル土台の哀愁ハードロッキン・ドゥーム・パンクへと、完全な転身がこの作品で成功しています。







・the OATH - S/T LP 税込3,456円 / SLIPCASE CD 税込2,376円 (Rise Above)



SONIC RITUALの美人ギタリスト Linneaさんと、スウェーデンやドイツのデス/ブラックメタル系バンドにも多く参加してきたJohannaさんという女性Vo.を中心に結成されたへヴィメタル・バンド THE OATHが、Rise Aboveと契約して発表した1stアルバムです。発売前から各国のメタル専門誌でも取り上げられていて、デビュー7"の時もそうでしたが、リリース早々大反響のようです。UK盤は値段が高くて本当に苦労するけど、ゲートフォルド・ジャケはまるで2枚組LPのような重量感で、アナログ・ファンの期待に完璧に応えたような素晴らしい仕上がりに大満足です。今回はltd.400枚ホワイト・ビニールでの入荷です。



オカルティックなムード漂うへヴィメタル・バンドで、華やかスター性とアングラな妖しさが絶妙に同居した雰囲気は、デビューEPの頃から既に完成されている感がありました。しかしこのバンド、前途洋々かと思ったらなんと本作発表後早々に解散しちゃったそうです。ジャケでも表れてる通り、気の強そうな女性2人が一歩も譲らず張り合ってたんでしょうからあまり驚きませんが、彼女達の個性がぶつかりあって生まれたこのサウンドは、EPで気に入ってた方も未聴の方もやはり必聴に値すると思います。el zine #14掲載のElectric Assault Recordsオーナー氏のインタビューで、「Linneaは、THE OATHはMERCYFUL FATEとSCORPIONSをミックスしたような感じだと言ってたけど、いくらなんでもそれは良く言い過ぎだろ、と思ったが、でもサウンドは本当に素晴らしかった」という発言を思い出させる内容で、2曲入りのEPでは感じられなかったMERCYFUL FATEの影響が、1曲目からいきなり感じられます。しかし、やはりなんと言っても素晴らしいのはJohannaさんの妖しく哀しすぎるヴォーカルで、これぞまさしくウィッチング・メタルと言ったオカルティックな妖艶さが全開です。別に女が歌わなくても、むしろ男がVo.の方がカッコいいだろ?と思わせる女性Vo.バンドはメタルでもパンクでもたくさんいるけど、このTHE OATHの歌は、男Vo.がこのままのメロディーで歌っても全くダメでしょう。Vo.じゃないけどELECTRIC WIZARDのLiz姐さんのような妖しさ、あと全然へヴィメタルじゃないけど、范文雀や梶芽衣子のような70年代昭和の哀愁漂う大人の女性好きにたまらない雰囲気です!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR