RECORD BOY

Scandinavian Metal Jawbreakers!!



・BORN FOR BURNING - S/T 7" 税込1,296円 (Critical Mass Recordings)



BATHORY Hordes最終兵器的な異様な存在感を既に放っている、凶裂なBATHORYウォーシップ・バンドが本場スウェーデンから登場。DISSECTIONに代表される、メロディックなフレーズを凶暴な激烈サウンドに乗せた、90年代スウェーデンのデス・メタルとブラック・メタルの橋渡し的重要バンドの中の一つ、UNANIMATEDのVo.のMicke Jansson氏が始めたバンドの1st EPです。



UNANIMATEDにも在籍したPeter Stjarnvind氏(現BLACK TRIP, ex. MERCILESS, ex. NIFELHEIM, ex. LOUDPIPES, etc)らとMicke Jansson氏がやってたDAMNATIONも、もともとはBATHORYトリビュート・バンドだったらしいですが、このBORN FOR BURNINGはカバー・バンドではなく、BATHORYウォーシップなクローン・スタイルです。で、これがBATHORYを間近で実体験したであろうミュージシャンによるバンドというのが非常に説得力のある、生半可じゃない完全崇拝型で、チョット凄いです。2ndアルバム The Return...収録の曲名をバンド名にしている通り、2ndアルバムのあの殺伐とした原始的ロウなサウンドを表現しきっています。BATHORYの2ndアルバムのミニマルさは、VONの方法論の先駆けとも捉えることができるので、トータルBATHORYウォーシップではありますが、VONのファンにもぜひ聴いてもらいたいです。個人的にはBATHORYは2ndが一番好きなだけど、このBFBはあまりにもロウなので(録音が超ノイジーとか、そういう次元ではありません)、サンプル聴かせてもらった時は、「正直これは厳しいんじゃないか?」と弱気になりましたが、実際に針を落として考えが完全に変わりました。やっぱり最凶ですのでオススメさせてください。これぞ本場スウェーデン、しかも器用な新世代スウェディッシュ・ヤング・ミュージシャンには絶対できない、究極のBATHORY崇拝ブラック・メタルでしょう!!!666!!!







・NECROCURSE - Hard Death 10" 税込2,376円 (Aftermath Music)



世界中のダイハード・バンガーズのカリスマ兄貴的存在で、日本の真性鋼鉄信者とも交流の深いスウェディッシュ・ブラック・メタル・カルト NIFELHEIMのVo.であるHellbutcher氏が、RUNEMAGICKメンバーなどの旧友らとスタートさせたベテラン結集オールドスクール・スウェディッシュ・デスメタル・バンド NECROCURSEの2014年新作EPです。2曲入りで10"というフォーマットはセールス的にはリスキーだろうけど、Shape of Deathノコギリ型変形CDのリリースを考えてもわかるように、コレクター心を煽ると言うよりも、恐らく本人達自身が楽しんでリリースしてるように感じられるフォーマットには、やはり毎度そそられてしまいます。ゲートフォルド・スリーブで限定250枚プレスですので、ファンはお買い逃しなく。



1st EPではENTOMBEDやDISMEMBERなどのジャリジャリでゴリゴリな重厚疾走オールドスクール・デスメタル全開で、あのHellbutcher氏があそこまでスウェディッシュ・デスメタルの王道スタイルのバンドをやったのには、かなり驚かされました。しかし2nd EPからサタニック・テイストを強めてきて、NIFELHEIMファンをも唸らせるイーヴィル・デスメタルへと深化。この10"EPは、前作1stアルバムでかなり強めてきたNIFELHEIMテイストをさらに増幅させたような作風になっていて、乱暴に言ってしまえば、ENTOMBEDやDISMEMBERタイプの大味且つ王道のピュア・スウェディッシュ・デス・メタル・サウンドを期待する人は、そろそろNECROCURSEからは離れても大丈夫かと思います。しかし!!Regain Recordsに首を切られ、Tyrant & Hellbutcherツインズ+サポート・メンバーという形態として活動を続ける、ここ数年は鳴かず飛ばずな状況で踏ん張り時のNIFELHEIMに愛着を持つダイハード・メタル・ヘッズにとっては、より一層魅力を増したキャラクターと音楽性で、スラッシュやスピード・メタル的な刻みリフと、全然キャッチーじゃない不穏音階は、NIFELHEIMはもちろん、MORDANTやSATAN'S WRATHなどと同じ志向へと照準が定まってきているような気がします。初期作以上にオススメしたい!!そう思わせる作品です。







・NECROCURSE - Hard Death WOVEN PATCH 税込756円 (Witchhammer prod.)



Witchhammer prod.製の新作10"ジャケ・デザイン・オフィシャル・パッチも入荷!







・IN SOLITUDE - Serpents Are Rising 7" 税込1,080円 (Svart)



INVIDIOUSメンバーなど、スウェーデン UppsalaのMetal of Death周辺エクストリーム・メタル・ヘッズや、SONIC RITUALギターのHenrik氏も在籍するスウェディッシュ・へヴィメタル・バンドの2014年最新EPですが、2011年発表2ndアルバム The World. The Flesh. The DevilからのカットをA面に、そしてB面にはSAMHAINのカバーを収録した2曲入り限定500枚シングルです。



MERCYFUL FATEウォーシップなスタイルで登場して、1stアルバムがアンダーグラウンド・シーンで高く評価され、2ndアルバムからMetal Bladeに移籍。大手の流通に乗っちゃうとウチみたいな小さい店はなかなか入荷が難しいので、一応2ndアルバムも入れましたがサラッと売り切って終了してました。でも改めてちゃんと聴きますと、メジャーに展開した若手スウェディッシュ・メタルの中では、このバンドが一番音楽的にも成功してるのではないでしょうか。ファルセットのない中低音中心のKing Diamondのようなスタイルから、より黒く妖しく切ない旋律を強調して歌い上げるスタイルへと成長したVo.が完璧に素晴らしいです。と言っても、ホントはSAMHAINのカバーが聴きたくて入荷させたわけなんですが、やっぱりちょっとDanzigっぽくなってるけど、Vo.が上手いのでカッコいいです。Mother of Mercyをヘンなアレンジなどせずにやってて、イヤミなくカッコいいです。







・BURNING SAVIOURS - Boken om forbannelsen CD 税込1,944円 (I Hate)



スウェディッシュ・ストーナー・メタル・バンドの、2011年~2013年にNight Tripper Recordsからリリースされた4種の7"シングルを1枚にまとめたCDが、I Hate Recordsからリリース。このバンドは当店初入荷ですが、スウェディッシュ・ドゥーム・メタルについて調べてるとちょくちょく耳にするバンドで、北欧ドゥーム・メタル・シーンでは中堅的存在だと思います。





Forbannelsen 7" (2011年)

The Offering : Forbannelsen Part II (2012年)

The Nightmare : Forbannelsen Part III (2012年)

Hon dansade med doden : Forbannelsen Part IV (2013年)





スウェディッシュ・ドゥーム・バンドらしい泥臭ささのドゥーム・ハードロックは、SPIRITUAL BEGGARSやMUSHROOM RIVER BANDなどの系列にあるブルージー・ストーナーだと思いますが、BLACK SABBATHルーツのタイプより、High Rollerあたりからリリースされそうなヴィンテージ・ストーナーR&Rに近い気がしますので、I Hate Recordsのイブシ銀なエピック・ドゥーム好き以外のヤングにもぜひチャレンジしてもらいたいです。疾走感はないけどパンクっぽいルックスと、熱唱系のVo.のせいか、BIBLE OF THE DEVILなんかにも通じるところも感じますし、あと、Night Tiripperから作品出してたel CFAMINOにもそっくりなところがあります。







・SERPENT WARNING - S/T CD 税込1,944円 (I Hate)



2012年にデモCDRを1枚発表しているフィンランド出身ドゥーム・メタルの1stアルバムです。スウェディッシュ・デスラッシュ・メタル TERRORAMAを率いるPeter氏が運営するI Hate Recordsからのリリース、と言えばドゥーム・メタル・マニアの方なら察していただける通りの、これまたまぁーー地味な本格派ドゥーム・メタルでして、TERRORAMAの残忍なスラッシュ・メタルとI Hate Recordsのカラーとのギャップが実によく表れている作品です。スラッシュ系のリリースもあるけど、もはやI Hate Recordsは、90年代で考えるとHellhound, もうちょっと最近の2000年代以降だとPsycheDOOMelicに匹敵する、真性ドゥーマーのためのメタル・レーベルと考えるべきでしょう。



母国フィンランドを代表するエピック・ドゥーム・メタル REVEREND BIZARREの影響がやはり随所に感じられるサウンドですが、それこそ90年代のHellhound作品でも聴いてるかのように錯覚させる感触が素晴らしく、鈍い重量感と隙間が見事に同居したタッチが絶品です。レーベルがSAINT VITUSとCELTIC FROSTの名を挙げて解説しているのは、この極上の鈍感(鈍器のような感触)リフを指してるのかと思います。この作品発表後にVo.が女性にチェンジしたそうですが、ウィッチングなドゥーム・メタル・トレンドに飲み込まれてほしくない渋いドゥーム・メタルです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR