RECORD BOY

Epicus Doomicus Metallicus!!



*本日水曜日は定休日ですので、受注メール対応は明日木曜日以降になります。







・SACRILEGE (Italy) - Demon Woman LP ¥2400 (Jolly Rojer)



80年代イタリアにも居たSACRILEGE!!!もう、それだけで持ってたくなるレコードですが、これが内容も実にイタリアンらしいカルト・ムード全開で、素晴らしいオブスキュア・メタルの再発盤です。女性キーボード奏者を含む5人編成のオカルト・ドゥーム・メタル・バンドで、ドラムとギターはBLACK HOLEのメンバーだった人です。BLACK HOLEが活動を停止してた、86年~87年の1年間程度しか活動しなかったようで、残した音源は87年のデモ1本のみ。今回その音源が限定500枚ナンバリング入りのアナログ盤で初リイシューされました。カラー写真も軽鎖のインナースリーブの他に、バイオグラフィー・シートと、写真も多く掲載した歌詞ブックレット付きです。



サウンドはPAUL CHAINの影響を強く感じさせるオカルト・ドゥーム・メタルで、ヨレヨレなギター・プレイまでPaul Chainを崇拝してるかのようです。ヴィンテージな哀愁はあまり出さずに、BLACK SABBATHの方法論で一番盗みやすい部分のみを抽出してるようなプリミティブさが素晴らしく、オカルト/ドゥーム・メタル・ファン以外のカルト・メタル・マニアも絶対必聴ですし、バンド名にこじつけてパンク・ファン向けにムチャクチャ言いますと、演奏力と表現力と退廃ダークネスが奇跡的なバランスを生み出していた初期AMEBIXもなぜか思い出しました。音楽が素晴らしいへヴィメタルも大好きだけど、音楽はどうしようもないけどカッコいいへヴィメタルも大好きだ!!もっと入れればよかった・・・。







SABOTAGEと並ぶイタリアン正統派メタルの重鎮バンド STRANA OFFICINAの初期名作各種が待望の再発。94年にバンドの自主リリースでコレクションCDがリリースされて以来、長らく入手不可能だったので、80'sメタル・マニアとっては待ち焦がれた再発盤です。単独でのCD化は今回が初で、いずれもボーナスを加えてリマスタリングもされています。



DEATH SS, PAUL CHAIN関連の再発ラッシュで改めてジックリいろいろ聴いてみて、今頃になってようやくイタリアン・メタルの魅力と面白さが理解できそうに感じてきたのと、先日入荷して大好評だったRUN AFTER TOやDARK QUARETRRERなどの、地中海のイメージからは想像しがたい南欧鋼鉄の号泣シケシケ叙情にも完全に虜になってしまいましたので、このSTRANA OFFICINAの再発盤も到着を楽しみにしていました。よくSABOTAGEと並べて語られてきたようですが、長らく入手困難な状態だったせいか、SABOTAGEほど日本では知名度はなく、真性鋼鉄信者のみに熱狂的に支持される存在みたいです。そしてこのたび初めて聴きましたが、これが予想してた通りのサウンドで素晴らしい・・・。号泣ガッツポーズです。







・STRANA OFFICINA - S/T CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはMinotauro Recordsから84年に発表した1st MLPに、82年デモ / 85年セッション / 83年ライブを追加収録した8曲入りCDです。やはり音楽性も初期のSABOTAGEとの共通項は多く、ブリティッシュ・へヴィメタル・スタイルの鋼鉄ハード・ドライビングな楽曲と、南欧エピック・メタル特有の、あのぼやけた感触による必殺級の哀愁が見事に溶け込んでいます。当店入荷の作品で言えば、DARK QUARTERRERや、NWOBHMのRITUALみたいなシケっぷりが好きな方はぜひ聴いていただきたい、イタリアン・メタル最重要バンドの1つです!!







・STRANA OFFICINA - Ritual CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらは87年に発表した2nd MLPに、85年/88年ライブを追加収録した8曲入りCDです。いきなり号泣のスロウ・ナンバーでスタートするこの作品は、タイトルのせいもあって、Shadow Kingdomが再発していたNWOBHMのRITUALもちょっと思い出させる叙情が炸裂しています。2曲目はこのバンドのもう一つの特徴であるJUDAS PRIESTタイプのスピード・メタル・ナンバーでヘッド・バンギング必至。そしてまたその後は80年代鋼鉄の切なすぎる宿命とも言えるハードポップ・メタル路線のナンバーで号泣させ、ラストはまたしてもJUDAS PRIEST影響下スピード・メタルがさらに加速して、まるでViolence & ForceまんまなEXCITERのようなパワー・スピード・メタルで、とにかくもー、最後まで全部カッコいい!!ちょっと鼻にかかったVo.は、デイブ・メニケッティとかジョー・リン・ターナーのような哀愁ソウルフル・スタイルで、これも完全にドツボです。全員革ジャンの黒いファッション、マリオひげ、極上のクサレ・ジャケなど、80年代クサレ・メタルの神髄を叩きつける名作です。







・STRANA OFFICINA - Rock & Roll Prisoners CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはBULLDOZERやDEATH SSなどのリリースでも知られる名門 Metal Masterから89年に発表した1stフルアルバムに88年ライブを追加収録した10曲入りCDです。楽曲も音質も欧米の一線級へヴィメタルに引けを取らないレベルにまで達していて、デイブ・メニケッティ風の哀愁ソウルフル・スタイルなVo.は、楽曲によってはちょっとカル・スワン的でもある絶品ウェットな歌声で泣かせてくれます。過去作品でも素晴らしいプレイを聴かせていたギター・ソロも熱いです。全体的にキーボードの比率が増した叙情ハードロッキン・へヴィメタルな印象も強まってますが、タイトル曲はまるでシェンカー時代のUFOのようなブルーズ・ナンバーだし、スピード・メタル・ナンバーは3曲目のみになるのですが、これが天を仰いで涙目ガッツポーズ必至の疾走チューンで、叙情性、楽曲の完成度、そしてVo.のソウルフルな哀愁など、全てにおいて初期から貫いてきた STRANA OFFICINA流へヴィメタルの完成型と言って過言ではない名作だと思います。素晴らしい!!







・STRANA OFFICINA - Rare & Unreleased CD ¥1900 (Jolly Rojer)



こちらはタイトル通りのレア未発表音源集です。





1. Vai Vai (Demo 1979)

2. Non C'e Piu' Mondo (Demo 1979)

3. Amore E Fuoco (Demo 1979)

4. Viaggio in Inghilterra (Demo 1979)

5. Officina (Demo 1979)

6. Profumo di Puttana (Demo 1979)

7. Non Sei Normale (Demo 1979)

8. Difendi la Fede (1985)

9. Guerra Triste (1981)

10. Sole Mare Cuore (1989)





このCDは、今回一緒に再発された極上シケシケ哀愁鋼鉄クラシック3作品以前の、79年音源が大半を占めていますが、これがまた予想外のド渋さで、完全にイタリア語Vo.のNWOBHM状態です!!後のソウルフルな叙情スタイルと言うよりも、ブリティッシュ・ロック・ルーツを強烈に打ち出したキャッチーなハード・ドライビングR&Rなので、URCHINに代表されるNWOBHMとパンク・ロックのクロスオーバーR&Rバンドが好きな方は必聴級のキラー音源です。パンク・ロック・ファン向けの例えで恐縮ですが、COCK SPARRER並みの曲の良さに仰天します。81年 / 85年 / 89年音源は後に他作品で再録音されて披露される名曲のオリジナル・バージョンで、あのEXCITERみたいな曲のイタリア語バージョンも最高です。







・DARK QUARTERER - The Etruscan Prophecy CD ¥1800 (My Graveyard prod.)



エピック・メタル・マニアに熱狂的に支持されているというイタリアのへヴィメタル・バンドの、88年発表2ndアルバムに2009年ライブ1曲と85年のライブ映像もボーナス収録した、2009年版再発CDです。



Shadow Kingdomから再発された1st CDで初めてこのバンドを聴いた時と同じ衝撃を、この2ndアルバムを聴いてまたしても受けてしまいました。素晴らしぎます・・・。良識ある本物の日本のメタルヘッズ全員が敬意をこめて「シケシケ」と表現するであろう、まるで日本人のために演奏してくれてるような、究極のシケシケ鋼鉄がここでも大爆発しまくりです。USや北欧とも明らかに違う、SCORPIONSやシェンカー的な魂を削った叙情にすら共通する、恐るべき地中海エピック・メタルです。PAGAN ALTARの哀愁が、ジプシー・キングスのような情熱と出会ったらこうなるでしょうか?PAGAN ALTARと言えば、このCDを再発しているMy Graveyard Productionが主催するエピック・ドゥーム・メタル・フェスティバル Play It Doomの2014年ヘッドライナーは、PAGAN ALTARにも在籍してたRich Walker氏率いるSOLSTICEと、このDARK QUARTERERでした。とにかく、1st CDでノックアウトされた方はこれも聴かないと嘘つきです。







・REGIME - Demo Anthology CD ¥1400 (StormSpell)



PARADOXの2枚組デモCD(再入荷手配済みですので、ご予約希望の方は「プレ・オーダー」からカートに進んでください)が当店でも大好評だったUSのへヴィメタル・レーベル StormSpell Recordsからリリースされた、テキサス産正統派メタルの91年デモと同年リハーサルを収録した7曲入りCDです。



FATES WARNING, CRIMSON GLORY, HEIR APPARENTあたりを彷彿させる、QUEENSRYCHE影響下のインテリジェントな冷たさが魅力の正統派へヴィメタル・サウンドで、ハイ・トーンVo.も含めて、テキサスらしいカルト・オブスキュア・メタル・バンドです。80年代へヴィメタルの鉄則とも言える、1曲目でいきなり持てる力を100%注ぎ込んだような、全開すぎる出だしに聴く側ものっけからテンションが上がります。超絶メロディックなギター・ソロは美しくもアグレッシブだし、パワー・メタル並みのソリッドなリフ攻撃による硬質さもあるので、CHASTAINなどのファンにも勧めたくなるくらい、この1曲目は素晴らしくカッコいいです。Vo.はGeoff Tateタイプで、この伸びやかなハイ・トーンも完璧ではないでしょうか。エピック且つクールな80年代合衆国産鋼鉄の叙情が好きな方には間違いなくオススメのカルト・オブスキュア・メタル発掘音源です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR