RECORD BOY

Canadian Thrash till Death!!



・STRAPPADO - Fatal Judgment 2CD ¥2400 (Marquee)



これまで乱発されてきたSLAUGHTER関連の各種再発盤とは明らかに趣きの異なるコレクション・アルバムが、Marquee Recordsからリリース。恐らくほとんどのSLAUGHTERファンが後回しにしてきたNot Dead Yetアルバムは、そもそも本来はSLAUGHTERの作品ではなく、ベース&Vo.のTerry Sadler氏脱退を機にギター&Vo.のDave Hewson氏がSTRAPPADO名義で始めたバンドの音源であり、Nuclear Blastが2001年にSLAUGHTER名義でコレクションCDとしてリリースしたのが混乱の原因でした。しかし、ドラマーの故Brian Lourie氏もSTRAPPADOに残留していましたし、やはりSLAUGHTERの改名後のバンドという様相ではありましたから、その後もSLAUGHTER名義の各種コンピレーション・アルバムでSTRAPPADOの音源は使用され、もはや当事者もファンも別にどーでもいい雰囲気になっていましたが、このたび、Marquee RecordsがSTRAPPADO名義の再発盤として初めて、各種音源をコンパイルしたCDを2枚組でリリースしてくれました。





CD1



Fatal Judgment 1992



The World Around US

Fatal Judgment

Precious One

Not Dead Yet

F.O.D.

The Dark

Flake

Nocturnal Hell

Threshold of Pain

The Curse





Live at the Opera House 1991



Death Comes Ripping Through You

Not Dead Yet

Flake

F.O.D.

The Dark

Threshold of Pain

Astral Projector





CD2



Not Dead Yet Demo 1990



Not Dead Yet

Flake

Threshold of Pain

Time Warp

Death Comes Ripping Through You

The Dark

Astral Projector

Telepathic Screams





Paranormal Demo 1988



Astral Projector

Threshold of Pain

Time Warp

Schizo

Galactic Dynamics

Coffin of Ice

Fourth Dimension





Live at Uncle Sams 1992



Flake

The World Around Us

F.O.D.





最初期SLAUGHTERのグダグダ・ノイズ・パンク・ガレージ・スラッシュ時代の音源は、貴重な資料として1度体験だけして、あとはコレクションとして存在すれば、何度も出し直すようなモノでもない音源なので、このSTRAPPADO時代の音源こそ今こそアレコレ妄想しながら改めてじっくりと聴くべき、再考察必要の音源かと思います。今回収録された一番古い音源のParanormalデモは、元々はSLAUGHTERの2ndアルバム用に制作された音源なだけに、ちょっと整合されたSLAUGHTERの1stみたいなデコボコ・ロウ・スラッシュがカッコいいです。SLAUGHTERらしいジギジギ・ノイジーなリフ・ワークも素晴らしい!!当時カセット・アルバムのみでリリースされたNot Dead Yetでは、SLAUGHTERの曲もリメイクしていますが、シカゴのSINDROMEなどを彷彿させるミドル~裏打ち中心のロウ・スラッシュ・メタルと化していて、このParanormalとNot Dead Yetあたりの音源は、80年代のカルト・クサレ・スラッシュ・メタルをこよなく愛するアラフォー・ダイハード・スラッシャーにはぜひとも改めて聴いてほしい音源です。なんで今まで、コレがダメだったんでしょう!!例えば、WHIPLASHは2ndの方が好きだったりする方なら、SLAUGHTERもSTRAPPADO改名直後の方がお好みかと思います。



そしてオドロキなのが、ディスク1に収録の92年発表 Fatal Judgmentで、この頃になると、まるでTESTAMENTな正統派様式美スラッシュ・メタルとして完成されています!!ギター&Vo.のDave Hewson氏は、もっとベイエリア・スタイルのスラッシュ・メタルを当時目指してたということですから、この音源こそがSTRAPPADOの完成型だったのでしょう。メロディックなソロもきまってます。ディスク2の初期音源はクサレ・スラッシュ・マニアに、そしてディスク1の音源は正統派スラッシュ・メタル・ファンにもオススメです!!







・SACRIFICE (Canada) - Forward to Termination 2CD ¥2400 (Marquee)



1stアルバムに続いて、しばらく廃盤状態だった2ndアルバムも、Marquee Records盤再発2枚組CDが待望の再プレス!!ボーナスを多数収録した2枚組で、以前もこんな作りだったか覚えてないけど、表紙部分がフォールドで折りたたまれている、ちょっと変わったブックレット・ジャケも嬉しいです。





Forward to Termination:



1. Forward to Termination 01:02

2. Terror Strikes 03:28

3. Re-Animation 03:49

4. Afterlife 04:14

5. Flames of Armageddon 07:49

6. The Entity 05:44 [view lyrics]

7. Forever Enslaved 03:09

8. Cyanide 03:38

9. Light of the End 04:49

10. Pyrokinesis 02:06



Forward to Termination demo



11. Forward to Termination

12. Pyrokinesis

13. Cyanide

14. Forever Enslaved

15. Afterlife

16. Possession



Live tracks (various '87-'89)



17. The Exorcism

18. In Defiance

19. Afterlife

20. Flames of Armageddon

21. Pyrokinesis



Bonus disc (all live):



Kitchener, Ontario, Canada, July 25, 1986



1. Forward to Termination

2. Sacrifice

3. Homicidal Breath

4. Infernal Visions

5. Decapitation

6. Cyanide

7. Afterlife

8. Possession

9. Pyrokinesis

10. Necronomicon

11. Beyond Death



Rochester, New York, USA, December 11, 1988



12. Pyrokinesis

13. Sacrifice

14. Flames of Armageddon

15. Lost Through Time

16. Storm in the Silence

17. The Entity

18. Re-Animation



Iloiko's, Toronto, Ontario, Canada, January, 29, 1987



19. Terror Strikes

20. Forever Enslaved

21. Re-Animation





RAZORやVOIVODに次いで日本でも当時から人気の高かったカナディアン・スラッシュ・メタルの87年発表2ndアルバムです。極上のSLAYER影響下ダーティー・ロウ・スラッシュ・メタル名作 Torment in Fireでデビューし、この2ndでは凝ったリフ・ワークで突進する激渋なスラッシュ・メタルへと進化。世界中で高い評価を得て、カルト・アンダーグラウンドな存在から、幅広くスラッシャーに支持される存在となりました。整合感の増したヨーロピアン・スタイルのスラッシュ・メタルで、テクニカルなリフを連発する暗めのスラッシュメタル・サウンドはPOSSESSEDなどとも比較され、ダークなスラッシュ・メタル好きは必聴の傑作です!!







・SACRIFICE (Canada) - Soldiers of Misfortune 2CD ¥2400 (Marquee)



91年発表3rdアルバムも、Marquee Records盤再発2枚組CDが待望の再プレス!!ボーナスを多数収録した2枚組で、以前もこんな作りだったか覚えてないけど、表紙部分がフォールドで折りたたまれている、ちょっと変わったブックレット・ジャケも嬉しいです。





Soldiers of Misfortune:



01. As The World Burns

02. Soldiers Of Misfortune

03. In Defiance

04. Existence Within Eternity

05. Pawn Of Prophecy

06. Lost Through Time

07. A Storm In The Silence

08. Truth (After The Rain)



1989 Demo



09. As The World Burns

10. Existence Within Eternity

11. Pawn Of Prophecy

12. Lost Through Time

13. A Storm In The Silence

1992 Outtakes

14. Re-animation



Diamond Club, Toronto, CA (04/26/1989) - PART I



15. The Entity

16. As The World Burns

17. Existence Within Eternity



Bonus disc (all live):



Entex, Mississauga, Ontario, CA (09/12/1990)



01. In Defiance

02. Homicidal Breath

03. Soldiers Of Misfortune

04. As The World Burns

05. Forever Enslaved

06. The Entity

07. Pawn Of Prophecy

08. Flames Of Armageddon

09. Existence Within Eternity

10. Afterlife

11. Lost Through Time

12. Re-Animation

13. Truth

14. Necronomicon



Diamond Club, Toronto, CA (04/26/1989) - PART II



15. Pawn Of Prophecy

16. Lost Through Time

17. A Storm In The Silence

18. Re-Animation





スラッシュ・メタル不遇の時代真っ只中と言える91年に発表したこの3rdは、まさしく隠れた名盤と言える不運の傑作です。1stはSLAYER影響下のダーティー・ロウ・スラッシュ、2ndはテクニカル・リフが飛び出すダークなスラッシュメタル。この流れで90年代に突入すると普通はデス・メタル方向へ行きがちですが、本作でははピュアすぎるほどの純正スラッシュ・メタルをプレイしていました。リフ・ワークや楽曲はA級のセンスで、Vo.はハイトーン・ボイスがアップしてて、ちょっと初期SHELLSHOCKにも共通するカッコよさ!!







・SACRIFICE (Canada) - Apocalypse Inside 2CD w/ SLIPCASE ¥2600 (Marquee)



ここ数年、すっかり流通が悪くなってしまったMarquee Recordsが、またしてもスラッシャーを狂喜させる再発盤をリリースしてきました。ご存じカナディアン・スラッシュ・メタル SACRIFICEが、93年にRAZORの刻み鬼マスター Dave Carlo氏をプロデュースに迎えて製作した4thアルバムです。2010年にイタリアのNight of the Vinyl Deadが(恐らくブートで)初アナログ化して当店にも入荷してましたが、この作品はオリジナル・リリースの93年以降、今まで1度もオフィシャルCD再発されてなく、オリジナル盤CDは人気の高いレア盤と化してます。





CD1



Apocalypse Inside



1 - My Eyes See red

2 - Apocalypse Inside

3 - Flesh

4 - Salvation

5 - Beneath What you See

6 - Incarcerated

7 - Ruins of the Old

8 - the Lost

9 - Freedom Slave



Rehearsal 1990



10 - In Defiance

11 - Existence Within Eternity

12 - Soldiers of Misfortune

13 - The Lost #1

14 - The Lost #2



Live Tampa 1991 Part 1



15 - The Entity

16 - Soldiers of Misfortune

17 - Homicidal Breath



CD2



Live At Bannisters 1991



1 - Lost Through Time

2 - Soldiers of Misfortune

3 - Forever Enslaved

4 - The Entity

5 - Pawn of Prophecy

6 - Homicidal Breath

7 - Flames of Armageddon

8 - As the World Burns

9 - Existence Within Eternity

10 - Re Animation

11 - Necronomicon

12 - Truth



Live Tampa 1991 Part 2



13 - Lost through Time

14 - Turn in your Grave

15 - Re Animation





ボーナスも多数収録した2枚組で、表紙部分がフォールドで折りたたまれている、ちょっと変わったブックレット・ジャケも嬉しいです。そしてスリップケース付き!!ナンバリング部分がブランクになってますが、これまでのMarquee Recordsリリースのパターンからすると、今回もスリップケース付きは初回プレスのみでしょう。



カナディアンSACRIFICEは、初期のSLAYERチルドレン型と、3rd以降の完成されたスラッシュ・メタル・サウンドとで、ファンが二分する傾向もありますが、それ以上に初期から一貫して評価するファンが多いバンドです。このアルバムは前作3rdアルバム Soldiers of Misfortuneの延長線上のスタイルで、90年代前半にここまでピュアなスラッシュ・メタル・サウンドを叩きだしていたということ自体が涙が出そうなくらいカッコいいし、2ndで花開いた天才的リフ・ワークと曲構成、そしてそれを支えるテクニックが完璧の域に達しています。ボーナスで聴けるリハやライブでも、SACRIFICEのその高いミュージシャン・シップが再確認できます。あと、とにかく曲やリフが純粋にカッコいい!!名曲揃いと評価する信者が多いのも十分うなずける、90年代の数少ないピュア・スラッシュ・メタル名盤です!!





* スリップケースにシワや折れがあるものも少しありますので、キレイなモノからお売りしていきます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR