RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!



・SAVAGE AMUSED - Demo LP ¥2200 (Mind Cure)



ちょっと前にピッツバーグHALF LIFEのメンバーがやってたREAL ENEMYのデモLPをリリースしていた、ピッツバーグのMind Cure Recordsからまたも面白いオブスキュア・ハードコア・パンクの85年録音発掘デモ音源が再発!!



メロディックなフレーズを弾きまくるギターがグイグイ引っ張って一直線に疾走するスラッシュ・パンクで、FLAG OF DEMOCRACYやRKLのようなUSHCや、イギリスのCOWBOY KILLERS的なメロディック・スラッシュの先駆けのような感じもあります。後にAGNOSTIC FRONTや、あの伝説のLate 80's NYHCバンド ABSOLUTIONにも参加したメンバーも在籍したそうです。80's US東海岸ハードコア・パンク・ファン必須のグレート・オブスキュア・ハードコア・リイシューです!!







・BREAKDOWN - Runnin Scared LP ¥2400 (540 / Painkiller)



名作NYHCオムニバス The Way It Isにも参加していたNYHCバンドの88年2ndデモが、NYのSACRILEGEも再発してたPainkillerと、FINAL CONFLICTのデモをLP化再発したテキサスの540の共同でLP化再発!!



ビートダウン系のルーツともされるバンドだけど、80's USHCのロウネスと、パンクの粗暴な味わいが充満したNYHCサウンド全開で、このデモは初めて聴きましたが素晴らしくカッコいい!!LIFE'S BLOODとHALF OFFの中間のようでもあって、来日時には大阪のJCW氏もライブを見に行ったという逸話も思いだしました。NYHCファン以外の80's USHCファンにもかなりオススメです!!







・DEEP WOUND - S/T 7" ¥1200 (Armageddon Label)



DINOSAUR Jr.のJ MAscisが昔やっていたハードコア・パンク・バンドとして、ロック・ファンにも広く名前が知れ渡ったボストン・ハードコア DEEP WOUNDの、Radiobeatからリリースされたオリジナル盤は高額レア盤として人気の高い83年名作が、DROPDEADのBen氏のレーベルから遂にオフィシャル再発!!



SIEGEと並んで、初期ボストン・ハードコアの裏の顔を象徴するバンドで、SIEGEにも負けない猛スピード・スラッシュ・サウンドがカッコいいですが、SIEGEと違うところは、どこかキャッチーなセンスが備わっているところでしょうか。あと、Ben氏がコレをオフィシャルで出したってところが、90年代を知る方々にとって面白い事実でもあります。







・ANTI CIMEX - Anarkist Attack 7" ¥1200 (Nada Nada)



お問い合わせもたくさんいただいてましたが、ようやく入荷しました。スウェーデンのハードコア・パンクを代表する最重要バンドの、いずれも激レアな7"EP各種が、ブラジルのレーベルから一挙オフィシャル再発!!ブラジルのレーベルからってことで、果たしてどの程度のクォリティーで再現してくれてるのかと、半ばタカをくくってましたが、これがとても良くできてて、大満足の再発盤です。



ANTI CIMEXのレコードの中でも最もレア度の高いこの81年発表1st EPは、Jonsson氏がVo.ではなくベースを担当して、DICHARGEウォーシップ・バンド・マニアよりも、キラー・ロウ・パンク・ファンに強くアピールする内容です。オリジナル盤の入手を夢見ながら、この再発盤を入手できる時に確保しておきましょう。











・ANTI CIMEX - Raped Ass 7" REALLY FAST SLEEVE / HARDCORE HORROR SLEEVE / NADA NADA SLEEVE 各¥1200 (Nada Nada)



この83年発表2nd EPは、Really Fast Records, Hardcore Horror Records, そして今回の再発に際して新たに作られた、3種類のジャケが入荷しました!!間違いなくANTI CIMEXの最高傑作で、バンド本来の獰猛な暴力性が完璧に凝縮されています。全ハードコア・ファン必聴!!







・ANTI CIMEX - Victims of a Bomb Raid 7" ¥1200 (Nada Nada)



84年発表3rd EPは、オリジナル同様シルバー・ロゴ・バージョンで、ドラマーによるライナーなどインナーが3枚付いてます。 前作 Raped Ass EPで獰猛性がマキシマムに爆裂したせいか、この作品はちょっとパンチに欠けると感じる方もいるようですが、曲調はRaped Ass EPと同じ路線なのに、この後に続く1st MLPや、近年再評価の高い90年代作品で表現する暴力的なドライブ感を既に垣間見せている名作です。







・MISERY - The Beginning (From the Seeds That We Have Sown) LP ¥2000 (Inimical)



S.D.S.とのSplit LPのリリースなどで、日本でもクラスト第一世代には根強い人気を誇るUSミネアポリス・メタル・クラストの4thアルバムです。



AMEBIXとANTISECT以外に興味のない、ひたすらマイペースでガラの悪いバイカー・メタルパンクといったイメージでしたが、E.O.M.とのSplitで試みた叙情メロディックな面を、前作アルバムは強く印象づける作風でした。本作もその延長線上で、いきなりMISERYらしからぬ女性Vo.でスタートして、思わずうなだれそうになりましたが、初期曲の再録もやってるという点を抜きにしても、最後まで聴き終わると、やはりMISERY以外の何者でもないアポカリプティックなメタル・クラスト作品であることを思い知らされます。永遠にフルリスペクトするAMEBIXの3歩半後ろを常に歩み、決して本家AMEBIXを追い抜くようなことはしない(し、出来ない)ことを心得ている者の力強さが伝わってきます。



昔、S.D.S.のTakacho氏プロデュースで制作されたオムニバス Crust and Anguished Life CDでも披露していたSACRILEGEの名曲 Life Lineのカバーをまたやったりしてるところに、原点回帰ではなく、スタンスは昔となんら変わってないことが証明されています。初期からのファンにもじっくり聴いてほしい力のこもった作品です。







・ALEHAMMER - Barmageddon CD ¥1500 (Selfmadegod)



CDも入荷しました!EXTINCTION OF MANKIND / HELLKRUSHER / VALLENFYRE,etcのScoot氏と、PROPHECY OF DOOMのリズム隊らによるUKドランク・クラスト・メタル・パンクスの2013年アルバムです。



前作はスウェーデンの激渋ブラック・スラッシュメタル TYRANTとのSplitリリースでビックリさせられて、内容もなかなかのモノでしたが、今回もエールハンマー節とも言える黒くて鈍いデス・パンク・クラストが暴発しています。D-Beatが土台にあるスウェーデンのデスメタル・クラストとは違う、これぞUKデスメタル・クラスト!な、まるでE.O.M.ミーツPROPHECY OF DOOMな鈍いドスコイ・デスコア・クラストがたまらない!!!これはオッサン相手限定じゃないと、世間での風当りは強そうなサウンドです。B面の1曲目では切れ味悪いブラスト・ビートも飛び出して、完全に全盛期(初期)PROPHECY OF DOOMの影がちらつきます。やっぱりパンクによるメタルはこうでなければなりません。たまらなくいとおしい!!







・PROXY - Police Car 7" ¥1000 (MMM)



INEPSYのChany氏参加で日本でも注目を集めるカナダ・モントリオール・パンク・バンドの、1st LPに続く2013年1st 7"です。



以前入荷した1stデモに収録されていたナンバーの再録であるタイトル曲と、新曲2曲の全3曲。1stデモは、"MOTORHEAD ミーツ BLITZ ミーツ TOXIC REASONS" なんて紹介されたりもしていましたが、このEPはそのMOTORHEADテイストを少し強めていて、しかし巷にはびこるモーター・ロッキン・メタル・パンクなどとはまるで違う、もっとMOTORHEADのブルージーな面を強調したアダルト・パンクがド渋すぎます!!でもラストの曲はやっぱりUK82なパンク風なので、GBHとMOTORHEADを結びつけるげ数少ないタイプの現行バンドではないでしょうか。過去作品で気に入った方は今回も存分に楽しめる内容です!!







・BASTARD NOISE / LACK OF INTEREST - Split LP ¥1800 / CD ¥1500 (Deep Six)



現在も活動を続ける、初期USパワー・バイオレンス・シーンを大いに盛り上げた2バンドによるSplitアルバムが、老舗パワーバイオレンス/ファストコア・パンク・レーベル Deep Sixからリリース。



近年またハードコア・テイストを盛り返して精力的に活動するBASTARD NOISEは、BOYでは各種作品をフォローしてないから、あまりわかったようなことは言えませんが、まるでNEANDERTHAL時代も彷彿させるスラッジ・パワーバイオレンスなサウンドで、プリミティブ且つロック・テイストすら漂わせる圧巻のパワーバイオレンスを聴かせてくれます!!女性Vo.も参加しています。



INFEST直系の90'sパワーバイオレンス・セカンド・ジェネレーションといったイメージで、日本では熱心なファン以外にはちょっと印象が地味な感じもあったLACK OF INTERESTですが、実は西海岸シーンでは一番とんでもない連中だそうです。今回もINFESTスタイルのタフでタイトなファストコア・スラッシュ全開で、デンジャラスな本物のバイオレンス・パワーが炸裂しています!!







・DROPDEAD / RUIDOSA INMUNDICIA - Split 7" ¥1000 (Armageddon Label)



USボストンのベテラン・ハードコア・パンク DROPDEADと、2012年の来日ツアーも大好評だったオーストリアの女性Vo.ハードコア・パンク RUIDOSA INMUNDICIAによるSplit 7"が、DROPDEADギタリストBen氏のレーベル Armageddon Labelからリリース。



USパワー・バイオレンス・シーンの基盤を築いたバンドの一つでもあるDROPDEADは、楽曲はよりピュアなUSHCスタイルに接近していますが、パワーバイオレンス時代のブルタリティーを維持したままオールドスクール・スラッシュをブチかましてるような、駆け抜けるようにフィニッシュするハードコア・チューンを連射しています!!



2010年の未発表3曲を提供のRUIDOSA INMUNDICIAは、反対面のDROPDEADと全く互角のテンションとスピードでブッチギリますが、そこに絶妙にキャッチーな楽曲と女性Vo.の実直なシャウトが相まって、過去作品でこのバンドの虜になったファンには申し分ない素晴らしい内容!!Splitの片面用の音源としてはもったいないくらいの充実した内容です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR