RECORD BOY

Proselytism!!!



2013年最後の商品ご紹介は、これ以上に"念願"という冠がふさわしいのが、もはやリップオフされて数年経つアソコとアソコのレーベルのリリースくらいしか思いつかないほど待ちに待たされた、南米チリのカルト・レーベル Proselytismリリース一挙5タイトルの新入荷品デス!!!!!



情報通のヘヴィメタル・マニアクスならば、この入荷はBOYをちょっとは褒めてあげてもいいと思っていただけるのではないでしょうか。事実、お客さんからはもちろんのこと、業界関係者の方々からも、問い合わせをけっこういただいてました。それくらいにこのレーベルは、とにかく流通が悪い!!!いつまでたっても悪い!!!デモとCDが最高だったチリアン・ブラック・メタル、COMMUNIONのDeathmessiah氏が運営するレーベルで、流通の悪いレーベルって、だいたいリップオフとかイヤな奴がやってるものだけど、Deathmessiahさんはスゴくいい人でして、ProselytismレーベルとCOMMUNIONでのバンド活動、さらにチリでメタル・ショップもやりながら、海外バンドのツアー・ブッキングや面倒見もする、超多忙な親分肌のナイス・ガイなのです。



1度逃すと次の入荷が1カ月後になるか1年後になるか全く予測が付きませんので、いずれもガッツリ入荷させましたが、INCUBUS以外の全てはレーベルのショップからは既に姿を消していますから、油断せず、買い逃し厳禁でお願いします。INCUBUSも今回のみ入荷になるそうです。しかし今回はDeathmessiah氏のご厚意で、COMMUNIONの最新音源 Demo II 3" CDRと、Proselytism Recordsのサンプラ―CDR "Tu Futuro"をいただきましたので、ご指定なしのランダムにさせていただきますが、Proselytism作品お買い上げの方に先着でお付けいたします!!!数に限りがありますので、配布分終了の際はご容赦ください。







・APOSTASY - Sunset of the End + Fraud in the Name of God GIANT DIGIPACK CD ¥2000 (Proselytism)



オブスキュア・スラッシュメタルを熱心に掘ってる方から、南米カルト・スラッシュ・マニアまで、必聴級の極上発掘再発盤です。チリで80年代後期に結成されたスラッシュ・メタル・バンドの、91年に限定500本のカセットのみでリリースされていた唯一のアルバムに、89年の1stデモもボーナス収録した16曲入り。Proselytismリリースのファンにはおなじみの7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも2枚付いてます。



チリと言えば、当時の日本のアングラ・シーンではチリペンの名で親しまれたPENTAGRAMがなんと言っても有名ですが、このAPOSTASYのサウンドもPENTAGRAM CHILEにも引けをとらないどころか、まるでSchizophreniaとBeneath the Remainsアルバムのちょうど中間時代のSEPULTURAみたいな、文句なしの南米王道ダーク・スラッシュメタル・オブスキュア・カルト・クラシック!!!リマスタリングされているせいもあるからでしょうけど、音質は当時カセットでしかリリースされなかったというのが信じられないほどのクォリティーで、しかも楽曲はSLAYERを頂点とする低音域ズグズグ・リフが這いずりまわるタイプだから、ホントにPENTAGRAM CHILEと絶頂期SEPULTURAのミックスみたいです。さらにポイント高いのが、この時代のダーク・デスラッシュ・メタルに多かったハードコア寄りのアティチュードよりも、へヴィメタル・プライドを感じさせるダークネスで、かなりキラーなSLAYERリフを連発してるけど、Show No Mercy ~ Hell Awaits期のムードも漂わせています。







・THRASH FORWARD - Thrash Forward Alliance GIANT DIGIPACK CD ¥2200 (Proselytism)



APOSTASYと並んで、これはオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファン驚愕の凄い再発ではないでしょうか。80年代中期~90年代に活動したUSワシントンのスラッシュ・メタル・バンドで、86年と90年にデモを残したのみのバンドだったようです。今回リリースされたのは90年2ndデモの再発9曲入りCDですが、90年の2ndデモと聴いて心配する必要など一切ありません。私は全然知りませんでしたが、マニアには有名なんでしょうか?本当に誰も知らないウルトラ・オブスキュア・バンドだとしたら、こんな凄い音源を拾ってきたDeathmessiah氏の鋭すぎる着眼点にはもうアッパレ降参です。クラシカルな流麗速弾きメロディック・ソロを連射する暴走ノンストップ・スピードコア・スラッシュメタルが、まるでHOLY TERRORがクロスオーバー化したようで、スピード狂ハードコア・スラッシャーも技巧派ギター・オリエンテド・スラッシュメタル・ファンも即死確実の凄い発掘音源deattthh!!!!!7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも付いてます。







・SLAUGHTBBATH - Hail to Fire GIANT DIGIPACK CD ¥1900 (Proselytism)



過去に単独/Split EPが各種入荷していて地味ながらなかなか好評だった、KRATHERIONメンバーらによるチリ産ブラックメタル・バンドの9曲入り1stアルバムです。7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも付いてます。



南米ベスチャル・デスラッシュと、BATHORY影響下北欧ブラック・スラッシュの理想的な融合、と言ってもさして褒めすぎでもない激烈原始的スピードが炸裂していて、冒涜的リチュアル且つ爽快ですらあります。プリミティブなBATHORY系統スラッシュの冷たさとへヴィメタル・プライドの熱さが同居したNIFELHEIMを、MERCILESSのノ―マーシ―な暴走一直線で叩きつけたような感じに、FORCE OF DARKNESSやEJECUTORなどに代表される近年のチリアン・ベスチャル・デスラッシャーらしい南米ダークネスをプラス。今回のProselytismリリース入荷品は、他が全て極上級カルトな強力再発音源ばかりだったので、正直このSLAUGHTBBATHにはたいして期待してませんでしたが、見事にノックアウトされました。素晴らしい!!!666!!!







・TYPHON - Unholy Trilogy + Demo Rehearsal GIANT DIGIPACK 2CD ¥2200 (Proselytism)



先にピクチャー盤のLPで再発されて話題を呼んだ、コロンビアン・ブラックメタル TYPHONのコレクション・アルバムがProselytismから遂に登場です。初期MAYHEMと南米アングラ・メタル・シーンとの交友録を検証するうえで欠かすことの出来ない96年発表カルト・クラシック・アルバム Unholy Trilogyをディスク1に、デモとしてテープでリリースされていた95年のDemo Rehersalをディスク2に収録した、全23曲入り2枚組CD。Warmaster Recordsを運営してMASACREでドラムを担当し、そしてあの有名なDeadの死体写真をジャケットにしたMAYHEMのブートレグ・クラシック Dawn of the Black Heartsをリリースしたことでも知られる、故Bull Metal氏がやってた、狂気と呪いにとりつかれたウルトラ・カルト・コロンビアン・ブラックメタル・バンドです。オリジナルはBull Metal自身のWarmaser RecordsからCDでリリースされて、その後は粗悪なブートレグのカセットやアナログ盤が出回っていましたが、CDでのオフィシャル再発はオリジナル盤以来、実に15年以上ぶりのリリースになります。7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケで、ポスターも2枚付いてます。



そしてこのUnholy Trilogyアルバムは、内容も最高にカルト・デス!!!666!!!ただし、forリアル・カルト・マニアックス・オンリーですが。崩壊系ノイズ・メタルではなく、ズルズルの脱力系オカルト・ブラックメタルで、スラッシーな刻みや暴走パートもありますが、無意味に刺激的なポンコツ・エモーショナル&ソウルフルなKYギターワークを核にした、へヴィメタル土台のダーク・オカルト・ブラックメタル、と言った感じです。それを、Bull Metalの棒読み極悪Vo.を筆頭に、コロンビア・メタル特有の非人間的な鈍鉄タッチで仕上げています。ラスト・ナンバーのアルペジオがどう聴いてもMelissaなので、恐らく、MERCYFUL FATEなどにあこがれていたのかと推測できますし、KISSのカバーまでやってます。EuronymousもKISSが好きだったのは有名ですし、8曲目の Life EternalはDeadがこのバンドに提供した歌詞で、ここらへんの初期ブラックメタル・メタル・ミュージシャンのつながりと、音楽的バックグラウンドを推測するうえでも、大変興味深い作品です。ところが意外なことに、ディスク2のデモがかなり極上のHELLHAMMERウォーシップ・ブラック・メタルで、疾走ナンバーはCELTIC FROSTスタイルとも言えるカッコよさ!!







・INCUBUS - God Died on His Knees GIANT DIGIPACK CD ¥1900 (Proselytism)



そして1年以上待たされましたが、ようやく入荷しました・・・。当店には以前にNECROVOREとのSplit形式でのブートCDが入荷してた、80's USカルト・デスラッシュ・メタル・バンド、USジョージア州のINCUBUSの87年デモ初オフィシャルCD再発です。後にAFTER DEATH, NOCTURNUS, MORBID ANGELなどの伝説的フロリダ・デスメタルの最初期に在籍したメンバーらがやっていたバンドで、残した音源はこの3曲のみとされています。過去にGore RecordsとNuclear Blastから7"EP化再発されていましたが、CDでのオフィシャル・リリースは今回が初。3曲だけか・・・なんてガッカリする人などは、この音源を過去に1度でも体験したことのある方ならまず居ないと思います。初期デモ時代のMORBID ANGELが、POSSESSED, KREATOR, DARK ANGEL, RIPPING CORPSE, etcのクレイジーなテクニカル・リフで暴走するデスラッシュと化したかのような、鬼気迫る怒涛のダーク・ハイ・スピード・デスメタルが本当に壮絶で、いつ聴いてもブチのめされてしまいます!!!この鬼神のごとき激烈さで、暗黒の音塊のような感触と、スラッシュ・ルーツの必殺リフを同時に備えてるのは、本当に奇跡としか思えません。MASTERの1985 Unreleaed Album並みに、この音源が当時もし世に広まっていたら、後のエクストリーム・メタル・シーンの動向も変わっていたかも知れない、と思いたくなるくらい、凄い音源です。



Proselytismリリースのファンにはおなじみの7"サイズのフォールド・デジパック・ジャケには、レアなカラー写真やライナーノートを掲載して、ポスターも付いてます。リマスタリングによって音質もバッチリで、言う事なしの再発ですが、ただ一つの問題は、充分な枚数が確保できなかったこと。今回限りの入荷になります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR