RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!





・SACRILEGE - Its Time to Face the Reaper The Demos 84-86 2LP ¥2400 (Havoc)



DISORDERのデモLPと入れ替わりくらいで到着してくれるはずだったんですが、2013年末ギリギリにやっと届きました・・・。ブートが乱発されてたSACRILEGEのデモ音源を、2009年にブラジルのAbsurd RecordsがCDで遂にオフィシャル初リリース。しかしベースのTony主導の再発だったため、ドラマーのAndyと大揉めに揉めて、その後スペインのデスメタル・レーベル Xtreemからもボリューム満点のデモ集が出ました(現在は廃盤です)。今回のHavoc Recordsによるアナログ盤は、Tonyサイド編集のAbsurd Recordsバージョンを2枚組で初オフィシャルLP化したもので、ラストの85年ライブは、2012年にやはりTonyとAbsurd Recordsのタッグでリリースされた、The Lost Tapes EPからのテイクです。





Demo 1 (November 1984)

A1 : Apartheid

A2 : Bloodlust

A3 : Dig Your Own Grave

A4 : Blind Acceptance



Demo 2 (February 1985)

A5 : Stark Reality

A6 : Out Of Sight, Out Of Mind

B1 : A Violation Of Something Sacred

B2 : Bloodrun



Demo 3 (January 1986)

B3 : Flight Of The Nazgul

B4 : Sight Of The Wise

C1 : The Captive



Demo 4 (August 1986)

C2 : Search Eternal

C3 : The Fear Within

D1 : Winds Of Vengeance

D2 : Spirit Cry

D3 : Insurrection



Live At The Marcus Garvey Center, Nottingham 1985

D4 : Battlefield





ONSLAUGHTの1stがDISCHARGEとSLAYERの融合なら、初期のSACRILEGEはVARUKERSを通過してSLAYERに出会ったようなサウンドと言えます。We Won't Be Your Fucking Poor オムニバス2枚組LPにも収録された "Dig Your Own Grave"や、CONCRETE SOX、HIRAX、EXECUTE、LIP CREAMという信じられないメンツが曲を提供した Anglican Scrape Attic オムニバス・ソノシートにも収録された "Blood Run"でもわかるように、メタルコア重要名作1stミニアルバム Behind the Realms of Madness の路線でありながら、初期のデモでは粗さが際立ったメタルコア・スラッシュがとてもカッコイイです。クラスト・パンク女性Vo.の手本となるスタイルを築いたとも言えるタムのヴォーカルも若々しいです。1stミニアルバムが発表される頃になると、METALLICA的なダイナミックでドラマチックな展開もプラスして、80'sメタルコアの王道を確立。写真満載のポスター・スリーブも必見の、アナログ・ファンが待ち望んだレア・デモ音源集オフィシャルLP!!







・SACRILEGE - Behind the Realms of Madness T-SHIRT ¥3000



成り行きで今回のみ入荷のUS製ブートTシャツです。日本のパンク・ショップ界隈ではけっこう人気のあるシリーズのようですが、なかでもSACRILEGEはやはり人気が高いみたいです。



ボディはGildanのSoft StyleのSと、TultexのTultexのMのみ入荷。Lサイズは入荷してません。もう1回言いますが、成り行きで入荷したので、用意できたサイズも枚数も十分とは言えない数です。袖にもプリントのあるこのシリーズを気に入ってる方は、この機会にぜひどうぞ。







・BATTALION OF SAINTS - Second Coming T-SHIRT ¥3000



こちらも今回のみ入荷のUS製ブートTシャツです。このシリーズのBATTALION OF SAINTSはあまり日本に入ってきてないみたいです。



ボディはTultexで、サイズはSとLの2種のみ入荷。Mサイズは入荷してません。もう1回言いますが、成り行きで入荷したので、用意できたサイズも枚数も十分とは言えない数です。袖にもプリントのあるこのシリーズを気に入ってる方は、この機会にぜひどうぞ。







・FALSE CONFESSION - Out Of The Basement Demo 1983 LP ¥2000 (Queer Pills)



Mystic Recordsから84年にリリースした7"がカッコよかった80's USオックスナード・ハードコア・パンクの、83年デモ音源をリマスターLP化したものです。



CRUCIFIX, FINAL CONFLICT, CHRIST ON PARADE, HALF LIFEなどのファンは絶対に聴くべき、UKHCインスパイアなUSHCの極上サウンドです。どこか憂いの漂うギター・フレーズと払拭しきれない暗いムードで疾走するUSHCサウンドは今聴いても素晴らしいです。袖切りGジャンをアメリカンの革ジャンに重ねたVo.のルックスも激渋カッコいい!!知名度は落ちるのかも知れませんが、FINAL CONFLICTのデモLPにも引けをとらない必聴のオススメ再発盤です。







・REAL ENEMY - Life with the Enemy LP ¥2000 (Mind Cure)



日本にもファンの多い80's USピッツバーグ激渋ハードコア・パンク HALF LIFEのギタリスト Vince氏とベースのMike氏(このバンドではMike氏はVo.を担当)が、HALF LIFE参加以前に短期間やっていた幻のバンドの83年デモ音源がLP化。83年CBGBでのライブ4曲もプラスした全17曲入りで、なんとMind Cure Recordsからのリリース!!HALF LIFEの大傑作86年名盤EP Under the Knife 7"をリリースしてたレーベル名も、Mind Cure Recordsでした。これぞUSHCパンク・レコードな味わい満点の作りも嬉しくて、歌詞掲載インナー・シートの他に、ニュースペーパー型の特大インサート・シートには、当時の写真やフライヤーが満載。ダウンロード・コードも付いてます。



BLACK SABBATHの影響も感じさせるレイジング・スラッシュ・パンクが最高にカッコいいHALF LIFEよりも、やはりこの時代のUSHCらしいサウンドで、疾走パートとキャッチーな楽曲はちょっと初期7 SECONDSっぽく、でもHALF LIFE関連バンドらしい危険な緊張感がもっとあって、さらにヒネったフレーズや起伏を含ませた曲調でダイナミズムも感じさせます。80's USHCファンにとってはとても興味深く、そして堪能できるキラー・オブスキュア・ハードコア発掘音源です!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR