RECORD BOY

Cult of Death-troy!!



・ABHORRENT - History to the World's End 2CD ¥1900 (Area Death prod.)



何年か前にコレクションCDが入荷したことのあるNECRODEADのメンバーが在籍した、南米チリのデスラッシュ・メタル・バンドのディスコグラフィー・アルバムが、Area Death prod.から2枚組でリリース。





Disc 1:

Track 1-2 Adv Tape 1992

Track 3-8 Christianicide Demo 1992

Track 9-14 Start Point Demo 1996



Disc 2:

Track 15-24 Live + Comp. track (1989-1999)





"南米デス/スラッシュ・メタルが好きで、ABHORRENTを知らないなんて、恥ずかしいぞ!"と、レーベルの人が言っていますが、これっぽっちも知りませんでした。しかしレーベルが煽るのもまぁ理解できる内容で、中南米デスラッシュ好きは聴いといて損はありません。POSSESSEDみたいなテクニカルなリフをソリッドな刻みとガムシャラなロウ・パワーでブチまけていて、ビートはデスラッシュな猛速ではありますが、曲によってはかなりスピードコアなブラスト・デスラッシュ・ナンバーもあります。ウネるベース・ラインがソリッドなリフとの相性も良くて、大袈裟に言いますと、ジギジギ刻みの暴走スラッシュ時代から、ベース・プレイを核にしたテクニカル・デスメタルへと進化した、SADUSの初期~後期を凝縮した南米ロウ・デスラッシュ・メタル、みたいにも捉える事が出来そうです。POSSESSEDやSADUSなどのUSデスラッシュ系統のサウンドが好きならば、南米マニアではなくてもオススメです。今回は限定100枚のパッチ付きでの入荷デス!!







・NEW YORK AGAINST THE BELZEBU - Esfiha Bombs CD ¥1400 (Thanatopsis)



SORE THROAT, AGATHOCLES, FINAL EXIT, etcともSplitをリリースしていたブラジリアン・カルト・グラインドコア・バンド NYABの、2001年に50枚のみCDRで作られた21曲入りアルバムが、Area Death prod.のデス・グラインド部門レーベルからプレスCDでオフィシャル再発。



FINAL EXITとのSplitや、伝説のカルト・グラインド・レーベル Total Questions Recordsから女性ゴア・デスメタル PURULENCE(ブラジルのヤツです)ともSplit EPを出していたのもあって、当時から日本のグラインドコア・ファンにもそこそこ知名度のあるバンドでした。ポリティカル、且つポンコチカルなグラインダーズで、RAPTなんかの即興スピード・ノイズコア・マニアも巻き込んでカルトな人気を博しました。今聴いても、遠くの方でガムシャラに演奏しているようなサウンドが最高です。カルト・グラインド復興の波も、遂にこのバンドが再発されるまで盛り上がってまいりました!!







・NAUSEA (L.A.) - Crimes Against Humanity DIGIPACK CD ¥1800 (Hammerheart)



CDもデジパックで遂に再発です!!F.O.A.D.からのコレクション・アルバムが好反響だったL.A.初期グラインドコア・デスメタル・レジェンド NAUSEAの91年発表1stアルバムが、Ripping Stormからのアナログ盤に続いて、CDもHammerheartから再発されました。オリジナルはBLASPHEMYの1stでもおなじみの伝説のカルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Ragsからのリリース。NAUSEAは2000年代もポツポツと細かな作品を発表していましたが、このたびヨーロッパ・ツアーを敢行するそうで、それに合わせて再発されたようです。



TERRORIZERのヴォーカル Oscar Garciaが在籍したことで知られるバンドで、当時の日本デスメタル/グラインドコア・シーン黎明期の関係者の間でも話題となった作品ですが、音質がいかにも当時のアングラ・リリースらしいデモ・レベルのクォリティーで損をした悲運の名作デス。なんて今まで何度も言ってきたけど、今回改めて聴いてみると、別にそこまで言うほど酷い音質でもないですね。むしろアラフォーには非常に心地よい生々しさのラウド加減で、スタジオ一発録りみたいな臨場感がカッコよく感じられます。綺麗に分離された作品が普通となった今こそ、再評価される作品かも知れません。それよりもデモやEP時代より深化を模索したような楽曲の変化にこそ焦点を当てるべきで、基本はデスメタルとハードコアが交錯した生々しいグラインドコア・デスメタルなんだけど、当時エクストリーム・メタル・シーンで台頭してきたインダストリアル的な無機質さやドゥーミィーな感覚も取り入れてるところは、日本のMULTIPLEXと同じベクトルでエクストリームを追及したラディカルなグラインドコア・メタルと捉えることもできるかと思います。



当時はNYクラスト・パンクのNAUSEAのLPが欲しくて都内レコード屋を歩いても、こっちのNAUSEAばっかり売ってたから間違って買ってしまったという人の話もけっこう聞きましたし、HELLCCHILDメンバーさんなど、Deathrash Mayhem周辺西東京デスメタル開拓者の方々がこっちのNAUSEAのTシャツをよく着てたりしたのが印象に残っています。当時はスルーしてた人も、ぜひこの機会に聴いてみてほしいです!!







・NIFELHEIM - Devil's Force COFFIN SHAPED WOVEN PATCH ¥800 (Witchhammer prod.)



タイ Witchhammer prod.製棺桶型オフィシャル・パッチ!!



今、自宅でカートアップしてて現物が手元にないので寸法表記できませんが、極端に大きかったり小さかったりしない、ちょうどいいサイズです。青フチと赤フチがあります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR