RECORD BOY

Metal Traditions!!



・TRIAL - Malicious Arts 7" ¥1000 (Nuclear Winter)



以前に1st LPが入荷した若手スウェディッシュ・へヴィメタル・バンドの2曲入りEPが、ギリシャの老舗デスメタル・レーベル Nuclear Winter Recordsからリリース。



今回も前作1stアルバムと同じ路線の、PORTRAITとIN SOLITUDEのちょうど中間のようなタイプのMERCYFUL FATEウォーシップ・サウンドです。しかし、前作では音程が危なっかしかったVo.がさほど気にならなくなって、ブルース・ディッキンソンがMERCYFUL FATEを歌ってるような感じは、相変わらず派手さはないですが、ちょっとドンくささが魅力でもあった1stアルバムより確実にカッコよくなっています。IN SOLITUDEとPORTRAITのようにMetal Bladeクラスを狙うか、それともこのまま地下シーンの華として黒い輝きを維持するか、なんて前作では解説しましたが、バンドは明らかに成長してるけど、Nuclear WinterからEP出すなんて、BOYとしては理想的なアンダーグラウンド気質を備えたバンドです!!問題は、入荷枚数が少ないんです・・・。







・TROUBLE - The Distortion Field CD ¥2400 (FRW)



SAINT VITUS, CANDLEMASSとともに、CATHEDRALを筆頭とする90年代以降のドゥーム・メタル・バンドにリスペクトされて、ドゥーム・メタル・シーンの基盤を築いたバンドの一つ、シカゴのTROUBLEの2013年新作アルバム。オーストリアのよくわかんないレーベルからリリースされてまして、流通もあまり良くないです。



ご存知の方も多いでしょうが、Vo.のEric Wagner氏は脱退。後任が驚くべき人物で、あのLate 80'sニューオーリンズ・ブルータル・スラッシュメタル EXHORDERのKyle Thomas氏!!ところがKyle氏は、過去にもEric Wagner氏がTROUBLEから離脱した時にもサポートVo.で参加していたそうです。あと、これは恥ずかしながら初めて知りましたが、Kyle氏は90年代後期~2000年代にかけて活躍した、ニューオーリンズ産ストーナー・メタル ALABAMA THUNDERPUSSYにも参加してました。知らなかった・・・。



で、肝心の内容なんですが、これがKyle氏起用という人選以上にオドロキのカッコよさです!!個人的にはTROUBLEの熱狂的信者というわけではないので、偏った思い入れもないからそう感じるのかも知れないけど、90年代以降のストーナー・メタル・スタイルのTORUBLEと、重厚な鋼鉄リフで迫る初期を彷彿させるナンバーのバランスがほど良いように思います。4曲目のメロウな曲なんか、ストーナー・メタルって言うより、完全に80'sアリーナ・メタルで最高!!Kyle氏のVo.は予想以上にハマっていて、店頭で聴いてたら、「このトラブルみたいなヤツはなんですか?」なんて尋ねてきた、なんとも鋭いお客さんもいらっしゃいました。これはオススメと言い切っても大丈夫だと思います!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR