RECORD BOY

Metal Deadness!!



・FUNERAL BITCH - The Demos CD ¥1200 (Nuctemeron)



待望のCDバージョンもリリース!!!Paul Speckman氏と、後にZNOWHITEにも参加するAlex Olvera氏の2人を中心に83年に始動したバンドの、86年と87年のデモ2種をまとめた9曲入りCDです。先にアナログ盤EPでリリースされて、初回プレスは早々にソールドアウトとなった、初期デスメタル・ファン狂喜のオフィシャル・リイシュー。MASTERやDEATH STRIKEなど、ここ数年頻繁にリリースされてきたPaul Speckman氏関連再発の中でも、最も発掘レア度の高いリリースと言える音源です。シカゴでFUNERAL~と聞くと、Turbo MusicからのアルバムやCCG Underground Recordsからのデモ12"シリーズも出てた激渋デスラッシュ・メタル FUNERAL NATIONが思い浮かびますが、そのFUNERAL NATIONはPaul Speckman氏のABOMINATIONとこのFUNERAL BITCHのメンバーらが後に始めたバンドだそうです。Paul Speckman氏絡みのシカゴ・ハードコア・メタル人脈はややこしいのでマニア以外は完璧に理解する必要もないでしょうけど、ジャケ中のPaul Speckman氏のライナーを読むとその一部分が垣間見えてとても面白いです。



このFUNERAL BITCHもセッション・プロジェクト的な感じで始まったようで、交流のあった初期DEATHなどと小さなクラブでプレイしていたようです。しかし当時人気絶頂だったCRO-MAGSとの共演では300人もの動員があり、このFUNERAL BITCHのブルドーザー級デスラッシュ・サウンドをCRO-MAGSメンバーもいたく気に入ったというエピソードもライナーで記述されていますが、確かにこのバンドはPaul Speckamn氏のこれまでの仕事の中では最もハードコア・テイストが強いです。86年デモはまるでREPULSION状態のMASTER / DEATH STRIKEといった感じの、爆速ドへヴィ・ブルータル・デスコア・スラッシュで驚愕デス!!!!!これはプレ・グラインド好きも腰を抜かすのではないでしょうか。まるで初期Earache周辺スピードコア/ステンチ・クラストの元ネタのようなサウンドです。87年デモでは音質も向上してもう少し整合感も備わってますが、Paul Speckman氏のVo.もちょっと似てるせいか、まるでブルータルな初期RIPCORDに聴こえて、こちらもまた最高のトータル・デス・サウンド!!MASTERのデモ・アルバムに続いて、スラッシュ・ハードコア・ファンはまたしてもPaul Speckamn氏の恐るべき偉業にブチのめされてください。全ロウ・デスメタル・ファン、オブスキュア・スラッシュ・ファン必聴!!!







・FUNERAL NATION - After the Battle LP ¥2400 (Voice of Azram)



MASTER, DEATH STRIKE, etcのPaul Speckman氏関連バンド再発ラッシュが続いてますが、遂にこんな激渋親戚バンドまで再発です。もっともこのバンドは数年前から活動を再開してたようで、この他にも近年のリリースがあるみたいです。ABOMINATIONとFUNERAL BITCHのメンバーが始めたシカゴのデスラッシュ・メタル・バンド FUNERAL NATIONの、伝説的カルト・リリースを多く生み出したTurbo Musicから91年に発表した1stアルバムが限定500枚でLP再発。レッドビニールでの入荷になります。



このバンドもまた実にMASTER人脈らしいサウンドであると同時に、オーソドックスながらも渋いシカゴのスラッシュメタル独特の味わいがカッコいいバンドだと思います。MASTERと言うよりもABOMINATIONがスラッシュメタル色を強めたような起伏に富んだスラッシュメタルで、REPULSIONが無機質なマシンのように硬い演奏とサウンドで表現されたようなナンバーなど、明らかにMASTERからの強い影響がうかがえます。ちなみにこの人間味のないメカニカルなドラマーは、後にCELTIC FROSTウォーシップ・ブラックメタルとしてアメリカを代表するブラックメタル・バンドとなるUSURPERの人です。SINDROMEなどのファンにもオススメかと思いますが、もうちょっとムチャクチャな例えをしますと、起伏の激しさとVo.の声質のせいか、CRUMBSUCKERSの1stとMASTERの融合みたいでもあります!!とにかく、MASTER周辺、そしてシカゴのこの時代のハードコア・メタルはどれも渋い!!







・MONDOCANE - Necrodeath & Schizo Project One DIGIPACK CD ¥1800 (F.O.A.D.)



初期イタリアン・カルト・デスラッシュメタルを代表する2バンド NECRODEATHとSCHIZOのメンバーによる、知る人ぞ知るプロジェクト・バンドの唯一のアルバム 89年作品がデジパックで初CD化!!



こんなプロジェクト、全然知りませんでしたが、いかにもこの時代のクロスオーバーといった感じでとても興味深い内容です。S.O.D.に代表される、スラッシュメタル・ミュージシャンによるクロスオーバーといった感じのスラッシュで、SCHIZO譲りの激速パートもありますが、焦燥感みたいな雰囲気は全く感じられず、ダイナミックなサウンドなのに、M.O.D.(最高)のようなルーズなパンク感覚があります。クロスオーバー・メタルコア・スラッシュから逸脱してないSPAZZTIC BLURRのようでもあって、初期Earache系ブラストコア・スラッシュ好きにオススメです!!オリジナルはMetalmasterからのリリースで、なかなか見かけないと思うので、イタリアン・スラッシュ好きはこの機会にぜひどうぞ!!







・BULLDOZER - The Exorcism : Lost 1984 Demo + Fallen Angel EP REGULAR LP ¥2200 (F.O.A.D.)



レギュラー・ブラック・ビニール、お待たせしました!!このダイハード・バージョンはイタリア以外は日本に少し入ってきたくらいで即終了したようで、海外の業界関係者からも問い合わせがひっきりなしでした。レギュラー・ブラック・ビニールもltd.400枚なので、これは両バージョン持っててもいいくらいかと思います。実際、けっこうこのブラック・ビニールもお問い合わせを少なからずいただいてました。



またしてもF.O.A.D.が歴史的事件級重要音源をオフィシャル・リリースしてきました。イタリアン・サタニック・スピードメタル BULLDOZERが、プロモーション用に84年に録音してたデモ音源を発掘!!!666!!!同じく84年録音の名作激レア1st 7" Fallen Angelの2曲も合わせて収録した全9曲なんですが、このプロモ・デモ音源は、A.C. Wildがベース兼Vo.で、ギターがAndy Panigada, ドラムがDon Andrasの3人編成。つまり1stアルバム Day of Wrathと同じラインナップなので、同年録音のFallen Angel EPの時に一緒に録ってたアウトテイク的な音源ではなく、本当にプロモーション用のためにしか使われなかったため、これまで陽の目を見ることのなかった貴重な音源です。



さらに興味深いトリビアがありまして、このテープ、存在したのはRoadrunnerに送ったモノと、今回公開したA.C. Wild氏本人が所有したモノ。そしてもう1本テープが存在するそうで、なんとKing Diamondにバンドが送っていたとのこと。1stアルバムのプロデュースをKingに依頼したそうですが、「俺にはパンキッシュすぎるサウンドだからできない」と断られたそうです。Algy Wardは、繰り上げ当選的な起用だったんですね・・・。面白いけど、ちょっと複雑な気分です。



VENOMから強く影響されたサタニック・ドライビン・スピードメタルに、メロディックなギターと初期TANK系のキャッチーな哀愁を漂わせてた1stアルバムまでのBULLDOZERは、ABIGAILのフルリスペクトにも現れているように、パンキッシュなスラッシュが好きな人全員必聴のかっこよさです。プロモ・デモ収録曲は、後に1stアルバムでも録音される名曲の数々で、既にこの時点で完璧なカッコよさに達しています。音質も含めて、文句なしに最高です!!!後にNEURODELIRIを結成する 故Dario Carriaがベースを担当して、A.C. WildはVo.専任だった、4人編成のオリジナル・ラインナップ時BULLDOZERの唯一の音源であるFallen Angel EPは、A面のタイトル曲も、そしてどのオリジナル・アルバムにも収録されなかった幻の名曲 B面のAnother Beerも、これぞ初期BULLDOZERな激渋チューンでまた完全にカッコいい!!



若かりし頃の貴重な写真も掲載した、ゲートフォルド・スリーブもカッコよく仕上がってて、リッケンバッカ―に自分の名前をペイントしたA.C. Wildの変態サタニック・メタル・ファッションも激渋です。さらに、極少数のみ出回ってしまったという、マキシマム・レアなFallen Angelのボツ・ジャケ・バージョンのアートワークなども掲載!!!これは知りませんでした!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR