RECORD BOY

Raging Death!!



・KRYPTS - Unending Degradation LP ¥2200 (Me Saco Un Ojo)



Me Saco Un Ojoからのアナログ盤も到着しました!!フィンランド・ヘルシンキ出身デスメタル KRYPTSの1stアルバムです。デモMLPと1st 7"も好評のうちに完売しましたので、先にリリースされてたCDバージョンもかなりの反響でしたが、このアナログ・バージョンも既に相当売れまくってるようです。いつもはMSUOのリリースはだいたい500枚プレスだけど、このKRYPTSは反響の大きさを考慮して1000枚プレス。レーベルでは早々に完売した、限定ホワイト・ビニールも入荷してます!!



SENETENCED, AMORPHIS, DEMIGOD, DEMILICH, etcのフィンランド・デスメタル諸先輩方からの影響を公言しながらも、新世代らしい感覚で表現した、かなり壮絶な内容になっています。前作7"EPの延長線上ではありますが、アルバムで聴かせることを明らかに意識した作風で、DEMIGODスタイルの重厚な突進力と叙情性のコンビネーションを、より黒く退廃的にスロウダウンさせていて、現行フィンランド・デスメタル・シーン最前線を引っ張る、HOODED MENACEにも匹敵する表現力を身に付けています。過去のアナログ盤2作品とはまた違った魅力も見えてくる、力作と呼ぶにふさわしい内容です。



ここ最近は、スウェディッシュ・デス勢がちょっとメジャー・インディーな展開が多くなってきてますが、それに対してフィンランド・デスメタルは、やはりどれも根が暗いと言いますか、表面的にはCONVULSEやDEMILICHなどのような病的デスメタルの手法を用いてなくても、病んだ黒さが体内に根を張ってるバンドが多いと思います。US東海岸デスメタルも飲み込んだ冒涜激烈ダークネスなGOREPHILIA, MAVETH, CRYPTBORN, ゴリゴリ・アグレッシブなSTENCH OF DECAY, そして病的ズルズル・ドゥーム・デス極北のSWALLOWEDあたりは今後も注目です。そしてそれらの若手を引っ張るHOODED MENACEにも肉迫する圧巻の退廃混沌デスメタル・ワールドを、KRYPTSはこの1stアルバムで確立しています!!







・ATARAXY - Revelations of the Ethereal LP ¥2400 (Me Saco Un Ojo)



Me Saco Un Ojoからのアナログ盤、ようやく到着デス!!しかし!!これだけ待ったのに、なんと今回はカラー・ビニールを確保できなかったという失態をやらかしてしまいました・・・。正直言って、前作ミニ・アルバム Curse of the Requiem Massは、内容の良さと海外での高い評価などは良い方向に影響することなど全くなくて、当店ではMSUOリリースの中でも群を抜いて売れてません。そんなこともあって、この新作LPも余裕ぶっこいてたら「ゴメン!BOY分確保する前に、カラー盤がいつの間にか完売してた!」と、MSUOオーナーのチョンボでブラック・ビニールのみの入荷になってしまいました。でもまぁ、いい勉強になりました。そういうことなのです。日本じゃダメでも、海外ではこのヘンの若手デスメタルは、まだまだガンガンに盛り上がっています!!



GRAVEYARD, MORBID FLESHらとともにスパニッシュ・デスメタル・シーンの未来を支えるバンドとして期待されるATARAXYの8曲入り1stフル・アルバム。アナログ盤はツヤツヤのグロッシーなゲートフォルド・スリーブで、ジャケ内側に掲載の、ジャーマン・デス系にも通じるメンバー写真もカッコいいです。イタリアのUNDEAD CREEPはわかりやすすぎるスタイルで、リリースのたびにそれなりに反響はあっても、やっぱり南欧のデスメタルと言われると、他者の影響を感じさせない孤高の存在感で独立してる感のあるギリシャ・シーン以外は、どうしても地味な印象になりがちです。しかしスペインのATARAXYのサウンドはまるで西欧~北欧のデスメタルな感触で、BOLT THROWERとASPHYXに共通する暗黒叙情重圧な感触が好きなオールドスクール・デスメタル・ファン必聴の力作です!!ちょっとドラムが埋もれ気味かな?と感じさせるほどに、陰鬱リフ音壁が圧巻の重厚ダークネスを生み出していて、US東海岸のabyssicなデスメタルと共鳴する昨今のフィンランド・デスメタルとも共通するタイプだけど、そこに爆裂感が備わってるところが、若手スパニッシュ・デスメタルらしい魅力でしょうか。Me Saco Un Ojo, Detest, Dark Descent, Blood Harvestリリースなどをチェックしてる人は言うまでもなく必聴です!!







・MEGA SLAUGHTER - Calls From The Beyond & The Demos 2CD BOX ¥2600 (Cryptorium)



再入荷お待たせしました!!2010年にTo The Deathがアナログ盤のみでリリースしたデモ集は早々に完売。さらにさかのぼって、2007年にチリのArsenal of Glory RecordsがリリースしたコレクションCDは、ブートレグにもかかわらず近年オークションで高額で取引される人気アイテムと化してる、スウェーデンの初期デスメタル・バンド MEGA SLAUGHTERの初オフィシャルCDが遂に登場!!!



これがケチのつけようがまるでない究極の内容で、91年にフランスの伝説的レーベル Thrash Recordsから発表した唯一のアルバム Calls from the Beyondを収録したディスク1と、89年発表 Negative Bitchデモ / 90年発表 Death Remainsデモ / Demo 91 / 91年リハーサルを収録したディスク2の、2枚組トリプル・フォールド・ デジパック。メンバー自身によるライナーノート / 各音源の解説 / フライヤー, ファンジン, 写真など膨大な量の当時の貴重な資料を掲載したブックレットは全44ページにも及ぶフル・ボリュームで、これはとても通常のCDのジュエルケースに納まるはずもないわけですが、さらにミニポスターとパッチも付いてるので、ボックスに収納された限定1000セット!!!



しかも真性マニアならこの時点でお気付きでしょうが、89年 Negative Bitchデモってなんでしょうか?!?!これはTo The DeathからのデモLPで、未発表リハーサル2曲として公開されたモノのオリジナル音源で、しかもここではさらに2曲多い、全4曲の完全版として収録!!!87年にDIN LOYDというバンド名でスタートしたのですが、この89年 Negative Bitchデモは、MEGA SLAUGHTERと改名して間もなく製作された、最初期デモだそうです。



Earacheから作品を発表していたENTOMBEDやCARNAGEなんかのS級スウェディッシュ・デスメタルで留まったスウェデス・ファン、つまりフツーの人にとっては、このMEGA SLAUGHTERは全くもってフツーのバンド。しかし、スウェディッシュ・デスメタル信者にとっては秘孔ド突かれまくりの完璧な大傑作と言えるのが、91年アルバム Calls from the Beyondです。重なり合った黒さと鈍さの合間を縫ったような隙間も絶品で、スウェディッシュ・デスメタル・サウンドの完璧な理想形の一つと言っても過言ではないでしょう。鈍いスピード感と鬱系ビート・ダウン・パートの見事なバランス。スラッシュメタルとは明らかに異質のジョリジョリ・タッチ。GRAVE, NIRVANA 2002, GOD MACABREなんかをミックスしたような、倦怠lowスカンジナビアン・デスメタルのパーフェクト・サウンドだと思います。そして、恐らく世界中のほとんどの初期デスメタル・バンドがそうだったと思いますが、ハードコアとスラッシュメタルに影響されていた、と語る初期デモのサウンドは、スリーブにも堂々と、GBG HxCx (GBGはヨーテボリ/Gothenburgの略) と書いてあって、ハードコア・シーンから生まれたイギリスの初期デスメタル/クラストの空気にも通じる重厚クロスオーバー・メタルコア・スラッシュですが、この倦怠感と鈍さは、やはりスウェディッシュ・ハードコア・メタルならではでしょう。



ボックスに厚みがあるので、メール便は対応できないし、レターパック350もかなり厳しいと思いますが、これはもうガッツリいかない方が正常な思考じゃないと思うので、限定1000セットですし、これが売れなきゃBOYも御役御免と、いよいよ本気で腹くくる準備しなければならないであろう、超強力、心中覚悟の一生モノとして、イケるところまでプッシュします。これも遂にダメなら、もうミサイルどころの話じゃないよ!!!本当におしまいだぜーーー!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR