RECORD BOY

Vinyl Cult Death!!



・NUCLEAR DEATH - 5 Years of Death 4LP BOXSET ¥8800 (The Crypt)



本当に出た!!!スゲーもんが出てしまいました!!!!!カルト・ハードコア・メタル・レーベル Wild Rags Records作品の中で、BLASPHEMYの1st LPと並んでキング・オブ・カルトな伝説の女性Vo.グラインド・デスコア・メタル NUCLEAR DEATHの46曲入り4枚組LPボックスセットです・・・。ハンガリアンTORMENTORの購入を思いとどまった人の多くは、どうやらこのNUCLEAR DEATHの4枚組LPにターゲットを絞ってハラハラ・ドキドキしてたので、不意打ちをくらってしまってたようです。4枚組というフル・ボリュームのおかげで、本来ならこんな値段では到底販売できませんが、ギリギリの値段まで下げました。ちなみにレーベル直メールオーダーのお値段は$80で、送料が加算されると、もちろん$100ではおさまるはずないです。でもまぁ、これ以上値段を下げるんなら、最初から無理してオーダーしなきゃいいわけで、やっぱりNUCLEAR DEATHの4枚組と聞いた時、私は完全に興奮してしまったし、BOYのお客さんでも同じ気持ちで即オーダーしてくれた人もいましたので、これでカンベンしてください。





1-12 : Bride of Insect (90年1stアルバム)

13-17 : Wake Me When I'm Dead (86年1stデモ)

18-21 : Welcome to the Minds of the Morbid (87年2ndデモ)

23-34 : Carrion For Worm (91年2ndアルバム)

35-42 : A Symphony of Agony (87年3rdデモ)

43-46 : Vultures Feeding (88年4thデモ)





上記のとおり、1stデモから2ndアルバムまでコンプリートな、リアル・ヘルな内容です。グロッシーなゲートフォルド・スリーブとなって甦った1st LPと2nd LPのジャケにそれぞれ2枚のLPが入ってますので、つまり、2枚組LPがダブル・セットでボックスに納まってる、と考えてください。さらに、NUCLEAR DEATH信者にとっての最重要ポイントの一つでもある、素晴らしく奇怪なアートワークや写真の初公開資料 / ファンジン・インタビュー / ベースVo.のLori Bravo自身によるセルフ・ライナーノートなど掲載のブックレットと、2種のジャケ・デザイン・ポスターが付いてます。ナンバリング入り限定666セットで、ブラック・ビニール / イエロー・ビニール / グリーン・ビニールの3種が各ltd.222ずつになります。



NUCLEAR DEATHとBLASPHEMYの共通点は、何をやってるのかサッパリわかりゃしないのに、恐ろしくカッコいいという点です。南米の崩壊ノイズ・メタル並みのアナーキーな構成(ちゃんと構成らしきことを考えてるところが凄い)と即興グラインドの融合のようでもある、汚濁土石流デス・ノイズ。そこに、常軌を逸した状態となったバンドの全てをコントロールするように吠えるLoriのVo.が、なぜかキャッチーにすら聴こえてしまい、NUCLEAR DEATHの魅力と言うか、トラップにはまってしまいます。メタル・サイドから派生した、ノイズ・グラインドの走りの一つでもあったとも考えることができます。この歳になってコレをカッコいいなんて言うのはおかしいかもだけど、久しぶりに聴いてもやっぱりNUCLEAR DEATHは最高だ!!!







・MISERY - A Necessary Evil + Bonus Tracks 2LP ¥3600 (The Crypt)



オーストラリアのデスメタル・バンドの93年1stアルバムが、デモ音源も追加して、The Cryptからの2枚組でLP化再発!!ltd.200枚ブラック・ビニールとltd.300枚レッド・ビニールの2種入荷しています。



テクニカルと言うほどではないにしても、起伏に富んだゴリゴリのデスメタル・サウンドで、CANNIBAL CORPSEに代表されるダイナミックなUS東海岸タイプのデスメタル・ファンにカルトな人気を誇る名作です。初期SINISTERファンにもオススメできるかと思いますが、爆裂感がやはりダッチ・デスとは異なり、オーストラリアのバンドという予備知識を持って聴くからでしょうか、ABOMINATORあたりのOZデスの肉体的な硬質さもちょっと感じたりもできます。NYデスメタルの極悪さと、OZデスメタルの野蛮さを備えた、初期デスメタルのオブスキュア・クラシック!!







・TIMEGHOUL - 1992-1994 Discography 2LP ¥3600 (The Crypt)



Dark Descentから先にCDで発売されてオブスキュア・デスメタル・マニアに大好評だった、USミズーリ州出身デスメタル・バンドが活動時に残したただ2つの音源の92年 / 94年デモ収録アルバムが、The Cryptから2枚組アナログ盤もリリース!ポスター付きトリプル・フォールド・スリーブで、ltd.150枚ブラック・ビニールと、ltd.250枚ブラック/ホワイト・スプラッター・ビニールの2種入荷!!



SFを題材にしたテクニカルでプログレッシブなデスメタルがかなり激烈に炸裂してて、これは素晴らしいです。テクニカルなリフももちろん飛び出すけど、激しく起伏に富んだ楽曲を畳み掛けるようなスピードで場面展開を繰り返していく様は、明らかに80年代後期のテクニカル・スラッシュメタルを引きずっていて、MORBID ANGELやDEICIDEが、後期PESTILENCEやMEKONG DELTAすら思わせるプログレッシブな方向に深化したようにも聴こえます。目まぐるしいんだけど疾走感もバツグンで、初期グラインドコア・ファンも身を乗り出してしまいそうな爆走つんのめりスピードも爽快でカッコいいです。決して変態テクニカル系ではなく、デスメタル然とした感触とリフワークなので、US/北欧関係なく、全ての初期デスメタル・ファンに聴いてもらいたいです。The Cryptからアナログ・バージョンがリリース予定という事実からも、このバンドが所謂フュージョン・テクニカル系デスメタルではないことがわかってもらえると思います。RIPPING CORPSEが初期デスメタルの黒いジャリジャリ感になったら、こんなでしょうか?初期デスメタル・ファン必聴の発掘極上デス!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR