RECORD BOY

Metal Deadness!!



・NECROWRETCH - Putrid Death Sorcery LP ¥2600 / CD ¥2400 (Century Media)



スウェーデンのMORBUS CHRONに続いて、またしてもDetest Records & Me Saco Un Ojo出身若手デスメタル・バンドが、Century Mediaと契約。MLPと7"が好評だったフランスのNECROWRETCHの1stアルバムです。LPは重量盤でポスターも封入。ジャケ角打ちによるシワがちょっとあったので、なるべくきれいなヤツからお売りします。



前作 Now You're in Hell 7"はデスメタルの病的な鈍さを強調していて、フレンチ・デスメタルらしからぬ、素晴らしくダイハードな暴走ツイステッド・デスメタル作品でしたが、この1stフルアルバムは、Putrefactive Infestation MLPのスタイルに戻ったような作風です。と言いますか、のっけから容赦ない暴走ハイテンションで、これはちょっとデスラッシャーも狂喜させられるでしょう。速い!!とにかく速い、レイジング・サタニック・デス!!!Putrefactive Infestation MLPの時は、MORBIDが王道デスメタル・リフを多用したみたいと解説したけど、今回もその感じはありますが、もはやMERCILESS並みのデスラッシュ・スピードで突進していますし、めまぐるしい展開も控えめなので、とにかく暴走感が直線的です。Vo.はKREATORスタイルの吐き捨てシャウトで、これでリフもジギジギな直線刻みだと、MERCILESSやSADUS系列の王道デスラッシュになりますが、このバンドは、GROTESQUE ~ TRIBULATIONなんかの系統のスピード・サタニック・デスメタル、と言った感じです。これをCentury Mediaが出すなんて、まいりました!!カッコいいデス!!







・VALLENFYRE - A Fragile King LP ¥2600 / DIGIPACK CD ¥2400 (Century Media)



EXTINCTION OF MANKIND, HELLKRUSHER, ALEHAMMERなどの活動で、日本でもクラストコア・ファンにお馴染みのScoot氏が、PARADISE LOST, MY DYING BRIDE, AT THE GATESなどのメンバーと始めたUKデスメタル・バンドの1stアルバム・アナログ盤。2011年のデビュー7"EPは残念ながら入荷し損ねてしまってたので、気になってMe Saco Un Ojoオーナー氏に「Scootのデスメタル・バンドでどうなの?」って尋ねた時は「ありゃダメだ!」と言われてましたが、やっぱり1度は聴いときたくて、ちょっと遅れましたが入れてみました。CDはボーナス・トラック収録のデジパック・バージョンです。



しかしどうでしょう、これはUKデスメタル生き証人達による伝統芸能として、全然有りなのではないでしょうか?ENTOMBEDのストローク・リフ型直球デスメタルとPARADISE LOSTの1stのミックスといった感じで、昨今の血気盛んなヤング・オールドスクール・デスメタル・バンドにはない心地よさと懐かしさを、アラフォー・デスメタラーは感じられるかと思います。Scoot氏が参加してるせいも多分にあるとは思いますが、ENTOMBED他初期スウェディッシュ・デスメタル・バンドが(本人達が意識してたかは別にして)備えていた、スウェディッシュ・ハードコア経由でのDISCHARGEスタイルのビートなど、やはりハードコアと接していた初期Peacevilleを支えたUKデスメタル・ミュージシャンらしいド渋さがあると思います。これぞUKデスメタルな伝統と誇りを強く感じさせる、北欧の荘厳さとは異質の気品漂うエピックな旋律もグッときます。これは、アーリーPeacevilleスタイル・デスメタルだ!!







・UNCONSECRATED - Awakening in the Cemetery Grave CD ¥1500 (Chaos)



GRAVEYARDやATARAXYなどの活躍で、スパニッシュ・デスメタル・シーンの充実ぶりはだいぶ日本にも伝わってきてますが、このバンドはDark Descentから好内容のEPをリリースしながらも、ちょっとまだ地味な存在です。そのDark Descentからの7"EPと、2006年 / 2007年デモを収録した18曲入りコレクションCDです。



硬い音なのにパワフルで足技も超絶なドラミングと、重厚なリフのコンビネーションが、既に完成された感もあるカッコよさで、2000年代のスウェデス信者を虜にした、ストックホルムのKAAMOSっぽさも感じさせます。叙情的なアコースティックのギター・インストゥルメンタルも、付け焼刃には聴こえない、なかなかの味わいでキマってます。デモ音源でもやはりドラムが非常に心地よくパワフルで、スウェディッシュ・デスメタル・ファンには、かなりオススメのバンドです!!EPには、フィンランドのKRYPTSメンバーもバッキングVo.でゲスト参加していました。







・KRYPTS - Unending Degradation CD ¥1400 (Dark Descent)



フィンランド・ヘルシンキ出身デスメタル KRYPTSが満を持して遂に1stアルバムを発表。デモMLPと1st 7"も好評のうちに完売しましたので、このバンドのCDリリースを待ち望んだデスメタル・ファンは、日本でも多かったのではないでしょうか。



SENETENCED, AMORPHIS, DEMIGOD, DEMILICH, etcのフィンランド・デスメタル諸先輩方からの影響を公言しながらも、新世代らしい感覚で表現した、かなり壮絶な内容になっています。前作7"EPの延長線上ではありますが、アルバムで聴かせることを明らかに意識した作風で、DEMIGODスタイルの重厚な突進力と叙情性のコンビネーションを、より黒く退廃的にスロウダウンさせていて、現行フィンランド・デスメタル・シーン最前線を引っ張る、HOODED MENACEにも匹敵する表現力を身に付けています。過去のアナログ盤2作品とはまた違った魅力も見えてくる、力作と呼ぶにふさわしい内容です。



ここ最近は、スウェディッシュ・デス勢がちょっとメジャー・インディーな展開が多くなってきてますが、それに対してフィンランド・デスメタルは、やはりどれも根が暗いと言いますか、表面的にはCONVULSEやDEMILICHなどのような病的デスメタルの手法を用いてなくても、病んだ黒さが体内に根を張ってるバンドが多いと思います。US東海岸デスメタルも飲み込んだ冒涜激烈ダークネスなGOREPHILIA, MAVETH, CRYPTBORN, ゴリゴリ・アグレッシブなSTENCH OF DECAY, そして病的ズルズル・ドゥーム・デス極北のSWALLOWEDあたりは今後も注目です。そしてそれらの若手を引っ張るHOODED MENACEにも肉迫する圧巻の退廃混沌デスメタル・ワールドを、KRYPTSはこの1stアルバムで確立しています!!







・VORUM - Poisoned Void CD ¥1400 (Dark Descent)



Kill Town Death Festの参戦など、既にライブ・フライヤーで名前を良く見かけてたバンドで、以前にVASAELETHとのSplit 7"も入荷してたフィンランドのデスメタル・バンドです。母国フィンランドで先行発売されてた1stアルバムが、このたび、Dark DescentからUSバージョンがリリースされました。



Split EP w/ VASAETHでは、スウェディッシュ・デスの重厚さも感じさせる突進力が激渋でしたが、本作は前作Split時よりも、フィンデスらしいlowness & sicknessを強めていて、Dark Descentリリースのフィンデス、と聞いて、ある程度音が想像できるような現行オールドスクール・フィニッシュ・デスメタル・ファンには、申し分ない内容でしょう。Split EP w/ VASAELETHに提供してた曲も再録してますので、そのSplit EPを入手できてた方は(レーベルでは完売しています)、両バージョンの黒さの質の違いを聴き比べてみると、このバンドの魅力がよりクッキリ見えてくるかと思います。神経質に爆裂する混沌ツイステッドなデスメタル・ナンバーは、スウェーデンのMetal of Death一派や、ドイツのSepulchral Voice Recordsバンドとの共通性も感じさせます。むろん、MAVETHやGOREPHILIAなどのフィンランドlowデスメタル・ファンは必聴の注目株デス!!







・PAROXSIHZEM - S/T CD ¥1400 (Dark Descent)



日本のトゥルー・ウォーブラック・メタル・マニアの間では、まさしくカルト的な高い評価を得ているカナダのNUCLEARHAMMERメンバーによるバンドの1stアルバムCDが、Dark Descent Recordsからリリース。



NUCLEARHAMMERの魅力は、昨今のカナディアン・デス・ブラックメタルの主流とは一線を画す、と言うよりも対極にあると言ってもいいくらいの原始性で、構成やリフワークのカッコよさ, 高いミュージシャン・シップによる妙技などをエクストリーム・メタルに求めるリスナーを完全に突き放したような世界観だと思うのですが、このPAROXSIHZEMは、NUCLEARHAMMERのlownessと全く違う質感ながら壮絶なlow-endデスメタルで、これもまたかなり凄まじいデス!!INCANTATION, FUNEBRARUM, DISMA, IMMOLATIONなどに代表される、ペンシルヴァ二アやニュージャージーあたりのUS東海岸デスメタルの重厚暗黒lowデスメタルに、少しDIOCLETIAN的荘厳なRaw War系テイストもプラス。ちょっと感触が冷たいのが、カナディアンならではでしょうか。ANTEDILUVIANなどのファンも絶対に要チェックです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR