RECORD BOY

Deathrash till Death!!



・POSSESSED / DESECRATION - Split PICTURE LP ¥2000 (F.O.A.D.)



プロト・デスメタル・バンドとしてデス/ブラック・メタル・ミュージシャンからもリスペクトされ続ける、ご存じベイエリア・デスラッシャー POSSESSEDと、そのPOSSESSEDにも一時参加したメンバーが在籍した80'sサンフランシスコ・スラッシュメタル DESECRATIONとのSplitピクチャーLPがイタリアのF.O.A.D.からリリース。DESECRATIONでVo.を務め、ベーシストとしてPOSSESSEDに参加したメンバーと、またDESECRATIONのギタリストも亡くなったためにリリースされた、限定500枚の追悼盤です。しかし、非情な言い方をしたいわけではないのですが、追悼盤とか企画盤とか抜きにしても、両バンドの音源は凄く良い内容なので、かなりオススメの80'sスラッシュメタル発掘音源レコードです!!



POSSESSEDは91年デモと91年/92年リハーサルの6曲を提供。POSSESSEDのデモ音源はこれまで多くのブートレグでも流出してますが、今回発表されたリハーサル音源の方はどうやら初公開のようです。復活後、90年代初めのPOSSESSEDは、初期とは違ったカッコよさがあるのは、スラッシュメタル・ファンならばご承知だと思います。古くからのファンには、Mike Susのあのデコボコ・ドラミングが強烈に印象づけられてるでしょうけど、ここで聴ける音源は、MADDBALLなんかでもドラムの経験のある人がドラマーで、これが素晴らしくパワフル&タイトで最高にカッコいい!!テクニカルなリフで繰り出される、ハードコア寄りなSLAYER影響下直線型スラッシュメタルといった感じで、絶頂期WITCHES HAMMERとの共通性も強く感じてしまいます。



DESECRATIONは、New RenassanceのSatan's Revenge comp. LPにも参加してたので、覚えてる人もいるでしょう。写真が裏焼きになってた、あのバンドです。85年1st / 86年2ndのデモ2種と、86年スタジオ・アウトテイクの7曲を収録しています。A面のPOSSESSEDの音源は、DESECRATIONメンバーが参加してた頃の音源になるのですが、DESECRATIONの方のサウンドも、かなりPOSSESSEDに通じるスタイルで、プレ・デスメタルなリフワークのダーク・スラッシュメタルをドカドカ・ロウに叩きだしていて、カナディアンSACRIFICEの1stなどが好きな人にもオススメのカッコよさです!!言葉を詰め込みまくった早口字余りイーヴィルVo.も渋いです。あと驚いたのは、Mike SusもこのDESECRATIONに在籍してたようです。つまり、兄弟バンドによるSplitといったところでしょうか。そのへんの人事などについては、ジャケ裏に掲載のSnakepit MAGAZINE編集長のライナーノートが興味深いので、ぜひご覧ください。







・VADER - Sothis DIGIPACK CD ¥1500 (Witching Hour prod.)



ポーランド・デスラッシュ・メタル VADERの94年7曲入りミニアルバムが、本作とちょうど同じころの94年ライブ7曲をボーナスで追加した14曲入りで再発。観音開きデジパックの限定リリースです。



ポーランドや東欧のみならず、デスメタル・シーンを代表するバンドと言っても差し支えない大御所だけど、Reborn in Chaosデモの曲だけでライブやってくれ!とNWN!フェスでむちゃくちゃなオファーをされるくらい、アンダーグラウンド・デスラッシャーにも根強い支持を受けるバンドです。この作品も素晴らしい内容で、個人的にはデスラッシュと言うよりもエクストリーム・スラッシュメタルと言った方がピッタリくる、壮絶なサウンドが爆裂しています。故Doc氏の完璧に圧巻のドラミングはブラスト・ビートではなく、楽曲もSLAYERやDARK ANGELなどのスラッシュ・メタルをエクストリームに深化させたモノなので、当店らしく言うと、TYRANTS BLOODがオールドスクール・スラッシュメタルやってるような感じでもあります。テンション、パワー、テク、とにかく全てがモノ凄い!!ブーイングが多そうなBLACK SABBATHのカバーも、ちょっとTYPE O NEGATIVEっぽくて悪くないと思います。ライブではSLAYERのカバーもやってて、これはもうハマりすぎ!!







・MINKIONS - Distorted Pictures from Distorted Reality CD ¥1400 (F.O.A.D.)



CHILDREN OF TECHNOLOGYのベースがVo.を務めるイタリアン・クロスオーバー・スラッシャー。3 Way Split LP w/ BARBATOS & VOETSEK以来のリリースとなる、10曲入り1stフルアルバムです。



ジャケからも想像できるように、ACCUSEDから強く影響されたであろう、クロスオーバー・スピードコア・スラッシュです。アートワークがあまりにもモロなので、ACCUSEDのキャッチーなイメージだけをかいつまんで上手いことやってるだけのような気がして、正直あまりオーダーする気分になれなかったのですが、お問い合わせも数件あったので、入れてみました。ところがコレがけっこう意外なことに、いきなり1曲目からまるでVOIVOD(しかも3rd ~ 4thあたり)なメカニカル・リフとか、Funeral Fogイントロを借用したナンバーのFascist Pigとか、もちろんACCUSEDのスラッシュ要素は凄く大きな部分を占めているけど、スプラッター・テイスト皆無の、予想以上に硬派なクロスーバーです!!激速ナンバーは、ソリッドなCRYPTIC SLAUGHTERっぽくもあります。







・WARDOM - When Darkness Reigns CD ¥1400 (Metal Supremacy)



何年か前にスピードメタル時代の初期音源集LPがリリースされてちょっと話題になった、オーストラリアン・デスラッシュ・メタル ARMOURED ANGELの元メンバーがやってるバンドの5曲入りMCD。ARMOURED ANGEL周辺、というか初期音源集出してたAbysmal Sounds Recordsは流通が悪くてヤキモキさせられてきたけど、このMCDもOCTOBER 31とかSOLSTICEなどを出してる、堅物そうなドイツの正統派メタル系レーベルからのリリースで、非常に流通が悪いです。



ザックリ言ってMOTORHEAD系統のドライビングなロッキン・スピードメタルですが、曲調はキャッチーなのに、悪く言えばまるで華やかさがないと言うか、凄く無骨で男臭いスピードメタルが独特の味わいです。BLIZZARDに似てる曲があってもドランク・テイストはなくて、ムチャクチャに言いますと、正統派鋼鉄バンガーズがCHILDREN OF TECHNOLOGYみたいなことをやってる、といった風です。これは絶対に人気でないと断言します!!しかし、このレーベルらしい、非常に頑固ダイハードな魅力を強く放っています!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR