RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!



・ZATSUON - Violent Noiz Life 7" ¥800 (Distort Reality)



ex.NERVESKADEのVo.やPERDITIONメンバーらによるNYノイズコアの1st 7" EP。ジャケットをZYANOSEのToyo氏がデザインしてますが、外観も中身もまるで日本のバンドのようなノイズコア・クラスト全開レコードです!!



もはや、日本のバンドより日本らしいと言うか、今、ここまで王道のジャパニーズ・ノイズコア・クラストをやりきってるバンドは、日本にはなかなかいないかも知れません。CHAOS UK - CONFUSE - GLOOMと継承されてきたような、焦燥と衝動が交錯した性急なスピード感で落下するスピード・ノイズに、エナジー爆発のカオティックVo.がシャウト!!クラストコア・ファン必聴大注目!!







・DOOM - Total Doom 2LPs WHITE VINYL w/ SLIPCASE ¥3000 (Svart)



クラストコア・パンクを語るうえで避けては通れない最重要バンド、UKバーミンガムのDOOMの、Peacevileから89年にCDでリリースされた初期音源集が2枚組で初アナログ化!!88年1stアルバム War Crimes Inhuman Beings, 89年Splitアルバム w/ NO SECURITY, 89年7"EP Police Bastardを収録して、オリジナル盤同様にゲートフォルド・スリーブを再現したWar Crimesジャケットの上に、さらにスリップケースも被せた豪華な仕上がりです。Stick氏(ドラム)によるライナーノートも掲載したブックレットも付いてて、このテのバンドでこういう豪華な作りって無いから、クラストコア・ファンには嬉しいLPではないでしょうか。限定1000枚で、そのうちのltd.300枚ホワイト・ビニールです!!



E.N.T.と共に80年代後期のクラストコア・ルネッサンスの中心的バンドで、DISCHARGEをもちろん最大にリスペクトし、そしてそのDISCHARGEに影響された世界中のハードコア・パンクも貪るように聴いて育った次世代らしい、より過激で黒いプリミティブ・ハードコアをデビュー・アルバムで既に確立させています。暴力的なイメージの強かったE.N.T.に対して、DOOMは鬱で冷徹な感触がまたカッコよかったです。BLACK SABBATHのような1stアルバムのイントロはいつ聴いてもゾクゾクしますが、サバスのカバーをカッコよくキメてしまった最高傑作 Peel Sessionもぜひとも豪華盤で再発して欲しいものです。







・KVOTERINGEN - Samhallets Forradare CD ¥1400 (Dybbuk)



ex.TOTALITARのギタリストが始めたスウェデッシュ・ハードコア・パンクスの、2010年にFeral WardからリリースされていたLPに、EPの曲もボーナス収録した20曲入りCD!!



Kawakami氏とも交流の深かったTOTALITARギタリストがやってるということで、1stアルバムは初期DISCLOSEも思わせるロウ・ノイジーD-Beatサウンドが壮絶でしたが、このCDで聴ける音源は、重心の低いブルータルD-Beatっぽい感触が増強して、刻みリフのD-Beatナンバーなんかも披露したりと、Distortion Records系の大味ブルータルな90'sスウェディッシュD-Beat好きにオススメのサウンドにチェンジしています!!このex.TOTALITARのJallo氏は、実は他にも、NO SECURITY ~ DISCHANGE ~ MEANWHILE, FLESHREVELS, DISFEAR,etcにも参加してきた人で、スウェディッシュD-Beatの歴史とともに歩んできたミュージシャンと言っても過言ではない人です。ちなみにどの人かよく知りませんが、このバンドのメンバーはIN SOLITUDEメンバーなどと一緒に、PIG EYESというバンドも最近やってて、相変わらずアンテナをビンビンに張ってるFENRIZさんも注目していました。







・SOKEA PISTE - Ajatus Karkaa LP ¥1600 (Mouse)



確か当店にも以前何か入荷してた KYKLOOPPIEN SUKUPUUTTOというフィンランド・ハードコア・パンクのメンバーなどが在籍するバンドの2011年発表1stアルバム。このバンドはその筋では評判が良いそうで、本作品は1stプレスが完売しており、この2ndプレスは、大阪のPunk and Destroyさんのサザナミ氏のレーベル Mouse records (D-CLONEの1stアルバムCDなどをリリースしています)が、各国のレーベルと共同でリリースしたものです。



所謂フィンランドのハードコア・パンクと聞いて思い浮かべるタイプと全く違った、変則的なグルーミー・ハードコア・サウンドです。NEUROSISと共鳴してた後期CHRIST ON PARADE以降の90'sサンフランシスコ・グルーム・パンク系の匂いもあるけど、もっと言うと、BL'ASTのダイナミズム, さらにはBL'ASTが最も強く影響を受けたであろう、BLACK FLAG的な混沌屈折系ハードコア・サウンドがパワフルにきまってて、フィンコアVo.の独特な語感にまどわされることなく、80~90年代のUSHCが好きなオールドスクール・パンク・ファンにはぜひ聴いていただきたい濃厚な内容です。KAAOSのような突進ロウ・パンク・スラッシュかと思いきや、途中からまるでBL'ASTになる2曲目以降は、BL'AST的なダイナミズムで迫るナンバーを連発し、5曲目などはBLACK FLAGのCan't Decide風にも聴こえる不穏音階リフで神経衰弱化させる、BL'ASTのダイナミズムとBLACK FLAGの狂気をフィンランドで融合して爆発させたような個性的パンク集団!!こういうタイプでも、Vo.が絶叫とかlowトーンのブルータルなヤツになると90年代後期的で、だいたい毎度それでガッカリさせられてきたけど、このバンドはVo.も非常に80年代的でナイスです。これに目をつけて再プレスに名乗り出たMouse Recordsにアッパレです!!







・KOHU-63 - Lisaa Verta Historiaan LP + 7" RED VINYL ¥2600 (Svart)



この初期フィンランド・ハードコア・パンクの激レア名作LPまでも、Svart Recordsからオフィシャル再発!!このアルバムの制作の際に歌詞の変更を余儀なくされた2曲のオリジナル・バージョンを収録したボーナス7"EP付きで、限定1000枚プレス。そのうちのltd.300枚レッド・ビニールでの入荷です!!



82年にPoko Recordsから発表されたこの1stアルバムは、憂いは帯びずに、北欧民謡的に牧歌旋律を取り込んだようなキャッチーな楽曲を、バツグンの荒々しさで叩きつけながら直線的に疾走するトロール・パンク・スラッシュの代表的名作です。日本でも90年代後期あたりから人気が定着した、北欧アタック・パンクなどと呼ばれる一連のバンドの中でも、スウェーデンのASTA KASKと並んで代表的な存在と言えます。2012年末にリリースされた日本のハードコア・パンク・オムニバス Raw Punkz comp.に収録されてるようなバンドが好きな人は、絶対に聴いておくべき最重要バンドの一つです!!







・RAW POWER - S/T (Demo 1983) TAPE ¥800 (F.O.A.D.)



イタリアン・ハードコア・パンクを代表するバンドの歴史的名作、83年1stデモが、F.O.A.D.から再発!!既に再発盤で出尽くしたクラシック音源ではありますが、オリジナル・フォーマットでの再現で、これはリハで無駄に曲数の多い音源集CDなどより完全に嬉しいリリースです!!ライブ写真も掲載したスリーブや、鮮やかなブルーのテープも良い雰囲気出てます。



世界各国の名だたるハードコア・パンク・バンドが集結したWelcome to 1984 Comp.で、一際クレイジーなスラッシュ・コアを聴かせ、日本でも当時から人気の高かったイタリアン・パンク・レジェンドです。ジャパニーズ・ハードコア・ファンには、鉄アレイが昔カバーしてた事でも有名です。絶叫スタイルの始祖とされるVo.と、故Giuseppe氏のハードロックをベースにしたギター・プレイによる表情豊かなソロやバツグンにキャッチーな楽曲センスなど、激しいスラッシュ・ハードコア・サウンドの土台が、しっかりしたミュージシャン・シップによって築かれていたのがわかります。とは言っても、この1stデモのキレっぷりは最上級で、1stアルバムの時点で実は既にハードロッキンなテイストも見事に導入していたことを考えると、デビュー音源の本作デモがロウ・スラッシュとしてのRAW POWERの絶頂と言えるかと思います。







・UPSET NOISE - Ribellione Controllata ONE-SIDED LP BLACK VINYL ¥1900 (F.O.A.D.)



キチガイのようなスラッシュ・サウンドのバンドが多かった初期イタリアン・ハードコア・パンクの中では、最初から最後までイマイチ地味な存在だったUPSET NOISEの、84年Split 7"と85年単独EPの間に録音されてた幻の84年デモ音源を、イタリアのF.O.A.D.が発掘再発。片面のみの8曲入りで、反対面はシルクスクリーン・プリントが施されています。限定300枚プレスで、そのうちのカラー盤より少ないプレス枚数のltd.100枚ブラック・ビニールです!!



このバンドは売れないだろう、と思って消極的なオーダーをしてしまいましたが、コレはイタリアン・パンク・スラッシュ・ファンならば必聴レベルの素晴らしい音源です!!ドラマーは後にNEGAZIONEでも叩く人のようですが、後期UPSET NOISEとは違った感じでクロスオーバー・テイストも少しあって、それがイタリアン・スラッシュの性急なスピード感をミックスされてて、80'sスピードコア好き全員にオススメでもあります!!クロスオーバーと言ってもメタル・ギターの導入などではなく、2ndまでのD.R.I.みたいな感覚を、猛速イタリアンにブチかましてます。







・WRETCHED - Libero di Vivere Libero di Morire LP LIGHT BLUE VINYL ¥1900 (Chaos Produzioni)



お待たせしました!カラービニールで各種再入荷しました!!カラー盤は今回が最後の入荷になるそうです。3種とも程度の軽いジャケ角打ちによるシワが入ってるので、キレイなモノから売っていきます。



イタリアの F.O.A.D. Recordsのディストリビューションで、遂にあのイタリアン・ハードコア・レジェンド、WRETCHEDの作品がアナログ盤で各種オフィシャル再発!?!?!?しかし、Chaos Produzioni名義でオフィシャル再発なんて、本当でしょうか??F.O.A.D. Recordsはオフィシャルと言い切って案内してきたし、まさかWRETCHEDと同じ国でレーベルとショップやって生活しながら、ここまで堂々とブートを作って売るという神経もちょっと考えられないし、マトリックスもガリガリ削られてません。この件に関して、F.O.A.D. Recsが面白い説明をしてくれまして、どうやらこのレコード、今から20年くらい前にプレスされたものだと言うのです。「レコードによっては、ラベルに経年による日焼けのくすみがあるのが何枚かあるはずだ」と言うのでよく見てみると、確かにあります。ジャケとインナーをこの度作って、カラー盤はほぼ日本のみに、黒盤を含めてもかなり少ない枚数で流通したそうです。つまり、所謂お蔵入りレコードというヤツで、ちゃんとしたリリースだったのに、再発を望まなかったメンバーには認められなかった Lotta Per Vevere CDのように、おそらく20年前に盤だけ作ってしまってから、メンバーの誰かがリリースを嫌がったため、今まで発売されなかったのでしょう。なので今回も、リリースを嫌がってた関係者の目の届かないところで、こっそり流通して終了させたいのだと思います。WRETCHEDらしい面白い話なので、これはちょっと信用してみようと思います。



ツルツル・テカテカにグロッシーな質感のジャケで、インナーもオリジナルに似たレイアウトですが、やはりツルツルの紙質になってます。そしてちょっと時期がズレちゃってるポスター付き!!これは、後期音源集LPと共通してるので、たぶん多く作りすぎて、こっちの1stにも入れたんでしょう。この84年発表1st LPは、EPで聴かせてた焦燥感に満ちた猛速スラッシュにドライブ感も加わって、ある意味、ハードコア・スラッシュとしてピークを迎えていた頃のWRETCHEDの集大成と言えるかと思います。R&Rフィーリングを表現しようとするギターと、土台をガクガクに揺さぶりながら突っ走るリズム隊。だいぶ曲に合わせるような乗せ方にはなってきたけど、それでもほぼ怒りながら喋ってるような感じのヴォーカル。もう、全員の志向が崇高且つバラバラです。しかも曲展開がけっこう分かりずらい。今聴いてみると、ちょっとVOIVOD的なムチャクチャさも感じましたが、DISCHARGEだけを聴いていたのでは絶対に到達し得ない、奇跡のハードコア・パンク・スラッシュが味わえる大傑作名盤です!!







・WRETCHED - La Tua Morte non Aspetta + In Controluce LP DARK PURPLE VINYL ¥1900 (Chaos Produzioni)



こちらは86年MLP "La Tua Morte non Aspetta"と88年ラスト7"EP "In Controluce"をまとめた8曲入りで、カタログ・ナンバー Chaos Produzioni 11となってます。ジャケはツルツル・テカテカにグロッシーな質感のゲートフォルド・スリーブで、画像には載ってませんが、一緒に出た Libero di Vivere Libero di Morire 再発LPにも付いてるのと同じデザインのポスターも付いてます!!



よくあるこの当時のハードコア・パンク・バンドの後期とは一線を画す終末が美しいのがWRETCHEDの魅力の一つでもあります。ダーク・ゴシック・パンク系にも通じる音色とギター・プレイで、Mortarhate Recs系アナーコ・ハードコア・パンクを表現したような、退廃美も漂う曲調を、相変わらずバカみたいにデッカイ音のリズム隊が空気を読まずにパワフルに演奏しています。久しぶりに聴くとホントかっこいい!!妖艶なベンチャーズみたいなギターソロもサイコーです。







・WRETCHED - Con il Potere Che tu Stesso Gli Hai Dato... LP CLEAR GREEN VINYL ¥1900 (Chaos Produzioni)



そして恐らく最も人気が集中するであろう、必殺の初期激レアEP集!!カタログ・ナンバーはChaos Produzioni 12です。ゲートフォルド・ジャケで、ブックレットとステッカー付き。ファースト・リリースの82年Split 7" w/ INDIGESTI, 83年単独1st 7", 84年2nd 7", そして82年~84年のライブを収録しています。全パートが凄まじいけど、この初期EPの頃は、やっぱりなんと言っても、Vo.のムチャクチャさが突出しています。世界初、いや、世界で唯一の早口言葉コアとでも言うべき、言葉をギュウギュウに詰め込んだVo.はいつ聴いても狂ってる!!速弾きギターや激速ブラスト・ビート・ドラマーはいても、速口Vo.は、このWRETCHEDのGian Mario氏くらいでしょう。バッキングのスピードを完全に追い越してしまったVo.は、ポテ―レ!!を連呼します。もちろん、焦燥感に満ちた猛スピードの演奏も最高にカッコよくて、字余りでわめき散らすVo.と重なり、唯一無比のカオス・スラッシュを生み出しています。本物のクレイジーなロウ・スラッシュを求めてるのなら、メタル度ゼロだけど、スラッシャーにもぜひ聴いてもらって、仰天してほしいです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR