RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!



・MAXIMUM ROCKNROLL - October 2012 #353 ZINE ¥500



USサンフランシスコの老舗パンク・マガジンの、最新号じゃなくて恐縮ですが、興味深い内容だったので久しぶりに入荷させてみました。



AGAINST THE GRAIN, DESPERDICIO, DISTURD, LASTLYの4バンドによるオムニバスEPが、UKのImminent Destruction Recordsと東京のNarm Discosの共同で年内にもリリースが予定されているのですが、その4バンドのショート・インタビューと、Imminent Destruction Recordsオーナー氏のインタビューが掲載されています。そしてANTI-CIMEXのインタビューも掲載!!激渋なレア写真も載ってて、これは頑張って訳して読みたくさせてくれます。







・DESPERAT - First Two and A Half CD ¥1400 (Dybbuk)



またしても中南米人にやられたか・・・?と、送金後9カ月が経過して、いよいよ対抗措置に出ねば、と考え始めた時に、よーーーやく到着!!!MOB 47メンバー3人+WARVICTIMSのVo.によるスウェディッシュ・ハードコア・パンクの、Demokrati Eller Diktatur? 7", Suicide Attack 7", Split w/ GIFTGASATTACK提供曲に未発表も加えた、14曲入りコレクションCD!!限定100本のカセットでも先にリリースされていたそうですが、このバンドのCDリリースを待ち望んでいたハードコア・ファンは多かったのではないでしょうか。



ある意味予想通りのサウンドであり、しかしノスタルジーでも若者に迎合したスタイルでもない、正真正銘のスウェディッシュ・ハードコア・パンクが素晴らしいです。予想通りと言ったのは、やはりMOB 47を彷彿させるマンゲル・スラッシュ系のつんのめり性急スピード・スラッシュのノンストップ波状攻撃。そこに、90年代以降のスウェディッシュ・ハードコアが世界に先駆けて開拓した、ロッキンな暴走テイストもプラスした、これぞ2000年代を駆け抜けるスウェディッシュ・パンク・スラッシュ!!UKHC影響下のバンドが大半だった80'sスウェディッシュ・ハードコア・パンク・シーンで、DISCHARGEやVARUKERSなどのUKHC以外にも、USHCのスピードもイチ早く導入して、他のバンドとは違ったスピードコア・スラッシュを表現していたMOB 47の人達がやってるのですから、曲のキャッチーさは絶妙すぎます。UKのGERIATRIC UNITとともに、オッサンをもうならせるイブシ銀のレイジング・ハードコア・パンクス!!







・BLUE CROSS - Mass Hysteria LP ¥1800 (Shogun)



IRON DOGSの1stアルバムが日本ではメタル&パンクの両界隈で大ヒットして話題を呼んでいる、ex. BASTARDATOR / 現IRON DOGSのJo氏が、あふれ出るイマジネーションを具体化すべく別方面で活動してるゴス・ウェーブ・パンク・バンドの、2010年録音限定500枚1stアルバム!!



このバンドはJoが全楽器を担当して、Vo.に女性を迎えた2人編成。Joがドラムを担当していたBASTARDATORはメタルコア・スラッシュだったけど、ダーク・ゴシックなこのバンドでもJoのラフな演奏は良いアクセントとなっていて、KILLING JOKEなどに影響された80'sアナーコ・パンク的なガレージ感覚を生み出しています。しかし曲調は終末感漂う退廃の悲哀を表現したようで、妖しいメロディーを淡々と歌い上げる女性Vo.も曲調に見事にマッチしています。USポートランドのESTRANGEDに代表される近年のダーク・ウェイビー・ポスト・パンクをチェックしてる人はもちろん、女性Vo.パンク・ファンにも断然オススメです!!







・BLUE CROSS - I am Death LP ¥1800 (Noxious Noize)



こちらは2012年新作2ndアルバム、ステッカー付きの限定400枚です!!Joのラフな演奏が良い味を出していた1stアルバムとは、いくぶん趣の違う作風で、キーボードの重要度が増した曲調も増えて、黒い退廃感がかなり増強されています。バンド・サウンドを聴かせるナンバーは相変わらずガレージなロウネスも楽しめますが、女性Vo.の妖しいメロディー以上に、CHRISTIAN DEATHなどを思わせる退廃美が強く主張していて、これはやはりJoの楽曲センスによるところでしょう。まだ若いくせに、このJoって男は、毎度いやらしいくらい80's好きのツボを突きまくってきます!!女性Vo.を起用してるところにパンクスらしさを残してますが、JOY DIVISIONなどのダーク・ネガティブな悲哀が好きな人もぜひチェックしてみてください!!







・TRAGEDY - Darker Days Ahead LP ¥1600 / CD ¥1500 (Tragedy)



アナログ盤も出ました!2000年代のハードコア・パンクを代表するバンド TRAGEDYの、前作以来6年ぶりとなる4枚目のアルバム。2000年代アンダーグラウンド・ハードコア・シーンを席巻し、DIYな活動に徹底しながらも、MTVキッズ・パンク・バンドと肩を並べる人気と地位を確立したモンスター・バンドです。Feral Ward Recordsを運営するYannick氏は前身バンドのHIS HERO IS GONE時代からデスメタルも愛聴し、レーベルではINEPSYなどもリリース。ハードコア・バンドとしてスタートしたBOMBS OF HADESは1st EPでメンバーがTRAGEDYのTシャツを着てたし、最近だとBEGRIME EXEMIOUSがHIS HERO IS GONEのTシャツを着てました。WOLFPACK, DISFEAR, INEPSY, WORLD BURNS TO DEATH, HIS HERO IS GONE, そしてこのTRAGDYなどが、メタル系ミュージシャンにも人気の高い近年のハードコア・パンク代表格と言えます。カードボードのエンボス・フォールド・スリーブCDです。



ハードコア・ファンが待ち望んだ作品ですが、賛否両論を巻き起こしています。ガッカリだ!の声も少なくありません。そしてその反響も非常に納得できる作風です。なんと言っても、速い曲がほとんどない!!もちろんこのバンドの最大の特徴である叙情は健在です。しかしそれが凄く内向的な叙情で、アトモスフェリックなドゥームコアのような感覚です。疾走スラッシュ・パートを極度に後退させたHIS HERO IS GONEのようでもあります。HIS HERO IS GONEのエクストリーム/パワーバイオレンス風味を排除して、オールドスクールなハードコア・テイストを強めたサウンドでデビューしたTRAGEDYの1stアルバムに、当時の世界中のハードコア・ファンは熱狂しました。でも、繊細なコード・リフで聴かせるエモ・スラッシュみたいなのをTRAGEDYがもうやる必要は無いということです。そういうのは、薄っぺらいブラックメタル・クラストとかにやらせておけばいいです。そして、本作こそが、今のハードコアを取り巻く現状を強く表したサウンドではないでしょうか。前作 Nerve Damageみたいなのやられたら、それこそガッカリでしたが、これは聴き応え満点の意欲的力作として、ハードコア・ファンにも聴きこんでもらって正当な評価をしてほしい!!そしてエクストリーム系メタル・ファンは、以前よりもさらに無視できない存在となった、現代ハードコアのキングです!!CDも再入荷してます!!







・WILD MOHICANS - S/T 7" ¥700 (self release)



USポートランド・ハードコア・パンク・シーンで注目されてるという新鋭バンドの2曲入り1st 7"EP。数年前までは、この辺のバンドは何かリリースすれば、日本でもそれなりに反響もあったものですが、残念ながら、このバンドはまったく話題となっていないようです。意地悪な言い方をすれば、それもしょうがないといった感じのサウンドで、まぁ、目新しさは特にないです。でも、パワフルでドライビンなロッキン風味もありながら重厚な感触は、POISON IDEAから受け継がれるポートランド・ハードコア・パンクの伝統とも捉えることができますし、最近だとカナダのPROXYみたいな、ワイルドだけどUK82的なキャッチーさもあって、Black Water Recordsが注目してディストリビューションしてるのも納得の、骨太なハードコア・パンクは全然オッケーだと思います。



P.R.O.B.L.E.M.S.やBURNING LEATHERのようなアダルト路線ばかりじゃ面白くありません。ポートランド・クラスト的な華やかさがないのがマイナス要素なのかも知れないけど、いかつくてワイルドなUSHCが好きな人はぜひチェックしといてください!!







・HELLKRUSHER / DEADLY REIGN - Continuous Warfare SPLIT 7" ¥800 (Rescued from Life)



なんとまだ(また?)やってたーーー!!!D-Beatパンク全盛期、90年~2000年代にUKポリティカル・ハードコア・シーンを担ったHELLKRUSHERの新作Split EPです!!このジャケ・アート、そして飛び出すサウンドは、たぶん10年以上は聴いてなかったタイプの、あのベッタベタ90's D-Beatまんまで、これはちょっと感動的です!!!



ENERGITIC KRUSHERというメタルコア・スラッシュ・バンドのVo.のAliと、HELLBASTARDギタリストで大のDISCHARGEマニアだったScottyが、HELLKRUSHERを結成したとされています。90年にRKTからリリースした1st LPは、Scottyの速弾きギター全開な激渋メタルコアでしたが、2ndアルバム以降はD-Beat路線をひた走ります。この新作は、セカンド・ギタリストのScootが中心となってやってるE.O.M.的なメタリック・パートも絡めるけど、あの王道の90's D-Beatパートは完璧に健在です!!若い人が聴いたら、どう思うんでしょうか。たぶん、クソつまんない!としか思われないんでしょうけど・・・。しかし、これが正真正銘の90's D-Beatだ!!と思います。ちなみに、Scootは最近、PARADISE LOSTメンバーらとオールドスクール・デスメタル・バンド VALLENFYREをやってます。Me Saco Un Ojoオーナーに1年位前にVALLENFYREはどう?って聞いた時は「つまんねー!」と言ってましたが、気になる人はチェックしてみましょう。



DEADLY REIGNはテキサスのバンドで、WORLD BURNS TO DEATH, GLYCINE MAX / SCARRED FOR LIFEのメンバーがやってるという、こちらもなかなか興味深い新バンド。で、こちらのD-Beatもカッコいい!!WORLD BURNS TO DEATHがスウェディッシュD-Beatっぽくなった感じです。こういうバンドは久しく聴いてなかったけど、こっちのバンドにあまり懐かしさを感じないのは、90's disコア(と敢えて言いたい)も踏襲したデスメタルの、BOMBS OF DEATHやTORMENTEDなどを普段聴いてるからかも知れません。これは久しぶりにちょっといい、ベタベタなオールドスクールD-Beat Splitレコードだと思います!!SYPHILITIC VAGINASリリースでお馴染みの、Rescued from Lifeから出てます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR