RECORD BOY

Total Dooommm!!



・INDESINENCE - Vessels of Light and Decay DIGIBOOK CD ¥1800 (Profound Lore)



ex. GOAT MOLESTER, BINAH, ESOTERIC, etcでも活躍してきた実力者揃いのロンドン・ドゥーム・デスメタル、INDESINENCEの新作アルバムがProfound Loreからリリース。Weird Truth prd.からリリースされてMe Saco Un Ojoがアナログ化した前作 Neptunianから6年ぶりとなります。24ページ・ブックレットと一体化したハードカバー・デジブック・ジャケット!!



USニュージャージーのEVOKENに代表される、デスメタル・サイドからのドゥーム・アプローチのトップを行くバンドの一つと言って差し支えないと思います。叙情哀愁旋律を幾重にも重ねて圧倒的なハーモニーで聴かせる、MOURNFUL CONGREGATIONに代表されるようなフューネラル・ドゥーム的メランコリーではなく、デスメタルのリフワークやリズム・パターンを基盤にした遅く重厚なサウンドです。しかし、ESOTERICにも通じる、妖艶ですらあるアンビエントなクリーン・ギターのパートがやはり絶品!!今回はその退廃エピックなパートはあまりしつこくなく、途中、Tom G. Warriorシャウトも飛び出すようなCELTIC FROST型疾走デスメタル・ナンバーもあったりしますが、だからこそ余計に暗黒叙情に引き込まれます。それと、曇天と夕闇が交錯する情景を写したブックレットの写真の数々が素晴らしい!!これには、切なさを助長させられます。







・EVOKEN - Atra Mors DIGIPACK CD ¥1500 (Profound Lore)



叙情派フューネラル・ドゥーム・ファンと暗黒デスメタラーの双方に熱烈に支持されるUSニュージャージー産ドゥーム・デスメタルの、2012年発表新作アルバム!!Profound LoreからリリースのデジパックCDです。



デスメタルの方法論とヒューネラル・ドゥームの叙情が絶妙に交錯したサウンドが、EVOKENの最大の特徴だったと思いますが、前作 Split w/ BENEATH THE FROZEN SOILなどは、かなりドゥーム要素がまた盛り返してきた印象がありました。そして今回もその傾向に拍車がかかっています。グロウルするVo.はデスメタルの野獣性を維持し、不透明なバランスの音触が不穏さを掻き立てますが、ドゥームメタルの王道パターンを踏まえたスロウネスで終焉的世界感を表現しています。EVOKENファンにとっての重要ポイントであろう、クリーンな音色の荘厳メロディーももちろん随所に散りばめていて、それに加えて今回はキーボードの重要性もかなりの比率を占めています。フューネラル・ドゥーム・ファン/デス・ドゥーム・ファンが待ちに待った入魂の新作デス!!







・WITCH MOUNTAIN - Cauldron of the Wild DIGIPACK CD ¥1500 (Profound Lore)



USオレゴン州ポートランドの女性Vo.ドゥーム・メタル・バンドがProfound Loreから6曲入りアルバムをリリース。97年結成で、本作は3枚目のアルバムになるようです。実にポートランドらしい個性を発揮してるサウンドで、CHRISTIAN MISTRESSのような女性Vo.ハードロック・ファンはもちろん、そしてアメリカン・ドゥームメタル・ファンも要注目でしょう、これは!!



楽曲はブルージーなテイストもあるドゥーム・メタルなんだけど、力強くも透明感のある女性Vo.のせいか、北米の雄大な自然が目に浮かぶような、非常に澄んだドゥーム・ハードロックです。ACID KINGやLOST GOATなどにあったアシッドなドラッグ要素がまったく無くて、これは単にエモーショナルとかで済ませたくない、歌心あふれる女性Vo.の透明感が素晴らしさに依るところだと思います。ハーモニーの多様も凄くいいです。基本はアメリカン・ドゥームの伝統を踏襲したダイナミックなサウンドで、GOATSNAKEあたりのストーナー・ドゥームに、サイケ・ヒッピー要素を後退させたJEX THOTHをミックス、といった感じでしょうか。







・ETRNAL ELYSIUM - Highflyer CD ¥1000 (Cornucopia)



ジャパニーズ・ストーナー・ドゥームメタルの重鎮であり、リーダーの岡崎氏はスタジオ・エンジニアとして愛知パンク・シーンでも頼られる存在である、ETERNAL ELYSIUMの新作CDEP!!大日本プロレス・石川晋也選手のテーマの表題曲と、フラワー・トラヴェリン・バンドのカヴァーも含む4曲入りです。



プログレやサイケなど以外にも、メタルの範疇を越えたアプローチで、これまで様々なバンドとの競演やSplitを実現してきた彼ららしい、実に多彩なストーナー・ロックを聴かせてくれます。ホーンセクションも導入した、ドゥームのダウナーなイメージをくつがえすような、ブリブリのストーナー・ドゥーム・ロックが堪能できます!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR