RECORD BOY

Doom Torture!!



・OFFICUM TRISTE / OPHIS - Immersed SPLIT CD ¥1400 (Memento Mori)



90年代中期から活動するオランダのゴシック・デス・ドゥーム・メタル OFFICUM TRISTEと、ドイツのブラック・ドゥーム・メタル OPHISによる、絶望一直線悲哀スロウ・ダークネスSplit CD!!オブスキュア名作再発から現行バンドまで鋭いセレクションのオールドスクール・デスメタル系と、スラッジ/フューネラル/デス寄りなど、幅広いアプローチのドゥーム・メタル系作品をここ最近精力的にリリースしてる、スペインのMemento Moriからの4曲入りCD。各バンド2曲ずつ、トータル40分弱にも及ぶ絶望大作デス!!



OFFICUM TRISTEは単独作も数種リリースしてるベテランですから、もう完璧に出来上がったゴシック・ドゥームで、いまさらどうこう言う必要のない完成度です。黒さに重きを置くよりも退廃的な美しさに傾倒してるのがうかがえる、鍵盤の役割が非常に重要なゴシック・ドゥームで、ANATHEMA, MY DYING BRIDE, KATATONIAのようなロマンチックなダークネスに浸りたい人は確実に必聴です!!



OPHISはより殺伐とした、エクストリーム・メタルとしての核を強く感じさせる、非常に芯の強いフューネラル系ドゥーム・デスメタルです。同じ重くて荘厳なドゥームメタルでも、陶酔感が支配する前半のOFFICUM TRISTEと雰囲気はガラッと変わって、馬力全開のドラミングとデスメタル・リフのコンビネーションを基盤にした圧倒的ドゥーム・デスメタルは、MOURNFUL CONGREGATIONやESOTERICなどのファンには聴き応え満点の内容でしょう!!







・BADR VOGU - Exitium CD ¥1400 (Memento Mori)



DELIRIUMの再発以降、無名でもなかなか面白い再発&現行バンド作品を数々リリースしている、スペインのMemento Moriからリリースされた、カリフォルニア・オークランド産ドゥーム・スラッジコア・メタルの1stアルバム。このMemento Mori Recordsは、実は10年ほど前はハードコア・パンク系のレーベルに携わってた人がやってるのですが、レーベルの特色としては、90年代の初期オブスキュア・バンド再発や、北欧シーンにも引けを取らないここ最近の充実ぶりが伝わってくる自国スペインのバンドなど、オールドスクール・デスメタルが中心です。そしてそれらのデスメタル・リリースと並んで、ドゥーム系のセレクションも興味深いものが多く、DELIRIUMの再発には完全にノックアウトされてしまいました。



本作品は、ジャケとロゴのカッコよさにイッパツで気になったんだけど、サウンドは久しぶりに登場した感のある、これぞオークランド・ドゥーム・スラッジ!な感じで、かなり懐かしい気分になれます!!これもまた、Memento Moriらしいリリースと言えるでしょう。EYEHATEやGRIEFに代表される、2000年代初期USのパワーバイオレンス・シーンを震源地とするドゥーム・スラッジコアを再現したようなサウンドで、ASBESTOS DEATHやBRAINOILなどを彷彿させます。泥臭いブルージー・リフを引きずり回すパートは、SLEEPやBUZZOV-EN, WEEDEATERなどのファンにはたまらないでしょう。1曲目のリフは、かなり初期HIGH ON FIREっぽい気がしましたし、BRAINOILとのSplitのみを残して消えた幻のバンド CRUEVO (後にメンバーはMatt Pike氏らとともにKALASを結成)のような、アポカリプティック且つストーンドなクラスト・スラッジ(今で言うクラスト・ドゥームとはちょっとニュアンスが違います)も思い出しました。







・RIGOR SARDONICOUS - Ego Diligio Vos CD ¥1400 (Memento Mori)



結成は80年代後期で、これまでにもアルバムを数種発表しているNYのドゥームメタル・バンドの2012年新作アルバム。DELIRIUMの再発以降、無名でもなかなか面白い再発&現行バンド作品を数々リリースしている、スペインのMemento Moriからのリリースです。



以前はEVOKENに在籍してたメンバーも参加してたそうで、このバンドもデスメタリックなドゥーム・サウンドが特徴だけど、これはかなりダイハードなスロウ・デスでスゴイです!!叙情メランコリー皆無のフューネラル・ドゥーム・デス、といった感じで荘厳さも漂ってるんですが、音響系とのリンクやヒーリング要素を頑なに拒み、しかしENCOFFINATIONのような、やったもん勝ち的な極北ではなく、エクストリーム・メタルの原始性の追及の末にスロウネスにたどり着いたような感じです。とにかく、直球勝負の遅さが痛快すぎる!!CELTIC FROST要素はないけど(冒頭のオーケストレーションはちょっとTo Mega Therionっぽいと言えば言えなくもないけど)、WINTERやDIVINE EVEなどの退廃さもどことなく漂います。ドゥーム・デス・ファンならば必ずや陶酔できる力作デス!!







・DOOMSTONE - Without Prayer CD ¥1600 (Root of All Evil)



先ごろスウェーデンの老舗カルト・デスメタル・レーベル To The Death Recordsがアナログ再発してたDOOMSTONEの94年1stアルバム Those Whom Satan Hath Joinedに、94年デモ / 未発表 / 2000年2ndアルバム Satanavoidから抜粋した曲も収録した20曲入りコレクションCD!!たぶんもう活動はストップしてるレーベルからの2003年リリースなので、おそらくデッドストックだと思います!!



DECEASEDメンバーによるUSヴァージニア産カルト・デスメタル・バンドで、1stアルバムは、ツブの粗いソリッドなデスメタル・リフでサタニック・オカルト・メタルを演奏したような独特のスタイルが最凶なカルト名盤。sickなデスメタル・テイストを残したまま切れ味が生まれたNECROPHAGIAがへヴィメタルのルーツにさかのぼったような、はたまたCELTIC FROST要素のなくなったDREAM DEATHがDEATH S.S.系オカルト・メタルと出会ったような、など、どう言っていいかわからないけど、とにかく唯一無二のカルト・ブラック・ドゥーム・へヴィメタルが大爆発!!NECROPHAGIAとDEATH S.S.を例えに挙げてフと思ったけど、ちょっと初期SIGHにも通じるアヴァンギャルドなオカルト・ブラック・デスラッシュ・メタルにも聴こえます。Satanavoidアルバムになるとさらに暴走しちゃってて、何と言いますか、DISCHARGEで言えばMassacre Divine的な迷作!!まったくもって、最凶サイコーのバンドです。へヴィメタル, スラッシュメタル, ドゥームメタル, デス/ブラックメタルの全てが凝縮された異形のアングラ・メタル・カルト!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR