RECORD BOY

Dethroned Metal!!



・NEUTRON HAMMER - Iron Storm Evocation CD ¥1500 (Primitive Reaction)



フィンランド・ブラックメタル・デスラッシャーの1stアルバムがPrimitive Reactionからリリース。これまでのリリースはサウンドからジャケやメンバーのルックスまで、なかなかのインパクトを放っていたので、どの作品も好評だったけど、この1stフルアルバムは、ある意味キャッチーだった今までのイメージをブチ壊す、ダイハード野郎にも手応え十分の内容で勝負してきました!!



バンド名はSPEAR OF LONGINUSの曲名から取ってたらしいですが、本作では確かにOZバンドにも通じるバイオレンス・テイストを強めています。日本で人気のフィンランド・ブラック・デスラッシュ URNと同じ種類の冷徹さでも、スラッシュの切れ味は完全に排除し、鈍い感触を強調してるので、豪州バンドのバイオレンス性により近づいた感があります。しかし決定的に違うのは、サウンドの根っこの部分。このNEUTRON HAMMERは、完全にCELTIC FROSTルーツのブラックメタルなので、SPEAR OF LONGINUSあたりのSODOMルーツOZバンドとは、近づくことはあっても永遠に交わることのないサウンドだと思います。DESTROYER 666の初期などの方が近いかもですが、荘厳でドラマチックな激烈さは一切なし。CELTIC FROSTを起源とする冷徹ブラック・デスラッシュをひたすら原始的で暴力的に仕上げた、フィンランド極悪黒鋼鉄!!



* ジャケ・ブックレットにスレや折り目があったものが数枚ありましたので、キレイなものからお売り致します。







・SATANIC BLOODSPRAYING - At the Mercy of Satan CD ¥1400 (Hells Headbangers)



Hells Headbangersからデビューの正体不明ブラックメタル!!ボリビア出身らしいのですが、サウンドはまるでIMPALED NAZARENEの1stのようなバイオレンス・サウンドで、ブラックメタル・マニアの間でちょっと話題の8曲入りデビュー作です!!



サイバー・パンク・サド・メタルなどと名乗ったりしてたIMPALED NAZARENEのように、冷たく無機質な暴走ブラックメタル・サウンドは、普通の南米ブラックメタルなどよりも断然ハードコアです。途中、BATHORYみたいな曲もありますが、ブラックメタルの地下臭よりも、IMPALED NAZARENEとSplitもリリースしてたDRILLER KILLERスタイルのコールド・バイオレントなハードコアの爆裂感と勢いが強いです。これはIMAPALED NAZARENEファンならば、1度は絶対に聴かねばなりません!!







・ABYSS - The Reins of Horror TAPE ¥700 (Dark Descent)



ex. RAMMER / ex. SLAUGHTER STRIKEのヴォーカル David氏がまたしても新バンドを始動!!交流の深いクラスト・パンク・バンド LEGION 666メンバーもいるようですが、これがバンド名変える必要のないくらい、SLAUGHTER STRIKEを継承したハードコア・デスラッシュ・メタルで、予想以上に予想通りで最高デス!!!



しかし後期SLAUGHTER STRIKEは、唯一のレコード・リリースとなったMLPで、緩急をつけた曲調を聴かせてたので、やはりバンド名は変える必要があったのかも知れません。このABYSSは、デモ時代のSLAUGHTER STRIKEと同じ路線で、後期RAMMERのテンションと爆裂さを継承しつつ、デスメタル・テイストとハードコア・テイストが見事にブレンドされたサウンドで、これが爽快ブルータルにかっこいい!!!ロウ(low & raw)なデスメタルのパーツで構成されててもタイトな疾走感なので、ハードコア・ファンに激烈オススメの爆走デスメタルです。日本で言えば324や、デモCDRが大反響だったASSEMBRAGEなんかの雰囲気が好きな人も絶対にチェックしてください!!







・RELIQUARY - Nothingness Victory TAPE ¥700 (Dark Descent)



ANTEDILUVIANメンバーらによるカナディアン・ドゥームの1stデモテープが、限定250本でDark Descentからリリース!!



レーベルはフューネラル・ドゥームという言い方も使ってますが、叙情旋律などは一切ない、ドローン系とスーサイダル系の中間のような極悪デプレッシブ・ドゥーム!!悲哀を誘うのではなくて、ひたすら絶望を叩き出すかのごときパワー・ドローン・ドゥームに、SILENCERなども脳裏によぎる、断末魔とも精神錯乱ともとれる発狂スクリームが乗ります。WORSHIPに代表される、絶望暗黒ドゥーム好きは必聴&注目!!







・THEVETAT - Disease to Divide CDEP ¥800 (Dark Descent)



Weird TruthからディスコグラフィーCDが出たCEREMONIUM, Dan Lilker参加ブラック・デスメタルということで当店でも90年代は反響のあったHEMLOCK, Liz & Aliciaの女性2人を擁したスラッジ・クラスト・ドゥーム・バンドで日本でもパワーバイオレンス系ファンに人気のあった13, さらにINCANTATIONでもサポート・ギタリスト経験のある、90年代からNYを中心にUS東海岸のアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・バンドを渡り歩いた Thomas Pioli氏のニュー・バンドが始動!!



もちろんCDRではなくてプレスCDですが、3曲入りのペーパー・スリーブで、どうやらデモンストレーション的なデビュー作のようです。Dark Descentがリリースに関与してるように、基本はオールドスクールなデスメタル・バンドですが、いきなりブラックメタリックな2ビートに掻きむしりリフでスタートして、随所にThomas氏のエクストリーム・メタル遍歴を感じさせる内容となっています。SINISTERやMORBID ANGELなどの系統にある、スラッシュ・タッチなソリッド・リフとテクニカル・デスメタル・リフを駆使してツイステッドに暴走するスタイル。USデスメタルのブルタリティーとフィルシーな極悪さを凝縮した、今後も要注意の大ベテランによる新鋭デスメタル!!







・DISABLED - When All is Slayed... 2CDs ¥1800 (Armee de la Mort)



大人気のメタル・ドローイング・アーティスト、Chris Moyen氏の弟が在籍してたフレンチ・オブスキュア・デスメタルの、97年に発表した唯一のCDミニアルバムと、92年/93年/95年デモとライブを収録した2枚組ディスコグラフィーCD!!



USデスメタルに近いスタイルで、初期のSINISTER, MORBID ANGEL, DEICIDEなどの影響を感じさせるMCD音源は、没個性と言われればそれまでですが、なかなかのものですし、初期のデモは90'sオブスキュア・デスメタルとしての魅力満開で、初期デスメタル・マニアには文句なしのコレクション・アルバムでしょう。今回は少量の入荷なので商品解説もこれくらいにしておきますが、最後にもうひとつだけ言わなくてはいけないのが、ジャケ・ブックレットに多数掲載のChris Moyen氏アートワーク!!これはMoyenファンには嬉しいCDです。







・ABHOTH - The Tide + Demos CD ¥1200 (Dark Descent)



Dark Descent RecordsからCDも出ました!!MACABRE ENDやDISSECTIONのEPリリースで初期スウェディッシュ・デスメタル・ファンにはおなじみのCorpse Grinder RecordsからEPを1枚出していた、オブスキュア・スウェディッシュ・ バンドのディスコグラフィー!!



92年EP, 89年EP, 91年EP, 95年EP, 90年~91年の未発表リハーサルを収録した全20曲で、各音源によってスタイルも微妙に違います。89年1stデモではちょっとデスコア・グラインド寄りのサウンドで、FEAR OF GODなどの初期グラインド・スラッシュ・ファンにもオススメできそうな内容です。メンバーはNAPALM DEATHや WEHRMACHTのTシャツも着てて、最初期デスメタルならではの、スピードコアに触発されたエクストリーム・スラッシュが楽しめます。しかし91年デモから、これぞ初期スウェディッシュ・デスメタル!な醍醐味が炸裂して、激しく展開する陰鬱スラッシュに、エモーショナルな叙情的旋律のギターソロが鋭く切れ込んでくる北欧型デスメタルの王道サウンドが絶品!!人脈をたどって考えれば、GOD MACABRE ~ UTUMNOから現在のBOMBS OF HADESにまで継承されてるスタイルの原点と解釈も出来ます。スウェディッシュ・デスメタル・ファンはもちろん、初期デスメタル・マニア全員必聴でお願いします!!







・CRYPTBORN - Born from the Grave 7" WHITE VINYL JAPANESE EDITION ¥900 (Detest)



ようやく販売開始デス!!!Dark DescentからのデモCDが好評だったフィンランド・デスメタルの2曲入り1st EPがDetest Recordsからリリース。「今回も日本限定仕様やるから」と、いつものように強引なDetest Recordsに言われてから半年以上が経過し、6月頃から海外でこのEPのニュースを聞き始めたので、やっと出たのか~、と到着を待つが音沙汰なし。西洋人の特権であるサマー・ロング・バケーションに突入したので、もう少し待ってやってろうかと思ってるところに、"Detest Recordsはもうやめることにします"とのアナウンス・・・。オイオイ、なんなんだ、Detest Recordsさんよ!!!待てど暮らせどレコードは届かないと思ったら、もうレーベルはやめますって、こっちはアンタの人生の思い出づくりに付き合って協賛してるんじゃないんだぜ!!!あー、もういいからさっさと、やめちまえーー!!などと取り乱しても仕方ありません。こんな話はいつの時代も腐るほどあるのです。バンドに悪気や責任などはもちろんありませんし、それどころか内容は素晴らしいです。あやうく黒盤で送りつけようとしてきたレーベルに猛抗議して、なんとか当初の予定通りのwhite vinylで送らせました。日本語帯も付いてます。



MAVETHのメンバーが3人参加しているフィンランド・デスメタル・バンドで、INCANTATION系暗黒デスメタルが北欧オールドスクール・デスメタルと出会ったようだったデモCDと基本は同じ路線ですが、デモから確実に成長してるのがハッキリと感じられます。ジャリっとした感触と叙情フレーズが特徴的なギター・ワークはスウェディッシュ・デスメタル的で、デモよりもスロウ~ミドル・テンポの重厚で荘厳なパートが格段に素晴らしいです。BOLT THROWERが北欧の冷淡な叙情を取り込んだかのようで、ドカドカのファストなパートも流れるようにアトモスフェリックです。Nuclear Winter, Dark Descent, Detest, Me Saco Un Ojo, あたりのレーベル・ファンは間違いなく必聴の傑作デス!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR