RECORD BOY

Death Kult from Far East!!



・NECROPHILE - Mementos in the Misting Woods LP JAPANESE EDITION ¥1800 (Me Saco Un Ojo)



お待たせしました、Me Saco Un Ojoからのアナログ盤がようやく到着デス!!いつものように日本流通限定仕様での入荷ですが、レーベルがプリントをミスったりして帯の制作にいつも以上に時間が掛かってしまいまして、今回はノリ付けされてない状態で帯がくるまってます。MESSIAH DEATH, TRANSGRESSOR, そしてMESSIAH DEATHメンバーが発刊していた伝説のファンジン Deathrash Mayhem ZINEなどとともに東京にデスメタル・シーンを築いたバンド NECROPHILEの、NAUSEA (LA)のEPなんかも出してたBaphomet Recordsからの92年EP, 91年オムニバスCD提供曲, 89年2ndデモ, 88年1stデモ, そして91年LAでのライブを収録した全11曲入りコレクション・アルバム。ltd.100枚のpurple vinylも入荷してますので、ご希望の盤色をご指定ください!



MULTIPLEXのVo.も兼任してたベース&Vo.の大熊氏, 初期HELLCHILDのベースも担当していたギターの松永氏, そして当時はTRANSGRESSORも兼任して、現在もANATOMIAで日本デスメタル・シーンの牙城を死守するドラムの田中氏の3人編成。BATHORYのレコードのサンクス・リストにメンバーの名前が載ってた知る人ぞ知る西東京のCRUCIFIXION, 現UNHOLY GRAVEの小松氏がやってたDEATHPEED, そして大阪のBELETHなどと並んで、日本でデスメタルをイチ早く実践した伝説のバンドです。ハードコアからのクロスオーバーでS.O.B.とROSE ROSEが海外のEarache周辺のグラインドコア/UKHCシーンとも交流を始める中、MESSIAH DEATH / Deathrash Mayhem ZINEの小久保氏周辺の西東京を拠点にしたNECROPHILEやTRANSGRESSORも海外シーンとコンタクトを積極的に取り、NECROPHILEは91年にUSミニツアーを敢行します。LAでのギグはSADISTIC INTETNTが、バージニアでのギグはDECEASEDがオーガナイズをしたという事実だけで、いかに彼らが海外のデスメタル先駆者バンドとともにシーンを切り開くべく活動していたかがわかると思います。余談ですが、関係者の方からうかがった当時のUSツアーの際の逸話もまた興味深く、フレンドリーなナイスガイだったSADISTIC INTENT周辺はやはりデンジャラスなシチュエーションで、命知らずだった自らの行動は今となっては冷汗モンの思い出だそうです。



NECROPHILEのサウンドは、親交の深かったUSのデスメタルに共通する点が多いです。不穏音階のグルーミー・パートもテクニカル・リフも明らかに北欧のデスメタルとは異質で、さらにグラインドコアからの影響も強かったと思います。USツアー時には、NAUSEA, EXCRUCIATING TERROR, ROTTREVORE, DOOMSTONE, etcとセッションして交流を深めたと、当時のNo Deceptionファンジン掲載インタビューで大熊氏が回答してた通り、それらの交流が見事にNECROPHILEのサウンドの血肉となった、素晴らしく激渋な初期デスメタルのダークネスが堪能できます。日本でオールドスクール・デスメタルが根付かない現代に於いて、このNECROPHILEがUS西海岸デスメタル・ファンを中心に海外での知名度の方が高いというのは嘆かわしいことですが、これを機にぜひジャパニーズ・デスメタル・レジェンドを体験してみてください!!!







・WORMRIDDEN - Infesting the Grave 7" JAPANESE EDITION ¥900 (Me Saco Un Ojo)



ANATOMIAの中心メンバーであり、TRANSGRESSORやNECROPHILEなど、日本デスメタルの黎明期から重要バンドで活動し続け、多くの海外デスメタル・ミュージシャンにもリスペクトされるTanaka氏がドラム&Vo.、そして日本でもオールドスクール・デスメタル・ファンの間で話題となったデンマークのUNDERGANGのギターVo.であるDavid氏がベースとギターでレコーディングされた、日本 + デンマーク・デスメタル・プロジェクト!!David氏の運営するカセット・レーベルから今年発表して、初回分が即完売した2曲入り1stデモが、Me Saco Un Ojoからアナログ盤7"EPで登場しました。いつものように日本流通限定仕様での入荷ですが、レーベルがプリントをミスったりして帯の制作にいつも以上に時間が掛かってしまい、今回はノリ付けされてない状態で帯がくるまってます。ltd.100枚のgreen vinylも入荷してますので、ご希望の盤色をご指定ください!



先ごろリリースされたANATOMIAの新作アルバムが、これまでのANATOMIAサウンドからさらに深層に踏み込んだようなドゥーム・デスメタル作品であったのに対して、このWORMRIDDENは、ドゥーム・デスメタルの典型と凶裂を突き詰めたようなサウンドで、もーー、とにかく完璧に極悪渋!!!遅いパートがひたすらに遅いのは当たりまえですが、重厚で冷徹な感触が強くて、AUTOPSY系の遅さよりもWINTERやASBESTOS DEATHなどのクラスト・ドゥーム系の冷たい感触と黒さにも近い気がします。この感触はUNDERGANGにも通じるので、David氏が持ち込んだものでしょう。そして対極的なスピード・パートはオールドスクール・デスメタルな疾走感と、ベスチャル・デス系の凶暴さを備えたような暴走パートも駆使してまして、この暴走邪悪ブラック・デス・パートが身震いするくらい素晴らしくカッコいいー!!!ドゥーム・デス・ファン全員必聴、そしてVASAELETHやGRAVE MIASMAなどのファンにもぜひ聴いてほしいデス!!!







・ABIGAIL / NUNSLAUGHTER - Fucking Satan SPLIT PICTURE 7" ¥1000 (Hells Headbangers)



知名度の高いバンド同士の対戦だけど、卸売りは一切せずに、複数枚買いも受け付けなかったため、ダイハードなマニア以外には存在もほとんど知られることなく販売されていた、2011年発表Split EPがピクチャー盤でめでたく再発!!オリジナルプレスは限定366枚で、当時、何度交渉しても却下されたので、この再発は嬉しいです。そして実際に聴いてみたら、コレクターズ・アイテムで終わらせるにはもったいなさすぎる会心の内容で、思わずガッツポーズです!!



NUNSLAUGHTERはアメリカン・デヴィル・メタルの名に恥じない、ダイハードなデスメタルが素晴らしく凶劣すぎるナンバーで勝負。オブスキュアUSデスメタルの特徴の一つでもある、スラッシュメタルとハードコアをルーツとしたデスコア・スラッシュを、黒く病んだ狂気で覆ったサウンドが、今回はちょっとNECROPHAGIAのようで最高!!これは誉め言葉なので勘違いしてほしくないのですが、こんなん、絶対に売れるわけない音です!!



ABIGAILはYasuyuki氏とYouhei氏の2人で録音された2010年新曲2曲を提供。まずは、ブラックメタル時代の初期でもここまでモロなブラックメタル・ナンバーはあまりなかったのでは?と腰を抜かしてしまう、まるでFuneral FogなMAYHEMicブラックメタル全開の Night of the Reaperが超凶悪!!Youhei氏のドカドカ・パワフルなドラミングと、冷たいブラックメタル・チューンのマッチが極悪にきまってます。続く Violent Forceは、BATHORYやCELTIC FROSTタイプのプレ・ブラックなスラッシー・リフ&疾走感をパンキッシュ且つライトにドライブさせてて、これはかなり初期MIDNIGHTっぽくてノリノリです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR