RECORD BOY

UKHC Legends!!



・VARUKERS - Another Religion Another War 12" ¥1400 (Havoc)



やってくれました、Havoc Records。ハッキリ言って今までのHavocによる再発で一番うれしいのはコレです。UKハードコア・パンク VARUKERSの最高傑作、84年発表8曲入りMLPが再発!!!90年代中期に7"EPの2枚組という変則的な仕様で再発されてましたが、オリジナル・フォーマットを再現した再発は今回が初。若いコはDeadly Games編集盤で見慣れてるジャケ・アートかもしれませんが、オリジナル盤は当時から本当になかなか見かけなかったし、この8曲は本当に神掛かっています。Deadly Gamesアルバムとはワケが違うんです。もう興奮して乱暴なこと言いますが、これ聴いたらVARUKERSにはシンガロングなパンク・ナンバーとかいらないの!!奇跡の名盤とはまさにこのことです。言うまでもなく現DISCHARGEのVo.のRat氏以外の本作でのバック・メンバーは、全員が後のSACRILEGEメンバー。この作品発表後、Rat以外は一斉にVARUKERSを脱退してSACRILEGEを結成します。最高傑作として永遠の人気を誇る本作ですが、Ratにとってはホロ苦い思い出もある作品だそうです。



しかしこの8曲は本当に凄い。もう1回言いますが、神掛かってるとしか言いようがありません。この作品をパンクスとの日常会話の中でメタルパンクとか言うと失笑されるのがオチだけど、スラッシュメタル色やメタル・フレーズ皆無でDISCHARGEインフルエンスドの極上最高級メタルパンク・サウンドを実現させています。実際、SACRILEGEとの共通性も随所に感じられますが、メタリック・リフも無いし、小休止パートも一切無し。A面に針を落とした瞬間からB面終える最後まで、ずーーっと同じテンションと同じスピードで狂ったように突き進みます。必聴です。もうそれしか言えません。Havoc Recordsから同時リリースのNEUROOT 12"のほうが、ハードコア・パンク史における事件的再発盤なのに、BOYはNEUROOTよりこのVARUKERSをたくさんオーダーしてしまいました。







・BAD BEACH - Songs from the Deep 2CDs ¥2000 (Boss Tuneage)



通マッチすぎるLate UKHCパンク・リイシュー!!1st LPをManic Earsからリリースしてたバンドの、その87年1stアルバムと88年2ndアルバム, そして未発表曲12曲を収録した2枚組ディスコグラフィーCDです。メンバー自身によるライナーノートの日本語訳と帯が付いた、Waterslide Recordsによる日本流通盤!!



Manic Earsのサンプラー・アルバムに収録された曲は「びびびびびびびび!!!!」ってVo.が申し訳ないけど非常にカッコ悪かったのを覚えてますが、Trapped in a Scene UK HARDCORE 1985-1989 ブックで著者が絶賛してるように、当時のUKHCシーンの中でもオリジナリティーあふれるサウンドを追及していたのが、このディスコグラフィーを聴くとよくわかります。今で言うエモコアではない、DCインフルエンスドなエモーショナル・パンク好きはぜひチェックしてみてください!メンバーが被ってたVISIONS OF CHANGEみたいな感覚が好きな人にもオススメかと思います。







・FROGS OF WAR - All Said and Done CD ¥1500 (Boss Tuneage)



80年代後期から90年代始めにかけて活動したUKメロディック・パンクの、90年発表LPに同年1stデモと91年未発表をプラスしたディスコグラフィーCD。メンバー自身によるライナーノートの日本語訳と帯が付いた、Waterslide Recordsによる日本流通盤!!



HDQに強くあこがれていたバンドのようで、サウンドも中期以降のHDQや後期EXIT CONDITIONなどを思わせるUKメロディック・サウンドです。あまり知名度はないそうですが、これはそのテのファンには申し分ないクォリティーでしょう!!80年代後期~90年代初期UKの雰囲気には違いなけど、5曲目なんかはまるでBLITZのNew Ageだし、Late 80's とか抜きにして、とても聴きどころの多いバンドだと思います。







・WANTON THOUGHT - S/T CD ¥1500 (Boss Tuneage)



80年代後期から90年代始めにかけて活動したUKハードコア・パンクの、オムニバス提供曲/EP/デモをまとめたディスコグラフィーCD。Waterslide Recordsによる帯付き日本流通盤!!



John Peel氏はかなりのお気に入りだったそうだけど、このバンドはもう不運と言うより、地道にやってても当人達がハナから売れたいとかいう気持ちが皆無だと人知れずに消えていくんだな、というのがわかる良い例じゃないでしょうか。サウンドは文句なしのUKメロディック・スラッシュで、DEFAULTのEPにも引けを取ってないと思います!!なぜこのサウンドで、当時全然話題にならなかったのかが不思議です。でもメンバーの写真見ると、売れるわけないってのも納得。デモなんかMortarhateからリリースしてるバンドのようなレイジング・スラッシュで、AYSのEPとか好きな人にもオススメできそうです!!





*Boss Tuneageリリースのジャケ画像をクリックするとBoss Tuneage Records商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR