RECORD BOY

Southern Death Cult Metal!!



・DEIPHAGO - Satan Alpha Omega CD ¥1400 (Hells Headbangers)



フィリピン出身/現在はコスタリカを拠点にするDEIPHAGOの3rdアルバムがHells Headbangersからリリース。80年代末に産声を上げ、2006年の1stアルバムで世界中のノイズ・ウォー・ブラックメタル・ファンを熱狂させたカルト・バンドなだけに、常に期待と注目を集める宿命を背負ってますが、本作はそんな狂信的な信者の間で早速賛否両論が巻き起こってます。確かに、これは再生して演奏を聴いた瞬間に今までとの違いに気づくはずです。今回のアルバム、なんと、音がキレイ!!!しかし、今まで土石流濁音などと表現してきた、あの泥水のような汚さがない、と言われると軟弱化したように思われがちですが、DEIPHAGOは全然真逆の方向に突き進んでいますから凄い。ハッキリ言って、演奏や曲調は前作2ndより1stにかなり近くて、暴力的な演奏のフルスピード崩壊ブラックが炸裂しまくってますから、キレイな音と言うと語弊があるかも知れません。以前は汚い音のせいで何をやってるのかわからなったのが、本作では分離の良い音質のおかげで各パートの爆裂っぷりが際立った、SODOMのObsessed by Cruelty(オリジナル・レコーディング)的な ”何やってるのかわからない" へと変化しています。生身の汚さと言いますか、とにかく暴力的衝動を抑えきれないようなノイズ・ブラックが激烈にカッコよすぎる!!



へヴィメタルの伝統の踏襲と破壊を同時に表現していたSARCOFAGOのスピード・カオスと、エクストリーム・ノイズの方法論の一つとしてブラックメタルを選択したとも捉えることのできるBEHERITのノイズ・アサルトが交錯したような、ブラックメタル・パイオニア2大バンドの意思を一つにした凄い作品ではないでしょうか。方法論は違えど、ファズ・ギターでガレージにVENOMを追い求めるSATAN'S SATYRSや、 OZデスメタルのエクストリーム・バイオレンスでObsessed by Crueltyを追及するVOMITORなどと、ある意味同じリスペクト&デストロイ精神でエクストリーム・メタルを探求してるバンドのように思えてきます。1stアルバムの衝撃が今も忘れられない人は、この作品は受け入れられないかもしれません。しかし凄い!本当に凄いんです!!プリミティブ・ノイズ・ウォーブラック・メタルに未知の可能性を感じさせるような作品なんて、普通はありえません!







・PERVERSOR - The Shadow of Abomination 7" ¥800 (Iron Bonehead prod.)



7"EPでアナログ盤も出ました!!現行チリ産ブラック・デスラッシュの中でもトップクラスのセンスと人気を誇るPERVESORの2011年5曲入り最新作!!



PERVERSORの最大の魅力とも言える、BATHORY meets MASTERなバーバリック・ブラック・デスラッシュ・タンク・チューンが今回も爆裂しまくりデス!!!前半はイーヴィルなパウンディング・ブラック・スラッシュな印象が比較的強いので、今回はBATHORY寄りで攻めてるかな?と思いきや、要所要所にMASTERっぽいブルータル疾走パートも組み込んできて、そしてラストのREPULSION "Slaughter of the Innocent"カバーは、もうMASTERのカバーかと思うような、ハードコアなストローク・リフで爆走する重戦車暴走ナンバーでサイコーにカッコいい!!BASTARD PRIESTなどが好きな方にもかなりオススメできるカッコよさです!!







・TOXODETH - Demons Black Metal Demons CD ¥1500 (American Line)



Wild Ragsからのリリースでお馴染みのメキシカン・カルト・デスラッシュ・バンドですが、このCDはブラックメタル・スタイルでレコーディングしていた、90年/91年/92年/2003年/2004年のデモ全33曲を収録しています。Wild Ragsファンにも中南米デスラッシュ・ファンにも外すことのできない素晴らしきカルト・バンドのTOXODETHが、ブラックメタルになってたなんて全然知らなかったけど、これがまたかなり強烈な内容デス!!



演奏はヨレヨレだけど、ミステリアスな叙情メロディーといかにも中南米のバンドらしいノイジーなブラックメタル・サウンドが極上のミスマッチで、MUTIILATIONを中心とするフレンチ・カルト・ブラックメタル集団 Black Legionsの残虐悲哀極黒鋼鉄にもちょっと通じるものがあります。しかしこのCDは時代をさかのぼるように進行するので、CD前半の2003年/2004年音源が終わって90年代初期の頃に突入すると、まさしく、ブラックメタルに触発されたあのカルト・ポンコツ・テクニカル・デスラッシュ・バンドのTOXODETH、と聞いて想像できる通りのインチキ・ブラックメタルで震えてきます!!完全にブラックメタルの上っ面の雰囲気だけを取り入れようとして意味不明なことになっているのがバレバレで、しかしまだTOXODETHらしさがあるデスラッシュな曲調もあるので、ペルーのHADEZと似た退化と捉えることができます。南米カルト・デスラッシュ/ブラックメタル・ファンは言うまでもなく必聴!!







・REENCARNACION - 888 Metal CD ¥1500 (Tribulatiocion prod.)



コロンビアが生んだ究極のデス・ノイズ・メタル、REENCARNACIONの88年1stアルバムが、ジャケを変えた2011年新装バージョンCDで入荷!!NWN!からの再発LPは廃盤になってからもう数年経ちますし、これはファンには嬉しい再発です。



これをメタルと呼んだら良識あるメタル・ファンに怒られそうなほどの、理解不可能デタラメ・デストロイ・メタルの最凶カルト・クラシック。欧米のサタニックなスラッシュ/デスメタルに影響されたと思える箇所もあるけど、衝動を上回る独創性をブチ込んでしまった結果、まるで小学生がピカソの絵を模倣してしまったような、完全に収拾不能な前衛的変態雑音スラッシュに到達しています。コロンビアのここらへんの連中の凄いところは、他の南米諸国バンドの未完成状態とちょっと違う、根拠のない自信に満ちあふれたような雰囲気が漂ってるので、腹立たしさを掻き立てます。しかし、これぞキング・オブ・アナーキー・ノイズ・メタル!!永遠のデストロイ・カルト究極作品です!!!888!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR