RECORD BOY

Evil Deathrashing Mad!!



・RUINS - Chambers of Perversion TAPE ¥700 (Dying Victims prod.)



イマイチ地味な存在ながら過去作品も好評だったジャーマン独りブラック・スラッシュメタルの2010年ミニアルバムがジャケット・アートを変えて限定333本ナンバリング入りカセットで再発。オリジナルはUSのレーベルから限定250枚の10"でリリースされてましたが、気づいた時には既に完売していて、その時レーベルには結局VASAELETH / VORUM Split 7"だけオーダーした悔しい思い出のある作品です。ナンバリング100番台のレッド・スリーブ/レッド・テープと、ナンバリング200番台のホワイト・スリーブ/ホワイト・テープの2種入荷してます。



他作品もカッコいいので期待してましたが、やっぱりコレはレコードも入れたかった!!今回もBATHORY meets ジャーマン・スラッシュなイーヴィル・ノイジー・ブラック・スラッシュが爆裂してて素晴らしいです。一番最近の作品のSplit EP w/ SLAUGHTERED PRIESTではDESTRUCTION系のジャーマン・ブラック・スラッシュも思わせたけど、ここでは初期KREATOR的なドカドカ突進スラッシュにBATHORYの1stをミックスしたような、ブラック・スラッシュの理想形を聴かせてくれます。1stアルバムもそうでしたが、このバンドはロウ・ノイジーなサウンドが最高の感触で、KREATORの破壊的なアグレッションとBATHORYのコールドなロウネスが一体となったみたいで、とにかく今回もカッコいい!!







・ENTRENCH - Inevitable Decay LP ¥1900 (Blood Harvest)



このロゴとジャケ・アート。80年代スラッシュメタルを満喫した人ならビビッとくるでしょうが、そうでない人にとっては理解不能のセンスでしょう。スウェーデンのスラッシュメタルの1stアルバムで、昨年2011年にCDでリリースしてたモノのBlood Harvestからの限定300枚アナログ化です。



アナログ盤の需要は年々落ち込む一方ですが、これはアナログ映えするクサレ・ジャケとB級スラッシュ・サウンドで、持ってて嬉しくなるようなLPです。4人編成のうち2人は長髪でスウェジャンですが、残り2人もムサ苦しかったらもっと良かったです。DARKNESSあたりのジャーマン・スラッシュとSLAYER影響下スラッシュメタルなどを基礎に、つんのめるようなかなり速いビートはMERCILESSからHYPNOSIAに受け継がれた猛速スウェディッシュ・スラッシュの伝統も漂わせていて、没個性ながら熱くてピュアな申し分ないオールドスクール・スラッシュメタルです!!Iron Bonheadあたりのリリースよりも、I Hate Recsのスラッシュメタル・バンドが好きな人は必聴要チェック!!







・DEFLAGRATOR / NECROMANCER - Split CD ¥1500 (Austral Holocaust)



イタリアン・オールドスクール・サタニック・スラッシュメタルSplit CD from Austral Holocaustぉぉggghhh!!!!!世界各地でリップオフ野郎の烙印を押されてきたペルー・デスメタル GOAT SEMENのVo.がやってるレーベルからのリリースです。これまで何度も言ってきたように、当店も過去に被害にあってますし、リップオフ・レーベルの常套手段として、アメとムチ的な使い分けと言いますか、やりとりがスムーズだったり全く問題なく商品を送ってくることもあるんだけど、いきなり音信不通になってドロンされるというパターンが多いので永遠に油断なりませんが、被害にあって数年間クリアになってなかった他国の某レーベル・オーナー氏も「あの野郎、やっとトレード品を送ってきたぜ!!中身とジャケが違うのもあったけど・・・」と言ってましたので、今年はまぁ普通にやる年と決めてるようです。なのでちょっと気になったこのイタリアン・スラッシュメタルのSplit CDも入れてみたんですが、コレが内容が素晴らしいのでまた厄介です!!



どっちのバンドもイーヴィルなスラッシュメタルですが、お互い違った持ち味で存分に楽しませてくれます。前半のDEFLAGRATORはジャーマン・スラッシュを土台にした北欧のチンピラ・ブラック・スラッシュメタル風で、DIE HARDやAURA NOIRなどのファンにオススメ!!爽快ダイナミックな直線的刻みに小賢しピロピロ・リフも組み込んで、キャッチーなコード進行にも展開しながらバツグンのドライブ感&ドカドカ・パワフルに突進します。そして6曲目から音の感触がガラリと変わって、後半のNECROMANCERは始まった途端に熱くなるのをこらえて小さくガッツポーズしたくなるようなカッコよさ!!こっちのバンドはイーヴィルなダークネスが南米バンドっぽくて、まるでMorbid VisionsとSchizophreniaのちょうど中間のようなダーク・デスラッシュが激渋カッコいいぞーー!!!ロウなドカドカ・ドラムもカッコよくて、MUTILATORファンも楽しめるでしょうし、ジャーマン・スラッシュ好きも必聴。とにかくカッコいい、オススメ注目のバンドです!!









・MORDAZ - Detrimento CD DIE HARD BOX ¥2400 / REGULAR CD ¥1500 (Austral Holocaust)



南米コロンビアン・ベスチャル・クラスト・デスコア・グラインダーズ!!2009年にもアルバムを1枚発表しているようで、その1stからもボーナスで3曲収録した全18曲入りの2011年2ndアルバム。ここ最近は世界中のディストロにも誠実な対応をしてるらしいGOAT SEMENのVo.の要注意レーベル Austral Holocaustからのリリースで、こちらはパッチ&ポスター封入の限定250枚ロングボックス仕様ダイハード・バージョンも入荷しました!!



Austral Holocaustリリースの中では恐らく最もハードコアに近い作品で、帯には "ブルータル・デスメタルとベスチャル・クラストのミックス!"なんて書いてます。同じ国のバンドで例えるとex. PARABELLUM / ex. BLASFEMIAのRESTOS DE TRAGIAと同じような、コロンビア流のメタルとハードコアのクロスオーバーなバンドで、サンクス・リストを見ても、PARABELLUM, BLASFEMIA, HERPES, ORGANISMOS, etcの名前が見つかります。インスパイアされたバンド・リストを見るとほとんどがハードコア・パンク/クラスト/グラインドで、スウェディッシュやフィンランドの80'sハードコア、UKクラスト/グラインド、初期デスメタルなどのバンド名がビッシリ載ってて、なかなかマニアックなところまで聴きこんでるようです。そして肝心のサウンドはと言うと、いろいろなクラシック・バンドを聴いて吸収したことを手当たり次第にやっちゃった感もなく、演奏力と楽曲アレンジなども平均点を十分に超えた南米クラスティー・グラインディング・デスコア・スラッシュで、ANARCHUSなどのファンにオススメです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR