RECORD BOY

80's Punk Legends!!



・POLITICAL ASYLUM - Someday CD ¥1600 (Boss Tuneage)



CORから7"EPをリリースしていたUKスコットランド産ポリティカル・パンクスのコレクションCD第2弾が、Boss Tuneageからリリース!!日本語帯/メンバー自身によるセルフ・ライナーノートの対訳も付いた日本流通盤です。



87年12"の7曲と同年ライブ13曲を収録した全20曲。どうせならWinter 7"と一緒にまとめてくれればいいのに・・・なんて一瞬でも思った人は、このバンドをまだ完全に堪能しきってはいません。後半に収録のライブ音源が完璧な演奏と郷愁で素晴らしい!!メンバーは現在プロフェッショナルなミュージシャンらしく、RUSHのトリビュート・バンドもやってるそうですが、オーバー・ダブ一切無しでの、このエモーショナルなフォーク・パンクは絶品です。東京クラスト・パンク LIFEのアベ氏が昔から、"パンク版サイモン&ガーファンクル"と上手いこと形容してた通り、the MOBのフォーク要素だけを抽出したような哀愁のメロディーに満ちたギターとVo.メロディーに酔いしれてください。ライブの音質も文句なしに良好ですし、もちろん本編の12"音源も説明するまでもない、極上のたそがれ哀愁フォーク・パンク。夕暮れ時に聴きたい音楽です。







・SUBVERSE - Aural Regargitations CD ¥1500 (Boss Tuneage)



METAL DUCKフィーバーでスッ飛んじゃってました。Boss Tuneage再発シリーズもの初のカナディアン・ハードコア SUBVERSEの、デモも含む全音源33曲入りディスコグラフィーCD帯付き日本流通盤!!



日本でも比較的人気のあるDESECRATIONとのSplit LPがManic Earsから出てましたし、Loony Tunesから単独7"もリリースしてましたが、このバンドは日本では全く人気ありあませんでした。しかしレーベルのコメントの通り、まるでRIPCORD ミーツ SO MUCH HATEなレイジング・ハードコア・サウンドは、80'sスピードコア・スラッシュ好きならば1度は聴いておきましょう!!この時代特有のちょっぴりメタリックなリフもあったりして、スピードコア系クロスオーバー・ファンにもオススメです。メンバーによるセルフライナー・ノートの対訳も面白くて、デビュー・ライブは激渋カルト・カナディアン・スラッシュメタル WITCHES HAMMERとの共演だったという、興味深いエピソードもあります。







・ATTITUDE ADJUSTMENT - No Way Back CD ¥1200 (Taang!)



キングス・オブ・ベイエリア・クロスオーバー・スラッシュの復活アルバム!!MACHINE HEADでのブレーク以降、数々のベイエリア・スラッシュメタル・レジェンド・バンドを渡り歩いたドラムで中心メンバーのChris Kontos氏、そしてVo.がKevin Reed氏で、No More Mr. Nice Guy以降のスラッシュメタリック・ハードコア時代のファンには嬉しすぎる復活作です。Thrasher MAGAZINE付録ソノシートの曲 Destruction's Endでいきなりスタートするように、初期の名曲も多くセルフカバーし、POISON IDEAカバーも披露した全15曲!!



Out of Handアルバムとは違った感触ですが、メタリックなリフによる疾走クロスオーバー・スラッシュ・サウンドは健在!!解散時96年にリリースされた7" True to the Trade EPや、Kevin氏他ATTITUDE ADJUSTMENTメンバーが一時やってたDEFACEにも似た感じのスラッシュメタリック・ハードコアで、Chris & Kevin両氏が揃うとやっぱカッコいいです!!







・BATTALION OF SAINTS - Second Coming / Live at CBGB's 1984 CD ¥1200 (Taang!)



84年録音USHC名作1stアルバムが、84年CBGBでのライブもたんまりボーナス収録した34曲入りで遂にCD再発!!コレクション・アルバム Death-R-Usは長らく廃盤でしたし、ジャケ/タイトルをオリジナルの再現で再発するのはコレが初だったと思います。



DISCHARGEに影響された曲構成を、USHCらしいライトなドライビン・リフとキャッチーなVo.で聴かせた名作。Vo.のGeorge Anthony氏は数々のバイオレンス伝説を残し、George以外のオリジナル・メンバーは次々とこの世を去っていった、呪われた極悪バンドとしても有名です。ライブ音源も音質文句なし良好で、DAMNEDのカバーもやってます。80's USHCパンク・ファンと、世界中のDISCHARGE影響下ハードコアを探究するマニアにも絶大な人気を誇るレジェンド・バンド!!







・NEGATIVE APPROACH - Nothing will Stand in Our Way CD ¥1200 (Taang!)



伝説の80's USHC!!このTaang!からのコレクション・アルバムは、81年スタジオ・マテリアル / 81年地元デトロイトでの初ライブ / 81年デモ / 82年NYでのライブ / 82年1st 7"アウトテイク / 82年デトロイトでのライブを収録した全53曲入り!!



82年発表1st EPは、後のパワーバイオレンス系バンドがこぞってカバーするように、ショートカットでブルータルなファスト・ノイジー・ロウ・スラッシュ。83年に発表した唯一のアルバムでは、NYHCやボストンHCバンドにも通じる、UKのOiパンクからも触発されたストロングでタフなノリをプラスしたシンガロングなハードコア・パンクを確立。USHCを語る上ではずせないバンドは沢山ありますが、バイオレンスなスラッシュが聴きたいのならNEGATIVE APPROACHを聴かなくてはなりません。







・NEGATIVE APPROACH - Fiends of No One DIGIPACK CD ¥1200 (Taang!)



84年の未発表スタジオ発掘音源!!Total Recall CD収録のライブ・テイクで聴ける曲もありますが、全6曲、いずれもスタジオ・テイクが世に出るのはこれが初めてです。I got a Rightのカバーもやってるように、生々しいロウなスラッシュ・サウンドの裏側に、プリミティブなロック・フィーリングもにおわせる、フトコロの深さがあったバンドだと痛感させられる破壊的音源です!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR