RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!



・SARCOFAGO - Decade of Decay DIGIPACK CD ¥1900 (Cogumelo)



冒涜精神を全面に打ち出し、後のブラックメタルのステレオタイプをイチ早く実践して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニア達を震撼させた伝説のブラジリアン・カルト・サタニック・デスラッシュメタル SARCOFAGOの、95年にCogumeloからリリースされた唯一の幻オフィシャル・ベスト盤CDがデジパックで再発!!



86年1stデモから94年のHateアルバムまで (The WorstアルバムとCrust EPはこのベスト盤リリース後の作品なので、ここには未収録) バランスよく抜粋した全20曲で、イントロ的なインストゥルメンタル・ナンバーですが、1曲目の The Lost of InnocenceはこのCDでしか聴けない未発表曲!!しかしSARCOFAGOファンにとって嬉しいのは、なんと言ってもこのパッケージとミニポスター状のインナーでしょう!!







・VULCANO - Five Skulls and One Chalice DIGIPACK CD ¥1800 (Cogumelo)



恥ずかしながら今頃気づいたけど、VULCANOはどれもカッコいい!!と、先日ストックホルムで行われた、VULCANO vs NIFELHEIMという盟友対決ライブ (奇しくも東京でTERROR SQUADとSABBATの2マンが行われた2012年4月29日) のニュースを知って、今さらながら実感しています。思えばハズレな作品は一つもないし、特に復活後、2000年代に入ってからの油の乗り具合は、初期の崩壊デスラッシュ時代と異質のギラツキで、2004年 Tales from the Black Bookアルバムや、2006年Split w/ NIFELHEIMあたりの作品が一番好き、という人も多いかと思います。



ブラジリアン・デスラッシャー VULCANOの、Split w/ NIFELHEIMの次に発表された2009年アルバム。ここ数年、Cogumelo商品の入荷に苦労してたのを口実に、この作品は当店未入荷でした。デジパックです。このアルバムでもVULCANO節は全開!!SLAYERの影響が強いリフを、南米特有の目の粗いジャキジャキな切れ味で叩き出し、初期の崩壊デスラッシュ時代から備えていた、へヴィメタルの熱血メロディーとドカドカな爆裂さをミックスさせています!!







・VADER - Reborn in Chaos CD ¥1900 (Hammerheart)



ここ最近、何かと話題のキングス・オブ・ポリッシュ・デスメタル VADERのデモ・アルバムがHammerheartから再発!!89年Necrolustと90年Morbid Reichのデモ2種に、ボーナスでPOSSESSEDとMORBID ANGELのカバーもプラス。



今年のNuclear War Now!フェスティバルの参加バンドが発表されたとき、なぜかこのVADERの名前も含まれていて、しかもバンド名の後に (Performing only Necrolust and Morbid Reich material) という信じられない追記があって、世界中のデスメタラーを驚かせました。結局、初期デモの曲だけしか演奏しないなどという事はやっぱり実現不可能で、VADERの出演はキャンセルとなりましたが、しかしNWN!オーナーが「デモの曲以外はやらないで欲しい」とムチャクチャなオファーをする気もわかる、このデモ時代のロウ・ノイジー・デスラッシュ・サウンドは本当にカッコいい!!SLAYER, POSSESSED系統のプレ・デスメタルなスラッシュ・リフをノイジー且つ高速にしたようなデスラッシュ・サウンドは、MERCILESSやSADUSなどのアーリー・デスラッシュ好きなら絶対に必聴デス!!







・A CANOROUS QUINTET - Reflections of the Mirror 7" ¥1200 (Temple of Darkness)



初期作品がThe Cryptからアナログ化再発されてたスウェディッシュ・デスメタルの、94年~95年にリハーサルでしか演奏してなかった幻の未発表曲を再録した2曲入りEP!!MERCILESSの1stを再発してた、あまり流通のよくないスペインのTemple of Darknessからのリリースで、限定500枚です。



メロディックなリフとリードギターを柱にした北欧叙情デスメタルで、終始ドラマチック&アグレッシブに突き進み、パートによってはブラックメタル的なメランコリーも感じさせます。目まぐるしい場面展開も、常に切ない旋律で構成されていて、美しくも激しい北欧デス/ブラックの醍醐味が満喫できます。再発された初期音源では、メロディックな展開をまとめきれない強引な荒削りさがカルトな魅力だったわけですが、このEPはAT THE GATESやFORBOWLなどの北欧叙情デスメタル・ファンならば是非聴いてほしい素晴らしい内容です!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR