RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!



・EXCRUCIATE - Mutilation of the Past / Hymns of Mortality 2LPs ¥3200 (The Crypt)



1stアルバムの再発アナログが大ヒットしたスウェディッシュ・デスメタル EXCRUCIATEの、今度は1stアルバム以前のデモ音源集が2枚組でアナログ化!!90年1stデモ, 当初は2ndデモとしてリリース予定だったけどEPITAPHとのSplitアルバムに提供された91年音源, 91年3rdデモをまとめた全14曲。500枚プレスで、ltd.300枚のマーブル・ビニールとltd.200枚のブラック・ビニールの2種入荷。ブラックビニールは早々にレーベルでは完売しています!!



1stアルバム聴いてもいつも思いますが、このバンドは、これぞスウェデスなスタイルながら、全ての初期デスメタル・ファンを興奮させる要素が満載の最高に激渋なバンドです。ハードコアとリンクして生まれたUKデスメタル的な激速パート、スカンジ・デスのダークネス、ツイステッドなギター・ワークと起伏の激しさで突進するUSデス的でもあるバイオレントなアグレッション、etc、初期デスメタルは好きだけどコレはダメってのは絶対筋が通りません。強いて言えば、叙情メロディーをそんなに押してないところが、メロディック派には少し物足りない点でしょうか。しかし激しくゴリゴリな初期デスメタル・ファンは絶対に聴くべきです。とにかくカッコいいリフやキメが随所に飛び出して燃えます!!







・DESULTORY - Into Eternity LP ¥2200 (War Anthem)



先頃CD再発され話題を呼んだ初期スウェディッシュ・デスメタルの名作アルバムがアナログ盤でも再発されました!!92年にMetal Bladeからリリースされた1stアルバムで、Pulverised Recordsからの再発CDは早々にソールドアウトになったようですし、アナログ化は確か今回が初だったと思うので、初期デスメタル・ファンには嬉しい再発です。War Anthemからのリリースで、ゲートフォルド・スリーブの申し分ない仕上がりです。



この92年録音1stアルバムは王道のスウェディッシュ・スタイルを踏襲したデスメタルで、NIHILIST~ENTOMBEDやDISMEMBERなどに近いけど、リフワークと疾走感はかなりスラッシーです。この時点でも申し分ない渋さですが、このバンド、ギターソロがとにかく素晴らしい!スラッシュをベースにしたアグレッシブなスウェデスにクラシカルな叙情ギターフレーズを随所に散りばめていて、スウェディッシュ・デス・ファンのみならず、スラッシュ寄り、メロディック系など、あらゆるタイプの初期デスメタル・ファン必聴の名作と断言できます!!!







・DESULTORY - Bitterness LP ¥2200 (War Anthem)



94年2ndアルバムも初アナログ化!!こちらもPulverised Recordsからの再発CDは既にソールドアウトのようです。



この94年録音2ndも基本的には1stと同じ路線だけど、起伏の激しさとスラッシーな感触は若干後退して、直線的アグレッシブ。でもメロディックなギタープレイはもちろん健在で、ダイナミックな感触と叙情ソロの融合はメロデス的な印象も受けるかも知れませんが、ゴスいメロディーと言うより北欧鋼鉄の伝統を踏まえた叙情フレーズの応酬で、思わず唸ってしまいます!!ドラマーが熱狂的なCANDLEMASSファンだったそうですが、まるで初期CANDLEMASSまんまな葬儀系叙情ドラマチックに泣き崩れさせてくれるパートも飛び出します。北欧メロディック・デスメタル好き必聴の名盤です!!







・INVERTED - Tales of Estaban 7" ¥800 (Bootleg)



CENTINEXとSplitを出してたバンドで、Wild Ragsからもリリースのあったオブスキュア・スウェディッシュ・デスメタルの91年1stデモがブートレグでEP化!!レッド・カバーとホワイト・カバーの2種入荷してます。



北欧デスの王道陰鬱型に不似合な野獣系グロウルVo.が吠えまくり、グラインドコアからの影響も感じさせるブラスト・パートから、叙情的なフレーズを絡めながらビートダウンする粗雑な曲展開。歴史の闇に埋もれてもほとんどの人にとっては差支えない、個性や方向性がまだ定まらない、初期デスメタル・シーンのセカンド・ジェネレーション・バンドによるデビュー作、といった感じが非常によく表れています。しかしラストの曲はスウェデスの叙情をさらに一歩突き詰めたような展開が飛び出して、激速パートとメロディックなギター・フレーズの絡み方はブラックメタル風味に仕上がっていてカッコいいです。こういう名もないバンドでも、ハッとさせられる場面を作り出せてたところに、初期スウェディッシュ・デスメタルの層の厚さみたいなものを感じさせます。音質もいいですし、オブスキュア・デスメタル・ファンにとっては、資料的価値の十分にあるカルト・デモ音源EPだと思います。







・CIANIDE - A Descent into Hell + Cianide Kills 3LPs ¥4800 (The Crypt)



デス/ブラックメタル・カルト・クラシック再発レーベル、The Crypt作品で当店が逃したのは確か3タイトルあります。そのうちの1つがこのバンドの1stアルバム再発でした。日本での人気は大変低いものの、海外のデスメタラーにはカルトな人気を誇るシカゴのベテラン・デスメタル・バンド。今回入荷したのは94年2ndアルバムの初アナログ化で、93年デモなどもボーナス収録してます。45回転盤 x 3枚組で、Welcome to Hellフォトセッションなどカッコいい写真満載のトリプル・フォールド・スリーブ。ポスターもカッコいいです。ブラックビニール, ゴールド・スプラッター・ビニール, レッド・スプラッター・ビニールの3種でのリリースで、各222枚/計666枚プレス!!!



HELLHAMMER ~ CELTIC FROST影響下デスメタル、という程度の認識はありましたが、こんなに激渋だとは知りませんでした!!このアルバムで表現してるHELLHAMMER系ドゥーム・デスメタルは、ちょっと他では聴けない凄いサウンドです。HELLHAMMERと言うよりCELTIC FROSTを回転数下げたような、ズルズルではなくダラダラなドゥームをデスメタルの重厚な暗黒音壁で表現したような感じ。SAINT VITUS系の荒涼退廃感もあって、拷問系デスだけどとにかくカッコいいデス!!CELTIC FROST, AUTOPSY, DREAM DEATH, SAINT VITUSをミックスして、シカゴの極悪デンジャラスなエキスだけを抽出したら、こうなるでしょうか。これぞonly for ダイハード・デスメタラーな激渋ドゥーム・デス!!!







・REENCARNACION - Acompaname a la Tumba 7" RED VINYL ¥1400 / BLACK VINYL ¥1000 (Colombian Metal Militia)



コロンビアが生んだ究極のデス・ノイズ・メタル、REENCARNACIONの88年発表7"がオフィシャル再発!!!666!!!NWN!からの初期音源集LPは廃盤になってからもう数年経ちますし、オリジナル・フォーマットでの復刻はこれが初めてですから、これはファンには嬉しい再発です。



これをメタルと呼んだら良識あるメタル・ファンに怒られそうなほどの、理解不可能デタラメ・デストロイ・メタルの最凶カルト・クラシック。欧米のサタニックなスラッシュ/デスメタルに影響されたと思える箇所もあるけど、衝動を上回る独創性をブチ込んでしまった結果、まるで小学生がピカソの絵を模倣してしまったような、完全に収拾不能な前衛的変態雑音スラッシュに到達しています。コロンビアのここらへんの連中の凄いところは、他の南米諸国バンドの未完成状態とちょっと違う、根拠のない自信に満ちあふれたような雰囲気が漂ってるので、腹立たしさを掻き立てます。



REENCARNACIONの新作CDもリリースしてたレーベルからの限定300枚再発で、ltd.100枚のレッドビニールとltd.200枚のブラックビニールの2種入荷!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR