RECORD BOY

Anti-Goth!!

* Nuclear War Now!各種到着!! ジャケ画像をクリックするとNuclear War Now!商品一覧にリンクするようにしました。合わせてチェックしてみてください!









・CARPATHIAN FOREST - Bloodlust and Perversion DIE HARD 2LPs ¥3500 / REGULAR 2LPs WHITE VINYL ¥2600 (Nuclear War Now!)



 ノルウェー・ブラックメタル重鎮の、92年 Bloodlust and Perversion, 同年リハーサル・デモ, 93年 Journey Through the Cold Moors of Svartjernの最初期デモ3作を収録したコンピレーション・アルバムがNWN!から2枚組でアナログ化!!



近年はちょっとコマーシャルなイメージすらあるバンドですが、ここで聴ける1stアルバム以前のサウンドは強烈にカルトです。BATHORYとVENOMのカバーもやってるように、スラッシュ創世記のプレ・ブラックメタルな要素を増幅させたタイプだけど、一聴して感じるのはHELLHAMMERからの大きな影響で、SAMAELの1stアルバムに匹敵するズルズル・デプレッシブなHELLHAMMERウォーシップなドゥーム・ブラックメタル・サウンドは、拷問系ドゥーム・ファンにもオススメです。成熟しつつあったデスメタルから、急進的な深化&退化へと暴走した北欧の初期ブラックメタル・シーンらしい、メタルの暗黒深層部を追求したような真性プリミティブ・ブラックメタル!!初期北欧ブラック・ファンもカルト・メタル・ファンも必聴!!ダイハード・バージョンはレッドビニール仕様で、ステッカーとフェイクレザー地シェイプド刺繍ロゴバックパッチ付き!!レギュラー・バージョンはltd.100のホワイトビニールで入荷!!









・WINTERBLUT - Der 6. Danach, Opus I : Leidenswege + Opus II : Geistermusik & Opus III : Orgelmusik 2LPs SET ¥3500 (Nuclear War Now!)



 最新アルバム、最初期デモ・アルバムに続いて、ジャーマン・カルト・ブラックメタルの1stアルバムもNWN!から遂にアナログ化再発!!99年にABSURDのDarker Than Blackから発表した1stアルバムなんですが、このテのアングラ・ブラックには珍しいコンセプト・アルバム作品で、今回のアナログ盤は前半部分と後半部分を切り離して別個でリリース。確かに本作のドラマ性を考えるとわからなくもない販売方法だけど、やはり1つの作品ですから、レーベルでは2枚セットでの販売もしてます。じゃぁバラで買う必要もないだろうと、今回はセット販売のみに絞りました。ダイハード・バージョンは存在しません。



End All Lifeからのリリースもうなずける近年の作品や、これぞユーロ・ロウ・ブラック!なサウンドのデモ・アルバムとも違って、このアルバムはまるで初期北欧ブラックメタルな激渋フリージング・ブラックメタルで激しく迫ります。突き刺すような極寒旋律に薄くキーボードを被せる手法は初期SATANIC WARMASTERも連想しなくもないけど、よりシンフォニックな装飾も加えながらロウに爆裂するブラックメタルは、ノルウェーのOBTAINED ENSLAVEMENTや、DISSECTIONに代表されるスウェディッシュ・ブラックなども思わせ、凶暴で哀しい北欧ロウ・ブラック好きにはたまらない極上品です。LP2枚目の後半になると、その暗く切ないメロディーをアンビエント風味で表現して、まるで教会で懺悔してる中を流れるオルガンのような暗美旋律が全編にわたっています。そしてこれがまた最高!!







・REVENGE - Scum.Collapse.Eradication CD ¥1600 (Nuclear War Now!)



 ex.CONQUERORの鬼神ドラマー James Read氏によるカナディアン・ウォーブラックメタル REVENGEの4年ぶりとなる新作アルバムCD到着!!



BLASPHEMYの1stアルバムが発表された当時、デス/スラッシュ系ミュージシャン&ファンの多くは、あの作品をグラインドコアの方法論と同じものとして解釈した人が少なくなかったという話をよく耳にしますが、BLASPHEMYを血筋に於いても正統的に継承しているREVENGEのサウンドも、やはりグラインドコアとリンクする要素が多分に含まれています。驚異的なミュージシャン・シップでありながら、相手パートの存在など全く意に留めず、ただひたすら好き勝手にプレイしてるような、まるでグラインド・インプロビゼーションとでも言える現象が、ウォーブラック系バンド特有の統率された一体感と、グラインドコアのカオスとの狭間で、モノ凄いドス黒さの鋼鉄音塊を生み出しています。パワーバイオレンス・ファンも絶対必聴の激烈作!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR