RECORD BOY

Japanese!!



・G-ZET - S/T LP ¥1890 (ADK)



ジャパニーズ・パンク史に残る偉大なる名作、G-ZET唯一の単独作5曲入りMLPが限定1000枚で再発!!!



THE STALINを脱退したTam氏が自身のレーベル ADKから1984年に発表。前身とも言えるTam氏のソロプロジェクト名義で発表した"Tam Vol.1" EPからドラムとベースを担当していたKeigo氏(ex.THE STALIN, WARRIORS)が怪我のためドラムではなくベースを担当し、そしてドラムには後にLIP CREAMに参加するPill氏が加入。日本で初めてMOTORHEADの影響を強く打ち出したバンドは、へヴィメタル・バンドではなくこのG-ZETでした。ロウ・メタリックなギターとコシの強いドライブ感のベース、そして怒涛のツーバス連打で突進するドラムは、まさに破壊的の一言に尽きます。ガリガリに粗いソリッドな刻みリフには、Symptom of the Universe的なBLACK SABBATH要素もあります。インストゥルメンタル・ナンバーとVo.の入った曲を交互に、ひたすらデストラクティブに突き進むサウンドは、日本のメタルコアの基盤を築いたと解釈してもいいかと思います。ex.GLOOMのHabi氏のライナーノートも必読の、ZOUO再発シリーズに続く買い逃し絶対厳禁グレート・リイシュー!!!









・ZOUO - A Roar Agitating Violent Age LP ¥2100 (Crust War)



再入荷!!伝説の大阪ハードコア・パンク ZOUO!!!激レア・シングル The Final Agony EP再発、そしてハードコア不法集会comp.提供曲のシングルカット Frustration EPに続いて、なんと幻のライブ音源がLPでリリースされました!!!The Final Agony EP発売の約2ヶ月前、1984年1月4日 Candy Hallでのライブ全14曲を収録。ライブ盤の最大の魅力である生々しさはもちろんパックされたまま、しかし音質は当時のライブ音源としては奇跡的なまでの良好さで、言うまでもなく完璧なカッコよさが体感できます。



名曲 No Powerからスタートして、The Final Agony EP収録の3曲も演奏されていますが、他11曲はなんと全て未発表曲!!!!!UKHCからの影響がうかがえるロウ・ハードコア・ナンバーを、ジャパニーズ・ハードコア特有の黒く猛烈なバイオレンス・パワーで叩き出していて、未発表の楽曲も充分に完成されたものばかりです。代表曲 Sons of Satanで幕を閉じるライブは、当時のライブハウスのデンジャラスなムードもダイレクトに伝わる緊張感が充満しています。



未発表曲多数収録ということで、一連の再発でもこれが一番嬉しい!!という声はやはり少なくありません。 このライブ・アルバムで、ZOUO再発シリーズは終了だそうですので、先にEP 2枚をゲットした人も逃した人も、これは絶対に逃さずに注意してください!!







・ZOUO - Frustration 7" ¥1050 (Crust War)



まだ少し在庫あります!!あっという間に完売となった1st EP再発に続くZOUO衝撃リリース第2弾!!!84年にAA Recordsよりリリースされたオムニバス ハードコア不法集会に収録された You Like it That Way、Frustrationの2曲が、リマスターを施され1st EPと同じくCrust Warから7"化!!!







・万引チョコレイト(MANBIKI CHOCOLATE) - ソロバン CD ¥1000 (Maruyama Sangyo)



やってしまいました、禁断のデッドストック再入荷!!!今年のお正月にゲリラ的にカートアップした途端即完売したため、ブログや入荷情報BBSに上がることもなく、入荷した事実も知らない人がけっこういたであろう、奇跡のデッドストック入荷商品です!!!



ソノシートが海外のジャパニーズ・ハードコア・パンク・マニアにも人気が高く、"万チョコ"という凄い名でコレクターの間では有名な栃木のハードコア・バンドの、今となっては恐らく存在すらほとんど知られていない5曲入りCD、その名も”ソロバン"のデッドストック!!!リリース時期などの詳細は不明ですが、ソノシートの時とはVo.以外のメンバーが全て変わってレコーディングされてたようです。実に万チョコらしいタイトルのせいで、バンド名がソロバンで、タイトルが万引チョコレートと誤解されて、発売当時も素通りされてたという逸話もあります。しかしそんな逸話よりもサウンドが何よりもビックリでして、これが完全なジャパニーズ・スタイルのメタルコアでオドロキです!!!!!







・DIGRAPHIA / DORAID - Battle of the Pagan Evil Deities SPLIT 7" ¥1000 (拷問装置)



今回も到着前からお問い合わせ殺到のDORAID新作、お待たせしました!!今年もハイペースにぶっ飛ばす拷問装置Recordsが、DORAIDのAlive at Inferno Vol.4カセットに続いて早くも新作をリリース。以前にプロコピー・カセットが入荷してた東京ハードコア・パンク DIGRAPHIAと、東京メタルパンク DORAIDという、刺激的すぎる対戦のSplit EPです!!表現方法は多少違っても強烈なジャパニーズ・ハードコア魂を感じさせるこの2バンド。以前から親交も深く、盟友対決と言っていいかと思います。



DIGRAPHIAは、東京クラストコア・シーン黎明期を支えた伝説のバンド CROCDILE SKINKのVo.だったマキノ氏の、極悪ジャパコア・テイストを醸し出すシャウトと、哀愁ドラマチックに疾走するハードコア・サウンドが、ジャパニーズ・ハードコア特有の凶暴性を強くアピールしたスタイル。80年代のジャパニーズ・ハードコアと言うよりも、90年代後期~2000年代初頭日本ハードコア・パンク・シーンの、一触即発のあの張りつめたギラギラした空気が思い起こされてなりません。メロディック且つバイオレンスな熱血ハードコア・サウンドは、DORAIDファンの心にも強く訴えかけるでしょう!!



そして勢いの止まらないDORAIDは、昨年末にリリースしたAlive at Inferno Vol.4カセットでリミックス・バージョンが先にお披露目されたナンバー Black Holeのオリジナル・ミックス・バージョンと、ライブ・アルバムでも収録されてた初期のナンバー Underdogを現ラインナップで再録した2曲。Black Holeはメロディックなギターソロのイントロも加わり、よりドラマチック且つソリッド・スラッシーなメタルコアとして完成されたDORAID節全開必殺チューン!!そしてUnderdogはDORAID史上最速(?歴史の長いバンドですから、私達の知らない曲でもっと速い曲がありそうですが)とも思えるスピードコア・スラッシュを挑発的にブチかましてます!!







・DROPEND - Demonstration 7" ¥800 (Symphony of Destruction)



Narm Discosから限定300本のプロカセットで発表されてた東京の若手クラストコア・パンクスの1stデモが、限定500枚でフランスのレーベルからアナログ化!!



ex BABELDOM、ex NASHIKUZUSHIのメンバーらをリズム隊に擁して2010年に結成された東京産6人組ハードコア・パンク。EXTREME NOISE TERRORからDISRUPT等に受け継がれたブルータリティー、そしてスウェディッシュ・ハードコアの獰猛なサウンドをベースに、スピード感あふれるノイジーなツイン・ギターと、攻撃的なツイン・ボーカルで畳み掛けるブルータルなサウンドに徹した5曲収録!!







・VALKYRIE - Despair・・・ CDR ¥300



東京で活動するデスメタル・バンド SCOTOPHOBIAの女性Vo.や、FUNERAL MOTHメンバーなども在籍する新鋭ブラック・ドゥームメタルの2曲入り1stデモCDR。デスメタルもベースにあるドゥーム・リフをスロウに叩き出し、寒々としたカキならしギターとドローン要素も混ざったアトモスフェリックなムードでタイトル通りの絶望感を表現し、そこにサイコティックなスクリーミングをブチかます凄まじい女性Vo.が乗ります!!この女性Vo.が強烈すぎて耳を奪われがちですが、ドラマーが日本のフューネラル・ドゥーム・シーンを切り開いた第一人者 Weird Truth prod.のオーナー(FUNERAL MOTHではギタリスト)でもあるからでしょうか、絶望悲哀パートの深みが非常に説得力があります。そしてやはり女性Vo.の存在感は強烈で、SILENCERなどのファンにもぜひ聴いていただきたい錯乱ぶり!!大注目です!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR