RECORD BOY

Scandinavian Metal Jawbreakers!!


antichrist-crushing-cd.jpg



・ANTICHRIST (Sweden) - Crushing Metal Death CD 税込1,650円 (I Hate)

1990年代にスウェーデンのGEHENNAHやノルウェーのINFERNOなどが盛り上げた北欧スラッシュ/スピード・メタル・リバイバル・ムーブメントを継承し、現代に於いてノルウェーNEKROMANTHEONとともに硬派なスカンジナビアン・スラッシュ・メタル・プライドを死守するスウェーデンの代表格 ANTICHRISTのデモ音源集CDがI Hate Recordsからリリース。アナログ盤はバンド自身による自主制作で500枚限定でリリースされたようで、かつてのMusic For Nations / Under One Flagなどを彷彿させる量産型レーベルとして安定したクォリティーと供給を確立したHigh Rollerを離れただけでなく、自主レーベルを新たに起ち上げる彼らの心意気にも、当店のようなへそ曲がりショップは大いに感銘をうけるわけです。アナログ盤も入れたいな~。まぁしかし日本の需要はCDメインですから、Peter Liden氏(TERRORAMAシンガー)によるレーベル I Hate RecordsからのCDバージョンも張り切ってプッシュしていこうと思います!!

Tracks 1-3 : Crushing Metal DEMO (2009年)
Tracks 4-6 : Put to Death DEMO (2010年)

EVISCERATEDやGRAVELESSなど、Blood Harvest Recordsのデモ・テープ部門 Zombie Ritual Tapesをコマメにチェックしていたスラッシュ・メタル・マニア達には既に高い評価を得ていたバンドの面々が集まり2005年に始動。当店は当時1stデモのZombie Ritual Recordsバージョンをなんとか入荷することが出来ましたが、その頃から既にアンダーグラウンド・スラッシャー達から大きな期待と注目を集めていて、2011年にHigh Rollerから1stアルバム Forbidden Worldを発表した時点では、既に鳴り物入りでデビューしたような騒ぎとなっていました。1stデモはまだまだ若さ全開の粗さが目立ちますが、スピード・メタル土台が強固になったPOSSESSEDのような彼らの目指すスタイルは最初期から全くぶれてないのが再確認できます。そして2ndデモはもう1stアルバム Forbidden Worldのプリプロ状態のような完成度の高さ。今ほどキャンキャン言ってないボーカルの線の細いシャウトもカッコいい。「スタジオで後処理されたフェイクのロウ・サウンドじゃないから、ポーザーは手出し無用!」のコメントも頼もしいし、I Hate RecordsのPeter兄貴を慕う彼らのセンスも大いにほめてやりたい推薦盤です!!



dreadfulfate-bringer-lp.jpg



・DREADFUL FATE - Bringer Of Damnation LP 税込2,420円 / CD 税込1,650円 (I Hate / To The Death)

VoのBestial氏はHYPNOSIAのMikael Castervall、ギターのDeath Ripper氏はINTERMENT / MOONDARK / CENTINEX / ASOCIAL / UNCURBED, etcのおなじみJohan Jansson、ベースのTotal Destruction氏はMERCILESSでLOUDPIPESだったFredrik Karlen、そしてドラムのCorpse Skelethor氏はNOMINONのPerra Karlssonという、スウェディッシュ・メタル&パンク重鎮終結デスラッシュ・メタル・バンド DREADFUL RELICの新録スタジオ・トラック3曲+ライブ2曲の5曲入りEP。今回もI Hate RecordsとTo The Deathの共同リリースです。


1. De Vermis Mysteriis (スタジオ録音新曲)
2. Unearthly Visions (スタジオ録音新曲)
3. Total Destruction (スタジオ録音 MERCILESSカバー)
4. Altar Of Cruelty (2018年ライブ)
5. The Final Sacrifice (2018年ライブ)


昨年2019年10月にCDがリリースされてたんですが、なにやら本作の発表をもって活動を一旦停止するらしいという情報を聴き、正直非常にガッカリしてしまいまして、しばらくオーダーする気が少し萎えてました。しかしこのたびアナログ盤も発売され、SNSでメンバーも情報の更新を欠かすことなく続けているので、まぁメンバーの半分は本業バンドで忙しいでしょうし、最初から旧友達が集ってオールドスクール・プライド全開のデスラッシュ・メタルをやろうぜ!って感じのセッションだったのでしょうから、短期間ながら強烈なインパクトを残したスウェディッシュ・メタル伝説がまた一つ存在したということを伝えていくためにも、やはりしっかりオススメしたいと思います。ライブも聴きたかったですし!!

とにかくうるさい、速い、やかましい、荒っぽい!!!速さもフレーズもオールドスクール感全開の、MERCILESSとHYPNOSIAを正統的に継承、というか本人達なわけなんですが、やはり質感がヤングとはまるで違う。現代の機材にフィットした無駄のない若者の力加減と異質の、完全に生身の馬力スタイルなんです。力みまくりで、無駄なパワーの放出と思われそうだけど、これが本来のエクストリーム・メタルであり、スラッシュ・メタルであり、ヘヴィメタルなんです、我々の世代にとっては。若い子がANTICHRISTとかMetal Of Deathなんかの完全無欠なかっこよさのスウェディッシュ・メタルに憧れるのもわかりますが、やっぱりこういうメタルが一番元気出ますし、かっこいい。最高グレートーーー!!!



desolation-sweden-scream.jpg



・DESOLATION (Sweden) - Screams of the Undead CD 税込1,760円 (I Hate)

1990年に結成され1995年には活動を停止した知られざるスウェディッシュ・デス・メタル・バンドが2012年に復活。その後もデモを制作するなど地道に活動してきましたが、結成から27年もの時を経て2017年にようやく1stアルバムを発表したDESOLATIONの2ndフルレングス・アルバムCDです。今回も1stアルバム同様、I Hate Recordsからのリリースです。

メンバーのルックスはさすがに1度引退したオジサンらしさが漂いますが、サウンドは浦島太郎状態でのカムバックが良い方向に作用していて、もう文句なしの爆走ドライビング・スウェディッシュ・デス・メタル一直線です。若いミュージシャンがシンプルにやるのと、キャリアはどうであれオリジナル世代のオッサンが余計な事をせずにひたむきに演奏するのとでは、こうも違うものなのか、と感心してしまいました。DISMEMBERスタイルの、北欧らしい旋律リフを爽快な疾走感でぶちまけた王道のピュア・スウェデス炸裂!!BOMBS OF DEATHなどのファンには間違いなくオススメです。

関連記事
05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR