RECORD BOY

OZDM Kult!!


ignivomous-hieroglossia-lp.jpg



・IGNIVOMOUS - Hieroglossia LP COKE BOTTLE GREEN VINYL 税込2,970円 (Nuclear War Now!)

アナログ盤入荷!ダイハード・バージョンは存在しませんが、今回はイニシャル・コピー100枚限定のコークボトル・グリーン・ビニールで入荷しました。

DESTROYER 666, ABOMINATOR, DENOUNCEMENT PYRE, etc, オーストラリアン・デス・メタルを代表するバンドを渡り歩いたドラマー Chris Volcano氏率いる現行OZデス・メタル最高峰の一つ、IGNIVOMOUSの待望3rdアルバムです。今回も隅々までIGNIVOMOUSらしさが充満した暗黒世界を完璧に表現しきっています!!

INCANTATION影響下の呪術的デス・メタルを、IMMOLATIONやGORGUTS型のテクニカル・リフと起伏の激しさで叩き出していて、PORTALのカオスを原始的な黒さに差し替えたようなサウンドが圧巻です。このテはアヴァンギャルドだったりサイケな手法を取り入れるバンドが多い中、IGNIVOMOUSはオールドスクール・デス・メタル・プライドを貫いているところも心強いです。過去作を堪能してきた人は今回も完全必聴作death!!!



stargazer-gloat.jpg



・STARGAZER - Gloat / Borne LP 税込2,640円 (Nuclear War Now!)

MARTIRE, CAULDRON BLACK RAM, MOURNFUL CONGREGATION, TZUN TZUのメンバーから成る1995年結成オーストラリアのデス・メタル・バンド STARGAZERの1stデモと1st EPをまとめたコンピレーション・アルバムが、NWNからアナログ盤でリリース。ダイハード・バージョンは存在しない限定500枚プレスのブラック・ビニールのみのリリースですが、ジャケットがオール・フォイル加工、つまりよく文字の部分だけがアルミフォイルのように加工されたモノがありますが、ジャケ全面がアルミフォイルのような美しいシルバーのジャケットとなっています。

PORTALのブレイクで注目を浴びたオーストラリアのアヴァンギャルド・デス・メタル・シーンをCAULDRON BLACK RAMと並んで代表するバンドで、メンバーが平行して活動するフューネラル・ドゥーム・メタル重鎮 MOURNFUL CONGREGATIONと、カオティック・デス・メタル MARTIREを結ぶような存在、とでも言えるでしょうか。しかしこの最初期音源は、やはりまだ90'sデス・メタルらしいアグレッションと凶暴性が際立っていて、しかもデモはOZデス・メタルと言ってもどっちかと言うとSLAUGHTER LORDやSADISTIK EXEKUTIONのようなブラック・デスラッシュ・テイストもあるテクニカル・デス・メタルで、これはかっこいい!!1st EPになるともうちょっとMORBID ANGELやDEICIDEなどの影響下のサタニック・テクニカル・デス・メタル異端児な雰囲気になってきて、これもまた激渋。オススメdeath!!



sadistikexekution-30years-2019diehard1.jpg

sadistikexekution-30years-2019diehard2.jpg



・SADISTIK EXEKUTION - 30 Years of Agonizing the Dead DIE HARD LP + PICTURE 7" 税込5,940円 (Nuclear War Now!)

いやー、よかった、再入荷もできた!!!666!!!

伝説のデスラッシュ・メタル SLAUGHTER LORDのギタリストや、ウルトラ・メガ・レア盤な1988年LPがIron Boneheadから再発されて話題になったAGGRESSAのドラマーなども初期に在籍した、オーストラリア最凶のカルト・ブラック・デス・メタル・バンド SADISTIK EXEKUTIONの初期デモとEP音源を収録したコレクション・アルバムが、装いも新たに2020年バージョンとして再プレス。2015年にNWNからリリースされて大ヒットしたコンピレーションで、ダイハード・バージョン付属の1987年デモ音源ボーナス7"EPは、今回はピクチャー盤になっています。そしてダイハード・バージョンお楽しみの付属品なんですが、ジッポ・ライターになってます!!!666!!!もちろんオイルは入ってなくて、伝説のBURZUMジッポを意識したナイス・アイデアなんでしょうが、これはまた川崎の某所から難癖つけられそうで輸入が大変だぞ、、、とヒヤヒヤしました。火器の輸入は禁じられてるのでオイルの入ってないオーナメントならイリーガルではないんだけど、まぁ何かと検閲の多い時代なので、こういうのは一苦労なんです。


LP SIDE FUKK A1-A2 : "Agonizing the Dead" DEMO (1992年)
LP SIDE FUKK A3-A4 : "Suspiral" DEMO (1991年)
LP SIDE KUNT B1-B2 : "Demon with Wings" EP (1996年)
LP SIDE KUNT B3-B5 : "Sadistik Elektrokution" EP (1997年)
PICTURE 7" SIDE C-D : Rehearsal Demo (1987年)


SLAUGHTER LORDはKREATORがダークネスを増幅しながら破壊的デスラッシュを突き詰めたようなスタイルで、SADISTIK EXEKUTIONとの関連性を抜きに考えても、初期デス/ブラック・メタルを検証する際のプロト・タイプとして必ず名の上がるバンドの一つですし、MAYHEMのEuronymous氏がこのSADISTIK EXEKUTIONのTシャツを着ていたのも有名です。BESTIAL WARLUSTの前身となったCORPSE MOLESTATIONよりも早くから活動していたので、その辺のヴィクトリア・シーンのベスチャルなブラック・デス・メタルにも影響を与えたのでは?と妄想したくなるようなベスチャル・カオスな曲調もありますが、やはり初期SAD.EXの魅力はSLAUGHTER LORDが原始に回帰したようなプリミティブなデスラッシュ・テイストではないでしょうか。このコンピレーションのアタマ2曲の92年デモなんて、まるで暴走スピードが倍速になったSLAUGHTER LORDのようで激渋カッコよすぎる!!!666!!!おおまかに分類してブラック・メタルの源流は、BLASPHEMYとBEHERITを頂点とするグラインド・ノイズの手法も取り入れたタイプと、MAYHEMとSARCOFAGOに代表されるような、VENOMやSODOMなどの初期スラッシュ・メタルが核になったスタイルの2つになるかと思いますが、このSADISTIK EXEKUTIONの1stアルバム・タイトルにもなったMagusの92年デモ・バージョンなんか、その両者の完璧な融合のような最凶キラー・チューンです。

関連記事
05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR