RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!


inepsy-losttracks-lp.jpg



・INEPSY - Lost Tracks LP 税込2,592円 (Feral Ward)

2011年の解散後もいまだに人気の衰えないカナダ・モントリオールのメタル・パンク・バンド INEPSYの2009年録音未発表音源が、Feral Wardからアナログ盤でリリース。2000年録音の未発表デモ The Demo / Loudhouse 2000も発掘リリースしていたレーベルから2017年にカセットで初リリースされていたのですが、当店はマゴマゴしてるこっちの未発表デモ・カセットは入荷できなかったので、ヴィニール・バージョンで入荷できてちょっとホッとしています、けっこうお問い合わせもらってたので。See You in Hell 1st 7"ジャケ・アートの特大ポスターも付いています!!

2009年の録音ですから、本作がまさしくINEPSYの最期の作品として発表されるべき音源だったようです。そして、これが当時世に出なかったのが悔やまれます。。。一般的な最終作とされる2007年のアルバム No Speed Limit For Destructionは、かなりR&Rのルーツに寄ったような曲調で、MOTORHEADタイプからKISSやAC/DCなどのテイストも強めていたので、パンクから脱却を図り最期を迎えた、、、という勝手な印象を持っていたけど、この音源の1曲目なんかチョーーーーー初期BATTALION OF SAINTSみたいな(カナディアンだけど)アメリカン・チンピラmotor-chargedドライビング・パンクだし、他の疾走ナンバー以外でもBones脱退後DISCHARGEタイプや、LAメタル風シャッフル・ビートなど、バラエティー豊かでありながら散漫になってなく完成度も高い。そして2000年代パンクスを代表する本物の不良 Chany氏のヴォーカルも完全に仕上がっているかっこよさ。これはもう後期INEPSYに納得いってなかった人でも認めざるを得ないクォリティーでしょう!!



fetish-world-lp.jpg



・FETISH - World Eater LP BLACK VINYL 税込2,916円 / PURPLE VINYL 税込3,996円 (Skrammel)

アナログ盤入荷!!!

POISON IDEAを脱退したThee Slayer Hippy氏とThe VegetableことEric Olsen氏が、PI近年作でギターを担当していたBrandon Bentley氏と、さらにLONG KNIFEからシンガー/ギタリスト/ベーシストの3人と結成した話題のバンド FETISHの1st アルバム、ヨーロッパ・アナログ盤です。先に日本のBreak The RecordsからCDバージョンがリリースされて、その素晴らしい内容にノックアウトされてしまいましたので、けっこう高かったんですが限定パープル・ビニールも欲しくて入れちゃいました。パープル・ビニールは布パッチとポスター付き。このポスターもオールドスクールでかっこいい!!シュリンク・ラップは到着時から開封されて到着していおります。

彼らと親交の深いFORWARDソウイチ氏がこのバンドの発足時からいち早く紹介していましたので、2018年の1st 7"以前から日本でも楽しみにしていた方は多かったバンドだと思いますが、この1stフルレングスはEPで満足していたファンの期待をさらに上回るような素晴らしい内容です。トリプル・ギターの6人編成で、プロデュース力も高いThee Slayer Hippy氏がバンド全体をコントロールしているものと思われ、R&Rのルーツも踏まえたキャッチーさを必殺のドライビング・スピードで畳み掛けてきます。PIの御三方は言うまでもないにしても、抜擢されたのがLONG KNIFEの3人だからこそ、ここまでの完成度に仕上がったのでしょう。EPで披露した2曲も収録していて、60年代アメリカン・サイケ/フォーク・ロック・バンド LOVEをカバーするセンスもまた、まるでThee Slayer Hippy氏在籍時PIを彷彿させるド渋さ。7曲目"Ride On"が”Welcome to Krell"、8曲目"The Walk"が"Feel The Darkness"に似てるのはわざとかな?ま、なんにせよ全く枯れてない!!ホントかっこいい!!!



kuroishi-sound.jpg



・KUROISHI - Sound the Alarm CD 税込1,620円 (Break The Records)

TERVEET KADETの元メンバーが在籍するフィンランド・ハードコア・パンク KUROISHI(黒い死)の2019年2ndアルバムCDが、2018年の来日ツアーもサポートしたBreak The Recordsからリリース。Sugi氏によるアートワークのペーパーフォルド・スリーブです。WOLFPACKやTRAGEDYなどの1990~2000年代抒情クラストを土台に、熱いシンガロングなコーラスなどでジャパニーズ・ハードコアのスピリッツも導入したような、ネオ・クラスト・ファンにもオススメの爆走ハードコア!!多彩なゲスト陣の顔ぶれにも表れている通り、単調にならずに随所に工夫も感じさせます。

地元FINLANDでもメンバーがハードコアフェスを主催し、WARHEADやSYSTEMATIC DEATH、DROPDEADなどを招致するなど、現在のシーンを引っ張る活躍を見せる中、ここ日本でも2018年に来日し、NoLA、NO EXCUSEと共に全国を行脚。その存在感を広くアピールした。黒く、陰鬱とした雰囲気を内包しながら加速させていくD-BEAT。コーラスパートも厚く、そして熱い。絡み合う二本のギターの妙も彼らの音楽的な下地がしっかりと活きているのを感じる事が出来るものだ。ゲストワークにはD-TAKT & RÅPUNKのJOCKや、NoLAのTAKERU、NO EXCUSEのHAYATO、SYSTEMATIC DEATHのRYUの名前が並んでいる。メインのアートワークは言わずもがなのSUGI氏。そしてEnormous Doorによるマスタリングという事で、鉄壁の布陣で制作された事がお分かりいただけるであろう。(インフォメーションより)


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR