RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!




・SIEGE - Drop Dead-Complete Discography DIE HARD 2LP SILVER x BLACK VINYL / SILVER x WHITE VINYL 各税込3,996円 / REGULAR BLACK VINYL 税込3,240円 (F.O.A.D.)

カスタム・クリアランスの名の下に徹底的に痛めつけられて到着しましたが、CRIPPLE BASTARDS来日の際にスペア・ジャケットを持ってきてもらって、ようやく販売開始となりました(無地の共通スリーブ抜けだけはご勘弁ください)。これまで様々な仕様でリリースされてきた伝説のUSボストン・ハードコア・パンク SIEGEのコンピレーション・アルバムが、完全盤とも言える内容でイタリアF.O.A.D. Recordsから2枚組LPで発売!!ダイハード・カラー盤はシルバーxブラックとシルバーxホワイトの2種で、各150枚プレス。今回のみの入荷となります。レギュラー・バージョンは限定400枚ブラック・ビニールです。

NAPALM DEATHなどのグラインドコア始祖バンドに大きな影響を与えた、スピード・スラッシュの原点とされるボストン・ハードコア・パンク・レジェンド SIEGEは、80年代後期~90年代にはアナログ盤での正規リリースが一度もなかったわけですが、2004年にDeep Six Recordsが初の12”サイズで遂にSIEGEのアナログ盤をオフィシャル・リリースして以降、2006年版のプレスには未発表2曲を追加し80'sハードコア・ファンを驚愕させ、さらに2009年プレスの3rdエディション時には別の未発1曲を発掘、そしてトドメにPatac Recordsが故Seth Putnam氏(AxCx, VAGINAL JESUS, etc)参加の1991年セッションをオープン・ザ・グレイブするなど、90年代にブート7"EPが出るたびに毎度買ってた40代のファンの心理を永遠に支配し続けてきました。そんな状況に終止符を打つべくしてリリースされたのがコレです。


Tracks A1-A6 : ''Drop Dead'' (1984)
Tracks B1-B3 : "Cleanse The Bacteria" Comp. Tracks (1984)
Tracks B4-B7 : Out Takes From The Original 1984 Studio Session
Tracks C1-C4 : Lost Session 1991 With Seth Putnam On Vocals
Tracks D1 : "Grim Reaper" Session 2016


SIEGEやDEEP WOUND, OUTPATIENTSなどは、SSDに代表される所謂crew系のボストン・ハードコア・シーン表舞台バンドとはちょっと違う雰囲気が感じられましたが、都会的なcrew系にはない(Mr. Devour Records氏によると、実際SIEGEやDEEP WOUNDはボストン郊外のバンドだったそうです)、粗野で洗練されていない激烈なロウ・スラッシュ・サウンドが魅力でした。Pushead氏の、「当時の2大カルト・スラッシュ・バンドに参加してもらうのが夢でCleanse The Bacteria comp.を企画して、一つのバンドは実現できなかったけど、もう一方のSIEGEに参加してもらえたのは本当に誇りに思っている」という話を聞いたことがありますが、SEPTIC DEATHではSSDをカバーをしながらも、自らのレーベルではSIEGEに熱烈なラブコールを送っていたように、当時からやはりこのバンドの激烈性には、何か神掛かったようなオーラが漂っていたそうです。F.U.'sとJERRY'S KIDSのスピードもファストコアの原型とも言える相当な速さでしたが、SIEGEの速さは人間味の感じられない冷徹で重厚なウォール・オブ・ノイズがブルータルに迫りくる様で、グラインド・コアはもちろん、クラスト・コア・パンクにも大きな影響を与えていたと思います。間違いなく、エクストリーム・スラッシュの原点の一つとして絶対に体験しなくてはならない、リアル・カルト・バンドです。







・CRIPPLE BASTARDS / RAW POWER - Japan Tour 2019 SPLIT 7” FLEXI 税込1,620円 (F.O.A.D.)

ジャパニーズ・ハードコア・パンク関係者にもすっかり馴染みのバンドとなったグラインドコア重鎮 CRIPPLE BASTARDSと、80年代から止まらず活動を続けるレジェンド RAW POWERによるカップリング日本ツアー用に制作された限定250枚ナンバリング入りSplitソノシート!!Sugi氏のジャケも素晴らしくかっこいいです。

ともに初公開新録2曲を提供していて、CRIPPLE BASTARDSはタイトなパワーバイオレンス・グラインドコア・スラッシュが文句無しに素晴らしい新曲と、シンガーGiulio氏が愛してやまないゲロゲリゲゲゲのカバー披露!!RAW POWERは相変わらずにキャッチーでオールドスクールな新曲2曲。

関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR