RECORD BOY

Thrash till Death!!






・EARLY DEATH - The Bleakest Force CD 税込1,620円 (Me Saco Un Ojo)

Tas Danazoglou氏の衝撃的なルックスでも話題を集めサタニック・スピード・メタル SATAN'S WARTHの2ndアルバム Aeons of Satan's Reignでベースを担当したギリシャ出身のヘヴィメタル・ミュージシャン Costa氏がドイツに移住して始めたスピード・メタル・バンドの4曲入りデビュー作。もともとMe Saco Un Ojoから限定100本のデモとしてリリースされ即完売しましたが、Dark DescentからCDで再発となりました。

Costa氏はあの伝説のクラスト・デス・メタル NUCLEAR WINTERにも在籍していたそうですし、SATAN'S WRATHに参加していたことも考えればMSUOからリリースされていたのも納得いきますが、EARLY DEATHのサウンド自体は今までのMSUOやDark Descent作品ではほとんどないサタニック・スピード・メタルなタイプです。昨今のオカルト・ヴィンテージ・スピード・メタル・ムーブメントの中では、やはり一番近いのはSATAN'S WRATHになるでしょうか。ただ、SATAN'S WRATHは極悪性とメジャー感のバランスがバツグンに絶妙だったけど、このEARLY DEATHはマイナー・メタル臭全開で、そこがSATAN'S WRATHファンに受け入れられるかどうかがポイントとなるでしょう。ダイハードなジャーマン・スピード・メタル・マニアはぜひチェックを!







・CRITICAL DEFIANCE - Misconception CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

またしてもチリから登場した期待の新鋭スラッシュ・メタル・バンドの1stアルバムがUnspekable Axeからリリース。RIPPER, VENUS TORMENT, INVINCIBLE FORCEといった、Unspeakable Axe / Dark Descent関連チリ・スラッシュのファンは間違いなくいっておいてほしいですが、それらのバンドとも違う魅力も十分に備えたバンドです。

まず、いきなりしょーもないこと言いますが、ロゴがかっこいい!!裏ジャケの3Dロゴをマジマジ見てると、非常に計算されたデザインで、授業中にノートに書きまくりたくなるようなロゴです。サウンドはハードコアな突貫スピードとテクニカルなギターのコンビネーションを武器にしたスタイルで、カナディアンSACRIFICEなどの系統になるでしょうか。しかもメロディックなツインギターも既にかなり完成されているので、ギター・オリエンテッド・スラッシュ好きも必聴。しかし南米の若者らしい荒々しさももちろんあるので、悪く言えばバラつきがある、しかしアルバムを通して聴くと中盤~後半はかなり濃密な内容となっています。パワーを制御できないようなこの感覚は、オーストリアのDEATHSTORMを初めて聴いた時も彷彿させて、特にメロディックなインスト・ナンバーの4曲目を過ぎたあたりからの猛烈さは凄まじい!!北欧やヨーロピアン・スラッシュ・メタル好きにもオススメdeath!!







・LACERATION - Remnants CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

2006年結成USカリフォルニアのスラッシュ・メタル・バンドのコンピレーションCDが、Unspeakable Axeよりリリース。このCDの発売以前に日本でチェックしていた人が果たして存在するのかはわかりませんが、なかなか日本人好みのオールドスクール・スタイルですので、ぜひチェックを。


Tracks 1-3 : Realms of the Unconscious DEMO (2010年)
Tracks 4-6 : Split w/ TINNITUS (2013年)
Tracks 7-10 : Consuming Reality EP (2009年)


デス・メタルの重厚ダイナミズムにも触発された90年代スラッシュ・メタルのような感触で、DEMOLITION HAMMERなどのファンにオススメです。リフはSLAYER起源、整合感とドラマチックな展開はベイエリア・スラッシュ、しかしドラミングは重心低くパワフルで、低いリフと低いバタバタ感のリズムが非常に良くマッチしています。メロディックなギターソロが絡んできたりすると、Leprosyの頃のDEATHが、ビルさんbeatじゃなくてロウ・パワフル・ドラミングになったような感じもあります。スピード・メタル要素とデス・メタル要素を兼ね備えたRIGOR MORTISっぽさもあるテクニカルなダーク・スラッシュなナンバーなどは、オッサンもかなりグッとくる渋さ。地味なタイプではありますが、チャラくないアメリカン・ストリート・スラッシュ・メタル好きは必聴デス!!







・SADISTIC RITUAL - Visionaire Of Death CD 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)

デス・メタル・バンド ECTOVOIDのメンバーも在籍するUSアトランタのスラッシュ・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバム10曲入りCD。Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからのリリースで、当店に入荷するのは2015年のEP以来2作目なので、あまりわかったようなことは言えませんが、「前作もこんな感じだったかな?」と思わせるほど、ファースト・フルレングス作品らしい気合が充満した力作です。

とにかく、もう1曲目のオープニングからノックアウトされてしまうテクニカル・リフ大爆発のスピード・メタル・スラッシュで、ジャーマンVULTUREなどのファンは悶絶首振暴動迷惑行為必至&必死でしょう!!続く2曲目も素晴らしい疾走感で、1曲目だけで全パワー放電するタイプではありません。タイトなドラムがアメリカン・スラッシュらしい整合性でビシッと引き締めて、尚且つVULTUREなどよりもデス・メタル的ダークネス&イーヴォーなテイストが強く、アメリカン・バンドのダイナミズムと、ジャーマン・スラッシュのゴリゴリ要素が見事にミックスされたようなスタイルです。これはEL ZINE#38の対談相手某氏にもチェックしてもらって、もっとBOYで買ってもらわねば!!

関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR