RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!


rawpower-83demo-lp.jpg



・RAW POWER - '83 Demo LP LTD.200 WHITE VINYL 税込2,592円 (Ugly Pop)

来月遂に初来日ツアーを慣行するイタリアン・ハードコア・パンク・レジェンド RAW POWERの名作1983年1stデモが、カナダの老舗レーベル Ugly Popからリリース。過去にいくつかのコンピレーション・アルバムでも再発されてきたクラシック・デモ音源ですが、アナログ盤ではこれまでにF.O.A.D.からの”Birth" LPに収録されてたのみで、オリジナル・アートを使用して単体でヴィニール化されるのはコレが初となります。インナーもカセット・スリーブのような、あえて小さい歌詞シートとなっています。当初限定500枚という情報でしたが、それとは別に限定200枚のホワイト・ビニールも存在するとのことで、今回はホワイト・ビニールをゴリ押しして提供してもらいました!!ビニール・カラー確認のためにシュリンクラップは開封させてもらっています。

世界各国の名だたるハードコア・パンク・バンドが集結したWelcome to 1984 Comp.で、一際クレイジーなスラッシュ・コアを聴かせ、日本でも当時から人気の高かったイタリアン・パンク・レジェンドです。ジャパニーズ・ハードコア・ファンには、鉄アレイが昔カバーしてた事でも有名です(Sunshine Sherbetからの1stアルバムのアウトロになってる、Fuck Authorityを日本語でやってましたね)。絶叫スタイルの始祖とされるVo.と、故Giuseppe氏のハードロックをベースにしたギター・プレイによる表情豊かなソロやバツグンにキャッチーな楽曲センスなど、激しいスラッシュ・ハードコア・サウンドの土台が、しっかりしたミュージシャン・シップによって築かれていたのがわかります。とは言っても、この1stデモのキレっぷりは最上級で、1stアルバムの時点で実は既にハードロッキンなテイストも見事に導入していたことを考えると、デビュー音源の本作デモがロウ・スラッシュとしてのRAW POWERの絶頂と言えるかと思います!!



microedge-83demo.jpg



・MICRO EDGE - '83 Demo LP 税込2,592円 (Ugly Pop)

カナダの老舗レーベル Ugly Pop Recordsが、RAW POWERのデモLPと同時にリリースした地元トロントの超オブスキュア・アンノウン・ハードコア・パンク・バンドの1983年デモ音源LP化再発。こちらは全てブラック・ビニールのみの限定500枚リリースで、ブックレット形式のインナーが付いています。けっこう好評らしく、他所のディストロにはまだあるとは思うけど、レーベルでは全500枚即完売だったようです。

アートワークから察しの付く通りのスケート・パンク・スラッシュで、BLACK FLAG, JFA, CIRCLE JERKS, DOA, YOUTH YOUTH YOUTH, etcのカバーから初めて、DIRECT ACTION, A.O.F., CH3, GBH, etcのサポートを務めるまでになっていったそうです。確かにサウンドはスケートコア・パンクとして申し分なく、BLACK FLAG調のダイナミック・ハードコア・ナンバーから始まった後は、JFAやCIRCLE JERKSのようなスピード・スラッシュの連射で畳みかけます。でも、クロスオーバー風味は無いけど、JFAのような小気味よい疾走感よりも、DRIなどのドカドカしたスピード感に近く、スケート・パンク以外のUSHCロウ・スラッシュ好き万人にオススメ!!



gorillabiscuits-30thbox-red.jpg



・GORILLA BISCUITS - S/T VINYL 7" BOXSET RED VINYL 3rd EDITION 税込8,964円 (Revelation)

*こちらの商品は、基本的には他商品とまとめての通販発送はお受けできませんが、7"/CD/カセット/Tシャツなどであれば可能な限り対応します。LPは無理です。配送は、定形外郵便か、佐川急便のみでの対応となります。また、送料サービス対象外商品ともなります。


「デュアルモデルとか、いつまでも作らないプラモとか、かさばる箱モノなんとかしろ」、と家族に言われて30代で断プラした身分としては、昨今のレコード屋販売マーチャンダイズ物でデカい顔してるフィギュアの類が実はとっても嫌いで全無視してきたんですが、ターンテーブルの上をくるくる回るこのゴリラ君のバカさ加減に遅ればせながら興奮してしまいまして、遂に入れてしまいました。NYHCを代表する名作シングル GORILLA BISCUITSの1988年発表1st 7"の30周年記念盤、Super 7製ゴリラ君フィギュア付きボックスセット3rdプレス・レッド・バージョン!!!

2018年にブルー・ビニール/ブルー・ボックス/ブルー・ゴリラでRevelationオンラインショップ限定で600個発売された際、まさにパニックと呼ぶにふさわしいほどの超瞬殺で完売してすぐさま高額取引され始め、今年2019年に入ってパープル・ビニール/パープル・ボックス/パープル・ゴリラの2ndエディションが1500個発売されるも、それも瞬く間に完売。そしてリリースされたのが、このレッド・ビニール/レッド/ボックス/レッド・ゴリラの3rdエディションです。過去の2バージョンよりもブックレットのページ数が増量されているようです。Super 7製MISFITSフィギュアを一生懸命集めていたG.A.T.E.Sの二ツ木氏は、この30周年記念盤で遂にGORILLA BISCUITSにも入門し、「多分1stエディション持ってるのは日本で俺だけだ」と豪語していますが、このボックスセットはなにせレコードとセットですから、他のSuper 7フィギュアよりもレコード・ファンの熱狂っぷりが違います。

内容については言うまでもなく、NYHCクラシックと言うよりも、80's USHCを代表する名作と呼ぶべき、後のユースクルー・ハードコアの原点となった大傑作。そういえばマスター・テープの紛失により、1988年初回プレスだけがオリジナル・マスター・テープを使用した唯一のプレスで、同年にすぐさま再プレスされた2ndプレスからずーーーーーーーーーーーーーーーっとリミックス・バージョンでしかプレスされてない、ってのは我々世代には有名な話でしたが、最近遂に初回プレスに針を落とすことができたので何十回とリピートしたけど、ワタクシには違いはわからなかった。でも、だからこそアグノやMDCの1st LPみたいにオリジナル/リミックスの違いが伝説として語り継がれてきてないのかな?(ちなみにアグノもMDCもリミックスの方が好き)ま、何が言いたいかっていうと、二ツ木氏がこの30周年記念盤ボックスの1stエディションをしきりに自慢してくるので、俺は初回オリジナル・ミックスの方に散財してやったぜ!と負け惜しみ言いたかったんです。レッド・ゴリラのくるくる回る動画はまだ見つからないので、ブルー・ゴリラの動画貼ります。世の奥様方、こんな赤ん坊あやすようなモンで興奮するんですよ、アラフィフおっさんズは!!

関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR