RECORD BOY

Japanese Hardcore Punx!!


**定休日の昨日からせっせと仕込んでましたが、量が多いため、ご注文のメールにはまだどなたにも返信できていません。ごめんなさい。とりあえずここで一区切りつけて、明日から返信していきますので、しばらくお待ち願います。



rockyandthesweden-green.jpg

・ROCKY & THE SWEDEN - Green Riot / Weed Weed Weed 7" 税込1,080円 (Break The Records)

復活を果たしたR&Sの2曲入り7"シングルが、Break The Recordsから限定300枚でリリース!!このところ、海外でも人気が高まっていて過去作品の問い合わせが増えていましたが、そんな状況をあざ笑うかのように今回は300枚プレスなので初回盤は即完売。以前よりも骨太、しかし相変わらずのアティチュードで暴走ドライブしまくる痛快すぎる復活作です!!


奇跡の復活を遂げたHARDCORE GRASS HOPPERSこと、ROCKY & The SWEDENの300枚限定新作7インチシングル!!

2016年の自主企画来場者特典で久方ぶりの新音源を収録したCD-Rが配布され、それを聴いて次作に期待を寄せた方も多い事でしょう。直ぐにでもアルバムレコーディングに入る予定がアナウンスされていましたが、そこからの紆余曲折、活動停止の危機をメンバーチェンジで乗り越え、着手から実に3年、遂に完成目前迄漕ぎ着けたフルアルバムから先行して2曲をシングルカット!

今作も正にR&S節が渋く光る、最高の2曲を用意してくれました。GREEN RIOTにWEED WEED WEEDという、非常に彼ららしいワードで某パンクアイコン(隠すまでもないですが笑)のオマージュをするという、このセンスこそROCKY & The SWEDENを伝説たらしめた一因と言えるのではないでしょうか。また新ギタリストKAZUKI SWEDEN(ex-VIVISICK)により、今までには無かったスパイスが加わっているのも聴き処の一つ。新体制で完全復活を遂げたR&SのDOPEな活動に更なる期待を。(インフォメーションより)




bound-overflow.jpg

・BOUND - Overflow CD 税込2,000円 (AFU)

静岡ハードコア・パンク・ファンにはずいぶん前から高い人気を誇っていた磐田のBOUNDが完全自主製作で1stアルバムCDをリリース!!現在の当店ではなかなか日本のハードコア/パンク・リリースをくまなく網羅することはできませんが、やはりこのリリースは指をくわえて見過ごすことはできませんでした。全9曲入り。

静岡ハードコア・パンクの伝統的スタイル、モホーク・ヘアーもバッチリかっこいいシンガーのNaru氏は現在はSO WHAT兼任、ギタリストはex. ZONEのKen氏で、サウンドもキャッチーでシンガロングなメロディーをストロングな疾走感に乗せた、これぞジャパニーズ・ハードコア・パンク!!



unfaded-kugurido.jpg

・unfaded / KUGURIDO - Split 7" 税込1,296円 (Break The Records)

現代で言うところのネオクラスト、40代には激情エモなどと言われたりした叙情的/哀愁旋律を強調したハードコア2バンドによるSplit 7"がBreak The RecordsからDLコード付き限定300枚でリリース。ドラマチックな大作1曲で勝負した奈良のunfaded、このテのスタイルでは珍しいショート・ナンバー4曲連射で鬼気迫る兵庫のKUGURIDO、ともに真摯で実直さの伝わるSplitシングルとなっています!!


奈良の"unfaded"と姫路の"KUGURIDO"。3LAからリリースされたV.A「ろくろ」にも参加した2バンドが今再び相見える。

この2バンドの共通項は「ネオクラスト」という事になるのだと思う。起源を辿れば必ずしも近い所に辿り着くだろう。しかしながらこのスプリット作品を聴いて思うのは、なんとも違いが引き立つ事か、という事だった。簡単に言えるのは7インチ片面にぶち込む曲数の違い。それは表現方法の違いと言う事が出来るだろう。そして楽曲の緩急を引き出す音を見事クリアに作り出したunfadedに対し、徹底的にDIYに拘るKUGURIDOはメンバー自らの手でレコーディング、ミックスを行う事でそれに負けない音を作った。ご購入いただいた方はジャケの見開き、両バンドのアートワーク面でのコントラストにも是非注目していただきたい。それぞれの単独作を聴くだけでは感じられなかった個性が際立ち、改めてスプリット作品をリリースする意義に気付く事が出来た。広くこの作品が伝播していく事を願ってやまないが、諸般の事情で300枚の限定プレスとなってしまった事をご了承いただきたい。(インフォメーションより)




keiketsu-eyescream-nonono.jpg

・経血 (KEIKETSU) / EYESCREAM / NO NO NO - Croon A Lullaby SPLIT CD 税込1,620円 (Break The Records)

キョーレツな個性を放つ日本の女性Vo.パンク3バンド収録のSplit CDがBreak The Recordsからリリース!!


経血、EYESCREAM、NO NO NOと、それぞれリリース作品が即時完売となってしまうなど、世界から大注目されている3バンドによる夢のスプリット作品が完成。

日本の80年代のパンク、ハードコアに強いバックボーンを感じされる"経血"ですが、今作でも同様、ドロドロしたような感触の楽曲2曲を収録。冒頭からアクの強いSEで入り、しっかり聴かせるミドル・チューン、そして緩急あるスピード・チューンへとなだれ込む。もはやこの手の音で"経血"を越えるバンドは現存しないのではないだろうか。巧みに操る日本語の妙にも脱帽だ。
これまでデモテープのみのリリースながら、既に海外レーベルからリリース熱望のオファーもあるという仙台の"EYESCREAM"。話題沸騰のデモテープからサウンドクオリティーも相当上がっている。80年代のハードコアの肝を押さえたような、心地良いスピード感で展開されていくハードコアサウンドはもはや爽快感すら感じる事が出来る。歯に衣着せぬボーカルスタイルにも要注目。
3バンドの中で最もぶっ飛んだスタイルの“NO NO NO”は、前述の2バンドと同様のバックボーンも持ちながらも、90年代以降の加速していくハードコア・サウンドの影響が色濃く出ている。トップ・スピードの演奏と早口に捲し立てるハイトーン・ボーカルは鳥肌物だ。速い楽曲ながらフックする部分も綿密に作られており、ハードコアの現代解釈としての面白味を多分に含んでいる。(インフォメーションより)


関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR