RECORD BOY

Hardcore Punks from the Graves!!


davedictor-book.jpg

・DAVE DICTOR - MDC : あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ぶっ壊れた文明の回想録 BOOK 税込1,944円 (Gray Window Press)

ポリティカル・パンク・ファンジン DEBACLE PATHの第1号が好評の鈴木智士氏(ex.無我, ex.TECHNOCRACY, ex.VOCO PROTESTA, etc)による訳で実現した、アメリカン・ハードコア・パンク・バンド MDCシンガー David Dictor氏の自伝本日本語版です。この本は2017年2月に遅すぎる初来日ツアーが実現したMDCのライブ会場で英語版が販売されていて、私の記憶が間違ってなければ、そこで鈴木氏も購入していたはずです。毎度私事で恐縮ですが、2017年2月2日東京新大久保EarthdomでのMDC日本初ライブは、これまで自分が体験してきた数限りないライブを振り返っても、間違いなくトップ3に入る、今思い出しても感動して震えてくるライブでした。若いパンク・ファンから、リアルタイムで熱中したジャパコア諸先輩方まで、会場に居たほぼ全員が興奮していた異様な雰囲気で、空気読めずに茶化すような者なども居なく(仮に普段はそういう楽しみ方しているような人でも、あの場では息をのんで終始見入ってたはず)、その空気を作り出したのは言うまでもなくノンストップで繰り出されるMDCの凄まじい演奏でした。DEATHSIDE, CRUCK, BASTARD, SIC, URBAN TERROR, KGS, LIBERATE, etcetc...自分がこの店で働き始めて憧れてたバンドのメンバーさんがみんな大好きで聴いていたのがMDCだったし、自分もそれを追いかけて長年MDCを聴いてきたつもりだったけど、あの2017年2月2日のライブでようやく初めてMDCの凄さを理解したような気がしました。

まぁ、ガラにもなくセンチに解説するとこっぱずかしいのでもうやめますが、とにかくこの本、1度でもMDCに触れたことがある人は万難を排してでも読むべき最高の書ですし、80年代のUSHCという、広大過ぎて一括りにはできない独自のサブカルチャーの一端だけでも好きだったのならば、絶対に楽しんで読めるはずです。それがたとえ、CBGB周辺のNYHCやクルー系ボストン・ハードコアなどのシーンの局地的ファンでも、です。Dave Dictor氏の信条や生い立ちはハッキリ言って隅々まで共感することはできないし、環境が違うのですからそれはいたって当たり前だと思いますが、理想的な結論や正論有りきで憧れてたものを盲目に正当化する必要などない、ということは、Dave Dictor氏自身がこの書で教えてくれています。それはもちろん、あの有名なBAD BRAINSシンガー HR氏との一件なわけですが、他にもPOISON IDEAの"Pig Champion"故Tom Roberts氏との堕落して堕ちに堕ちまくったSUBMISSIVES時代や、MDCがCBGB周辺NYHCシーンから目の敵にされていた頃のCRO-MAGS John Joseph氏&Harley Flanagan氏との出会いなど、ゲスなワイドショー的にトリビアをかいつまんで読むだけでも楽しめるでしょうから、あまり推奨すべきじゃない読み方かもですが、目次を見て面白そうなところから読み始めても良いのではないでしょうか。最終的には、頭から通して絶対に読みたくなるはずです。テキサス・パンク2大巨頭シンガー DICKSのGary Floyd氏とBIG BOYSの故Randy Turner氏がDave Dictor氏のみならずUSHCシーンに与えた計り知れない影響力を改めて考えるきっかけにもなりました。とにかく読んでください。完全にオススメです!!!


1970年代末、アメリカン・ハードコアの黎明期から現在まで、40年にわたりその活動を続けるオリジナル・ハードコア・パンク・バンド、MDC(Millions of Dead Cops)のヴォーカル、デイヴ・ディクターの2016年発表の自伝が日本語訳で登場!
デイヴ・ディクターがその人生をかけて貫いてきた平等主義、DIY精神、菜食主義、ポリティカル・ハードコア、また初期アメリカン・ハードコア・シーンに蔓延していたセクシズム、レイシズム、ホモフォビアに立ち向かう姿勢の原点はどこにあるのか? そして数々の政治的アクションや1983年の「ロック・アゲインスト・レーガン」ツアーなどの反共和党の行動、警察、キリスト教やKKKへの批判、現在はトランプ政権に真正面から立ち向かいながら、世界中をツアーするその行動力の源となるものは?
パンクが起こる前、60~70年代の生い立ちから、80年代前半のテキサス~サンフランシスコ時代、そして同時期のヨーロッパツアーでの出来事や、Bad Brainsとの対立など、当時のバンドとの数々のエピソード、やがて90年代、パンクの商業化が進む裏でMDCメンバーはバラバラになり、Poison Ideaのピッグ・チャンピオンと一緒にドラッグを摂取しまくって、ついには逮捕されたデイヴ。そしてそのどん底からの復活。家族やバンドメンバー、パンク友人たちとの関係、シーンの問題や移り変わりを赤裸々に語るデイヴの言葉は、パンクが好きなすべての人のためにある。
デイヴ・ディクターの言葉で追体験する、あるひとつのアメリカン・ハードコア・パンク史。

■付録: 2017年発表のドナルド・トランプ批判ソング「Mein Trumpf」など、MDCの代表曲4曲(未発表バージョン1曲を含む)がストリーミングできるリンク付き!
(歌詞、デイヴ・ディクターによる曲解説の対訳付き)

『ICE-Tのボディ・カウントの「コップ・キラー(警官殺し)」や、「ストレイト・アウタ・コンプトン」よりはるか以前に、すでにそこにはMDCがいた。MDCに対して、「中立」な反応なんてものはなかった―特に警察からはね。このシーンが存在すること―どの町にもライブをする場所があり、いつもこのアンダーグラウンドのパンクシーンがあったこと―を当然だと思ってるあなた、そんなあなたにはこの本を必ず読んでほしい。度胸を持って、身を賭して今あるシーンを作ってきた人たちがそこにはいて、どのようにハードコアのシーンが形成されたのか。この本でそれに気付かされるはずだ。』
―ジェロ・ビアフラ/Dead Kennedys、Alternative Tentacles

『デイヴ・ディクターは、オリジナルのハードコア・シーンにおいて、最も怒り狂ってて、挑発的な、最重要フロントマンのひとりだね。だって「Millions of Dead Cops」ってバンド名だよ。そしてそれを実行する賢さと豪胆さを持っていた。それがデイヴ・ディクターだ。』
―ヴィック・ボンディ/Articles of Faith

『デイヴと最初に会ったとき、すぐに生涯の友人になると感じたよ。私たちは、お互いパンクバンドのヴォーカルだろうが、テキサスのカウボーイだろうが、この友情は続くと思ったし、実際にずっと続いてる。大好きな人だ。』
―ゲイリー・フロイド/ The Dicks / Sister Double Happiness / Black Kali Ma

『デイヴ・ディクターは本当に信頼できる人だ。いつの時代もブレることなく自分の信念を貫く稀有なタイプだ。こういう人間が、よりよい世界を作っていくんだ。』
―(2018年10月にカナダ・バーナビー市の 市議会議員に当選した)ジョー・“シットヘッド”・キースリー/DOA

『デイヴ・ディクターは私にガッツ、謙遜、汚いパンクスを目一杯詰め込んだバンで国境を突破すること、あとライブのMCで対バンを紹介することを教えてくれた。ヨーロッパじゃキッズたちはニワトリが大好きでジョン・ウェインが大嫌いなことを叫んでたし、デイヴのサド彼女がTribe 8に加わって、ハンブルクのフェミニストに叱られたこともあった。MDCは逮捕されることも恐れず、誰も行かないような国をツアーして、抑圧されている人たちに革命を届けに行った。デイヴ・ディクターは単にパンクを歌ってるだけじゃない、パンクを生きてる。この本はデイヴの冒険譚。』
―リン・ブリードラヴ/Tribe 8

『デイヴは、初期パンクシーンで、ゲイの人々の権利のために戦った闘士の草分け的存在だ。その後も今日に至るまで、常にそういった問題に真っ先に取り組んで、若いパンクスにも年寄りパンクスにも影響を与え続けてきた。パンク好きなら必読の書だ。』
―キーラン・プランケット/The Restarts




kotsbrokken-1984.jpg



・KOTSBROKKEN - 1984 LP 税込2,916円 (Queer Pills)

超知られざるオランダのハードコア・パンク・バンドの全15曲入り限定500枚LP。非常に情報の少ないバンドで、15曲中14曲はライブ録音、最後に収録された1曲が Alle 55 Kortなる1984年にカセットでリリースされたダッチ・パンク・コンピレーションに提供された曲のようです。過去にPICTURE FRAME SEDUCTIONやFALSE CONFESSIONなどの再発が当店には入荷していたQueer Pillsからのオフィシャル・リリースなのですが、レーベルもかき集められるだけの情報を全て詰め込んでジャケットを制作したらしく、歌詞カードは付属していません。しかしこれが、まだこんな未発掘のバンドがあったのか?と驚いてしまうような極上のロウ・ハードコア・パンクで、80'sハードコア・ファンは必聴級の発掘音源です。

基本はUK82スタイルなんですが、とにかくド渋い。チタチタ8ビートに乗せた哀愁のパンク・ナンバーなどは、北欧やジャーマンのバンドでもそうは簡単に出せないUK直系スタイルで、RIOT SQUADなどのOi Coreから、ATTAKのようなブルータル・ロウ・パンク・ファンにも聴いてもらいたいです。ドタバタに突き進む16ビートのスラッシュ・ナンバーになると、崩壊手前のロウな演奏が最高で、SUSPENSEやNEO PUNKZなどのプレ・ハードコアなダッチ・ロウ・パンク・ファンももちろん必聴。今回はPogo 77の今村氏がディストリビューションしてくれて入荷しましたが、次回入荷はちょっと難しいので、サンプル聴いてビビッと来た人は、この機会にぜひ確保しといてください!!


*輸入盤ですが、こちらは送料割引対象外商品です。



thefiend-stanalone.jpg



・the FIEND! - Stand Alone 7" 税込1,296円 (Threat From The Past)

ANTISECTの7"などもリリースしいていたEndangered Musikから1984年に発表されたUKHCパンク・バンドの7"EPが、ドイツのレーベルから限定500枚で再発。ジャケもかっこよかったし、日本でもUKHCマニアには昔から人気のあったバンドです。

DISCHARGEやGBH等に影響されたであろう、シンプルなんだけどパワフルでロウなハードコア・サウンドは、現代で言うロウ・パンクの教科書のようなスタイルで、日本のロウ・パンクは毎度逃さないよう血眼で確保している人なんかは絶対に聴かねばならない名作です。レア盤として人気の高いオリジナルを持ってる人ならおわかりでしょうが、もともとこういう粗い画像のジャケで、これがまた激渋なルックスを一層際立たせていて、UKHCパンク・マニアならずとも魅力を感じてしまう名作です。



antisystem-discography-chaoscontrol.jpg



・ANTI-SYSTEM - Discography 1982-1986 CD 税込1,944円 (Chaos Control)

UKブラッドフォード出身ハードコア・パンク・バンド ANTI-SYSTEMのディスコグラフィーCDがUKレーベルから装いも新たにリリース。1991年にドイツのConstructive RebellionというレーベルからリリースされたANTI-SYSTEM初のコンピレーション・アルバムCDはグレーなリリースだった、という話は聞いたことがありますが、2011年のAnti-Society Records盤も結局バンド公認ではなかったそうで、このCDは堂々とオフィシャル・リリースを宣言しています。曲数はAnti-Society盤と同じ29曲入りながら、今回は順を追った構成で、1982年デモからスタートし、メタルコア化して第1期を終えたA Look At Life MLPで終了します。

1985年発表不朽の名作1stアルバム No Laughing Matter LPは、当時のMRRでPushead氏が、"怒涛のエナジーとスピード”などと表現して絶賛したように、UKHCパンクの王道を踏まえながら後のエクストリームなスラッシュ・ムーブメントを先駆けたような猛烈なテンションが、いつの時代に聴いても全く色あせることなくなくカッコよすぎます。個人的には、DEATH SIDEのThe Will Never DieやStarving Dog Eats Masterオムニバスの頃との共通性も感じてしまうくらい、この作品の獰猛さは本当に凄まじい。Defense Of The Realm 7"はCONFLICT, CRASS, SEX PISTOLSなどに影響されたUK82ロウ・パンクなバンドっぽい黄昏れもあるし、A Look At Life MLPは完全にUKHC流メタルコア・パンクの王道でまた渋い。同世代アラフィフ・パンク・ファン同様、自分も第1期ANTI-SYSTEMはけっこう熱中したので、このCDは嬉しいです。


Demo 1982
01. Government Lies
02. A Bomb Threat
03. Service / 1000 Rifles
04. Unsynchronised Precision

'Punk Dead, Nah Mate' Compilation 1982
05. Mans World
06. Breakout

Defence Of The Realm 7" 1983
07. Animal Welfare
08. No Longer To Choose
09. Service / 1000 Rifles
10. Government Lies
11. Bomb Threat

'Bollox To The Gonads' Compilation 1984
12. Why Should It Happen
13. Schoolboy

No Laughing Matter LP 1984
14. Rhetorical Stagnation
15. The End Was Inevitable
16. Brainwashed / World That God Made
17. Dying In Agony
18. Big Fallout
19. Don't Worry
20. Strange Love
21. Wot No Meat
22. No Laughing Matter / So Long As
23. Animal Welfare
24. Empty Threats

A Look At Life 12" 1986
25. Take A Look At Life
26. Leather, Bristles, Studs And Ignorance
27. In My Eyes
28. Paradise?
29. The Tables Must Turn



cress-propaganda.jpg



・CRESS - Propaganda and Lies CD 税込1,944円 (Chaos Control)

瀕死の状態だった90年代後期UKクラスト・ハードコア・シーンに於いて、UKパンクの伝統を現代的に表現したようなスタイルで、日本のポリティカル/クラスト・パンク・ミュージシャンの一部にも熱狂的に支持されたアナーコ・パンク・バンドのディスコグラフィーCDが待望の再発。オリジナル・リリースは90年代UKポリティカル・パンク・シーンを踏ん張って支え続けたFlat Earth Recordsから2003年に発売されていましたので、それ以来15年ぶりとなる初リイシューです。

1997年発表1stアルバム Monumentsがそこそこ好評だったところに、翌1998年にDOOMとSplit 10"をリリースして一気に脚光を浴びたような記憶があります。当時、UKポリティカル・ハードコア・パンクのほとんどがクラストコアの呪縛から逃れられず勢いを失っていたところに登場したこのCRESSは、スラッシュな手法は一切用いず、CRASSやFLUX OF PINK INDIANSか、またはANTISECTのミドルテンポ・ナンバーのような曲調を、サンプリングも取り入れながらもストロング・アナーコなハードコア・サウンドで表現していました。これがUKHC以外の何物でもないサウンドで、このバンドの登場によって原点を見つめ直すきっかけとなったクラスト・パンク・ミュージシャンも当時少なからず居たと思います。未聴の方はこの機会にぜひ!!



hellkrusher-wastelandunreleased.jpg



・HELLKRUSHER - Wasteland Unreleased CD 税込1,944円 (Chaos Control)

日本のクラスト・パンク・ファンには非常に人気の低いUKクラストコア・パンク不運のアンダーレイテッド・クラシック HELLKRUSHERの1990年発表1stアルバムの未発表お蔵入りオリジナル・バージョンが発掘リリース!!当時発表された音源は、カルト・マイナー・メタル・ファンに人気のUKスラッシュ・メタル・レーベル R.K.T.からリリースされていたのも納得の激渋メタルコア・パンク名作ですが、今回発掘された音源ではよりノイジー・クラストなサウンドが楽しめます。1990年の初ライヴ音源7曲もボーナストラック収録した全22曲入り。

HELLKRUSHERは日本では1992年に発表した2ndアルバム Building for the Richがクラストコア・パンクスに注目を集めて認知度が上がったバンドで、その2ndは当時(と言うか今も)ほとんど存在しなかったVARUKERSウォーシップの渋いクラスト・スラッシュでしたが、その後は知名度の上昇と反比例するが如く人気は降下していき、今では7"や3rdアルバムなどは中古盤激安特価品の主のような存在になってしまいました。

メタル・クラスティーズに人気の高かったHELLBASTARDのScottyはHELLKRUSHER結成当初はベースで、Vo.はVinyl Solutionから発表した唯一のLPがオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアにカルトな人気を誇るENERGETIC KRUSHERのAli。その2バンドの名前から取ってHELLKRUSHERと名乗り、1stアルバムは両バンドの要素が一番強く表れてるUKメタルコアの名作でしたが、このお蔵入り音源はもうちょっと王道のUKHCクラスティー・スラッシュな味わいが強く、メタルコアなテイストはさほど強調していないので、CONCRETE SOXの3rdくらいにも似た感触があります。あと、こういうロウなサウンドになると、2ndアルバムも骨格は同じだったのが良く分かって面白いです。それにしても、自らのバンド名をタイトルにした"Hellkrusher"は、どのバージョン聴いても、CH3のマネキンにそっくり。まぁ、パクリでしょう、きっと。とにかく、ファンには大変興味深い発掘リリースです!!



hellkrusher-human.jpg



・HELLKRUSHER - Human Misery CD 税込1,620円 (Chaos Control)

な、な、な、なんと4thアルバム!!!

日本のクラスト・パンク・ファンには非常に人気の低いUKクラストコア・パンク不運のメタルコア名作1stアルバム Wastelandを1990年に残したHELLKRUSHERの通算4枚目となるフルレングス作品です。2017年にドイツのレーベルからアナログ盤で出てたようですが、全く気付きませんでした。このたび、UKのこの辺のポリティカル・クラスト・パンクを現在一手に引き受けてるChaos ControlがCDバージョンもリリースしたので、少し入れてみました。3rdアルバム Doomsday Hour発表以来、実に20年ぶりのアルバムとなります。

しかしサウンドは全く変わっていなくて泣けてきます。。。メンバー写真が予想を超えたオッサンぶりでこれまた泣けてくるんだけど、DISCHARGE影響下のUKHCパンク・スラッシュをメタリックに兆むスタイルで、まさにあのHELLKRUSHERサウンド全開。でも聴き方を変えると、BROKEN BONESメンバーが90年代にやってたCHOKE HOLDとE.O.M.をミックスしたような感じにも聴こえてきます。なんにせよ、200%純正UKHCです!!


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR