RECORD BOY

Metal from the Graves!!


sacredsin-darkside-lp.jpg



・SACRED SIN - Darkside LP 税込3,240円 (The Crypt)

ポルトガルを代表するデス・メタル・バンドで、NAPALM DEATHやMANOWARのオープニングアクトも経験し、またポルトガルのバンドで初めてMTVでオンエアーされたヘヴィメタル・バンドとされるSACRED SINの1993年発表1stアルバムが、The Crypt / Dark Symphoniesからアナログ盤LPもリリース。ヴィニール化は今回が初となります。限定450枚リリースで、そのうちのltd.125枚スモーク・ビニールとltd.125枚クリア・ビニールの2種入荷しています。

サウンドはアメリカン・デス・メタルからの影響を感じさせながらも、ヨーロピアンらしい暗さが漂っていて、初期デス・メタル・ファンならば間違いなく楽しめる内容です。シンセやプログレッシブなテクニカル・パートも組み込みつつ、スラッシュなリフで構成した起伏に富んだデスラッシュ・サウンドはPESTILENCEとその他ダッチ・デス・メタルにも通じるところがあり、MORGOTH, TORCHURE, JUMPIN JSEUS, etcのジャーマン・デスラッシュ・メタルとも似た魅力があるタイプです。サンプルで貼ったビデオ・クリップなどは、ちょっとインテリジェンスなSEPULTURAみたいでもあります。初期ユーロ・デスラッシュ・メタル・ファン必聴!!



exhortation-thelast.jpg



・EXHORTATION - The Last Trial 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

スイス・チューリッヒのデス・メタル・バンドの1995年発表アルバムが、1994年1stデモ/1997年プロモ・デモ/1999年プロモ・デモ音源を収録したボーナス・ディスク付きの2枚組CDでDark Symphoniesから再発。オリジナルは90'sデス・メタル・マニアにはおなじみのWitchhunt Records傘下のレーベル Opus Dei's Licence ProductionsからCDのみでリリースされていて、今回が初の再発となります。

いきなり最悪なファンキー・ドラムから始まり、ちょっとPANETRA Walk的なリフになだれ込むという、デス・メタラーには大いに不安を掻き立てられる1曲目の前奏ですが、とりあえずこの最初部分だけなので大丈夫です。ブルデス感触のないSINISTERのような起伏の激しいデス・メタルを、ジャーマン・デスやダッチ・デスっぽいB級雰囲気で演奏していて、ユーロ・マイナー・メタル・マニアならば存分に楽しめる作品ではないかと思います。後にサウンド・スタイルを変えてモダン・スラッシュ化したようで、プロモ音源はかなりそっちに寄ってますが、ボーナス・ディスク前半のデモ音源はより90'sアンダーグラウンド・デス・メタルらしい陰鬱さが充満しています。



messiah-unreleaseddemo-cd.jpg

・MESSIAH - Unreleased Demo 1984 CD 税込1,944円 (High Roller)

初期はノイズコア・グラインド・ゴッズ FEAR OF GODメンバーも在籍していたスイス・デスラッシュ・メタル代表格 MESSIAHの貴重音源がHigh Rollerから一挙リリース。いずれもスリップケース付きで、コレクションとしてもなかなか良いシリーズです。今回は3点アップしてますが、これに1992年/1993年のライブCDも加えた4種で発売されていまして、そのライブCDは店頭で聴いてたら早速売れたり、先にお問い合わせいただいてたりもして、早々に売り切れてしまいました。すみません。

こちらは以前にIron Pegasusからアナログ盤でリリースされて話題を呼んだ最初期発掘デモ音源です。あのLP発売が2007年ですから、もう10年以上も前の話ですか。。。MESSIAHは1985年のデモ・アルバム Powertrash / The Infernal Thrashingというのもありますが、これはそれよりもさらに古い1984年デモ。Powertrash / The Infernal Thrashingではサタニック・メタル色の強いロウ・メタルを聴かせてたけど、こちらはSLAYER型のブリブリブリブリ...と刻むダーク・スピード・メタルでスタートしてかっこいいし、ドゥーミー・スロウなスピードを抑えた曲でも演奏は倒壊寸前で、最高のイーヴィル・ノイズ・メタルとなってます!!



messiah-space-cd.jpg

・MESSIAH - Space Invaders CD 税込1,944円 (High Roller)

こちらは1985年~1987年の未発表リハーサル音源集。1986年のカルト・デスラッシュ・クラシック・アルバム Hymn to Abramelinの前後の音源ということになります。初期MESSIAHの最大の魅力である崩壊感と、もうちょっとサタニック・スピード・メタル風味のナンバーなど、MESSIAH信者ならずともプロト・デス/ブラックなスピード・メタル好きならば満喫できるプリミティブ・セッションです!!



messiah-themighty.jpg

・MESSIAH - The Mighty Chaos Has Returned (The Roots of Psychomorphia) CD 税込1,944円 (High Roller)

こちらは1990年の3月と9月に録音されたデモ全8曲を収録。サブタイトル通り、1990年発表 Psychomorphia EPのデモ・レコーディングのような内容です。1stと2ndはポンコツ・スラッシュ・メタル・クラシック作品としてマニアにカルトな人気を誇りますが、初期デスラッシュ・ファンに評価が高いのがPsychomorphia EPとChoir of Horrorsアルバムの1990~1991年期です。初期から追求していたハードコアなスピードのテクニカルなデスラッシュ・メタルがようやく実現できる演奏力が付いたような(と言っても、メンバーは大幅に変わってますが)ゴチャゴチャしたテクニカル・スラッシュでダーティーに突進する、これぞユーロ・デスラッシュ・バウンド!!



violentforce-malevolent-lp.jpg



・VIOLENT FORCE - Malevolent Assault Of Tomorrow LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (High Roller)

激渋バンドぞろいの80'sジャーマン・スラッシュ・メタルの中でも最高に渋い部類に入るVIOLENT FORCEの1987年に残した唯一のアルバムが、High Rollerから再発。オリジナル・リリース以来初の再発となるアナログ盤はポスター付きで、今回はltd.450枚レッド・ビニールで入荷しました。

LIVING DEATHの完璧最高潮期 Back to the Weapon EP以降を支えて、HOLY MOSES, SODOM, ASSASSIN,etcの名だたるジャーマン・スラッシュ・メタルを渡り歩いたドラマー Atomic Steif氏が恐らく初めて本格的にドラマーとして青春時代に活動したバンドでもありますが、Atomic Steif氏の存在を抜きに考えても完全にカッコいいバンドです。アルバムのトップを飾る代表的名曲 Dead Cityは、歴史に残るMOTORHEADishスラッシュ・クラシック・ナンバーだけど、VIOLENT FORCEはMOTORHEAD直系と言うよりも、MOTORHEADに憧れたSODOMに強く影響されたスラッシュ・メタルというところがまた最高に渋かったです。ドカドカの2ビートとキャッチーなリフで爆走し、Angelripperスタイルのクールな低音ボイスが乗ってきて、いつ聴いても激渋すぎますが、そしてさらにSODOMにはあまりなかったガッツに満ちたメロディック・ギターが絡まってくるのも素晴らしい。そういう意味では、VENOM直系でありながらメロディックなギター・プレイで本家にはない完全な個性を確立したBULLDOZERとVENOMの関係性に似たものが、このVIOLENT FORCEとSODOMにも感じられます。

VIOLENT FORCEのカッコよさを未体験な人は、当時TVドラマに登場して一般人にも突如名が知れたというVIOLENT FORCEのライブ・シーンを見てシビレてください。これはいつも見てもホントかっこいい!!!口パクじゃないのも当時にしては珍しいし、ステージに上がったりしないで熱狂する客バンガーズもかっこよく素晴らしい!!



mandator-initial-lp.jpg

・MANDATOR - Initial Velocity LP 税込3,240円 (The Crypt)

80年代ユーロ・スピード・メタルを代表する名作との呼び声も高いオランダのMANDATORの1988年にドイツの名門 Disaster Recordsから発表した1stアルバムが、The Crypt / Dark Symphoniesから限定500枚でアナログ盤も再発。限定500枚プレスで、そのうちのltd.175枚マーブル・ビニールと、ltd.150枚クリア・ビニールの2種入荷しています。

まさにMYSTO DYSTOの進化形と言えるようなスタイルで、当時シーンを席巻していたスラッシュのアグレッションを積極的に取り入れつつも、隙間を埋め尽くさないドラミングなど、無意識なのか失敗だったのかはわからないけどスラッシュのダイナミズムには染まらずに、実にヨーロピアン・ヘヴィメタルらしい哀愁メロディーと疾走感で構成されています。ファンは待ちに待った甲斐のある再発盤です!!



mandator-perfect-lp.jpg

・MANDATOR - Perfect Progeny 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

1989年発表2ndアルバムも、The Crypt / Dark SymphoniesからCD同様に1993年録音Strangledデモをボーナスを追加した12曲入りでLP再発。アナログ・バージョンはデモ音源4曲をボーナス・ディスクに分離した贅沢な仕様となっています。限定500枚プレスで、そのうちのltd.175枚スプラッター・ビニールと、ltd.150枚クリア・ビニールの2種入荷しています。

こちらもオリジナル盤はドイツの名門 Disaster Recordsからリリース。1stアルバムはMYSTO DYSTOの進化形とも言えるような、スラッシュと言うよりもヨーロピアン・スピード・メタルの伝統を継承したスタイルでしたが、この2ndアルバムは完全にスラッシュな切れ味を身に着けて、TESTAMENTあたりのアメリカン・スラッシュ・メタルの影響を感じさせます。しかし、曲調はやはりどこかヨーロピアンらしい陰りが見え隠れしますし、切れ味もベイエリア・クランチのダイナミズムとは異質で、同じDisaster Recordsリリースの名盤であるANGEL DUSTの1stにかなり近いジャキジャキさのように感じます。PARADOXやANGEL DUSTなどのファンにオススメの、Late 80'sユーロ・スラッシュ・メタル隠れた名盤!!



aggressor-procreate.jpg



・AGGRESSOR (Estonia) - Procreate the Petrifactions CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

旧ソビエト連邦に含まれる北欧の経済豊かな小国エストニアの首都タリンで1989年に結成されたデス・メタル・バンドの1993年発表1stアルバムCDがDark Symphoniesから再発。オリジナル・リリースはカセットのみで、2012年に本国で1度再発されてたようですが、いかんせんシーンの情報がなかなか入ってこない小国ですので、いまだに知られざるバンドではないかと思います。デモもボーナス収録した全14曲入り。


Tracks 1-10 : Procreate the Petrifactions ALBUM (1993年)
Tracks 11-14 : Demo 1991


しかしこれが再生した瞬間からかっこいい。北欧バンドらしい冷たいグロウル感もうっすらありますが、スウェーデンやフィンランドのデス・メタル・バンドとも質感の違う、SLAYER起源低音域刻みリフをCELTIC FROSTのようなタメも含めながらraw & lowに爆発させたOBITUARY型のようでもあり、超絶な激速感はないですがVo.含めた全体のズグズグした低い感じはちょっと最初期VADERっぽくもあって、これは大穴デス!!ジャケもグレート!!



captor-layit.jpg



・CAPTOR - Lay It To Rest 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

1987年結成スウェーデンのスラッシュ/デス・メタル・バンドの1993年発表1stアルバムが、ボーナス・ディスク付き2枚組CDでDark Symphoniesから再発。オリジナル・リリースはCDのみで、今回まで1度も再発はされていないようです。ボーナス・ディスクには本作アルバム以前に残してた2本のデモを収録した、初期集大成のようなコンピレーションとなっています。


CD 1 : "Lay It to Rest” ALBUM (1993年)
CD 2 : "Memento Mori" 1st DEMO (1991年)
CD 2 : "Domination" 2nd DEMO (1992年)


スラッシュを土台にしたデス・メタルで、いかにもこの当時のバンドらしいピュアな音楽的向上心と邪念も垣間見える上昇志向が渦巻いたサウンドです。結成当初はTESTAMENTあたりのスラッシュから始まり、テクニカルな志向が進んでプログレッシブ・デス・メタル期DEATHなどにも触発され、SEPULTURAの世界的成功がスラッシュ・デス・メタル本来のブルタリティーと非メタルのグルーヴも同時にもたらしてるような葛藤もうかがえます。しかしセンスは二番煎じでもテクニックは確かで、起伏に富んだ展開を支えるパワフルなドラミングと、メロディック・ギターなどは絶品級。後にニュー・メタル化して消滅したそうですが、この作品は90'sオブスキュア・スラッシュ・デス・メタルならではの、貪欲な向上心が危ういバランスで踏みとどまってるサウンドが楽しめます。

関連記事
06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR