RECORD BOY

DarkNess DeathCent!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、Dark Descent関連商品が大量に到着していましたので、先ほどようやく終了しました。地獄のようなデス・メタル・アップデート定休日でした。。。



corpsessed-impetus.jpg



・CORPSESSED - Impetus of Death CD 税込1,836円 (Dark Descent)

LIE IN RUINS, PROFETUS, WORMPHLEGM, etcのメンバーから成るフィンランド・デス・メタル CORPSESSEDの2018年発表2ndフル・アルバムCD。VANHELGDのギター&VoのMattias Frisk氏によるアートも素晴らしい仕上がりです。

INCANTATIONフォロワー最盛期の頃はよりアンビエンタルな音圧派が主流で、リズムも埋もれるくらいに真っ黒な音塊のバンドが多かったですが、近年はそういうスタイルも減ってきて、どちらかと言うとそういったタイプに近かったこのCORPSESSEDの新作もリズムがクッキリしてオールドスクール・デス・メタルの輪郭がより際立っています。そこにメロディックなフレーズやエピックなパートも絶妙に織り交ぜ、ペンシルバニアやUS東海岸デス・メタル・バンド群にはない叙情性も武器として、INCANTATION影響下スタイルの多いフィンランド・デス・メタルの中でも高いクォリティーの作品となっています。



devouringstar-thearteries.jpg



・DEVOURING STAR - The Arteries of Heresy LP SWIRL VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

フィンランド・ブラック・リチュアル・メタル DEVOURING STARの2ndアルバムがDark Descentからリリース。前作 Antihedron EPが入荷した際は、素性不明と言いましたが、どうやらKRYPTSに新しく加入したギタリスト J. Lilja氏のワンマン・プロジェクト的バンドのようです。アナログ盤はDLコード付きで、今回はスモークがかったSWIRLワックスで入荷しました。

DEATHSPELL OMEGA関連バンドも彷彿させる不協和音リフなども使いつつ、VASSAFORやIRKALLIAN ORACLEなどのデス・アンビエント・タッチのリチュアルな手法で表現した、まるで昨今のリチュアル・デス・メタルの集大成のような圧巻サウンドです。これはそのテのファンにはたまらないでしょう!!ドゥーム・テイストが極悪なところが、いかにもフィンランドな味わいでしょうか。KRYPTSがブラック・メタルに寄ったらまさにこんなでしょう。NWN!のリチュアル・デス・メタル作品が好きな人にもおすすめdeath!!



vanhelgd-deimos.jpg



・VANHELGD - Deimos Sanktuarium LP CLEAR VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

近年は他バンドのアートワークでも引っ張りだこで多才っぷりを発揮しているMattias Frisk氏がギター&Vo.で率いるスウェディッシュ・デス・メタル・バンド VANHELGDの2018年発表5thアルバム。アナログ盤はDLコード付きで、今回はltd.200枚クリア・ビニールで入荷しました。

リチュアル・テイストをINCANTATION型の冒涜性とミックスして地獄アンビエンタルに深化する手法はそろそろ出尽くした感ががありますが、VANHELGDはそれらとは異質の2000年代型ダークネスを、スウェディッシュ・デス・メタルの伝統的叙情と完璧に融合しています。前作 Temple of Phobosはスピードを落としたエピック・ドゥーミーなアプローチの印象も強かったけど、本作を聴くことによって、彼らの叙情性はスウェディッシュ・デス・メタルの王道に常に乗っ取ったスタイルで一貫していたことに気付きました。なんと言いますか、まるでDISSECTIONやEUCHARISTのメロディック・フレーズを現代のリチュアル・デス・メタルに乗せたような感すらあるのです。プログレ化に完全にシフトする前の、TRIBULATIONなどのファンにもオススメ。素晴らしい!!



malthusian-across.jpg



・MALTHUSIAN - Across Deaths DIGIPACK CD 税込1,836円 (Dark Descent)

MOURNING BELOVETH, ABADDON INCARNATE, ALTAR OF PLAGUESなどのメンバーから成るアイルランド・ダブリン出身ブラック・デス・メタル・バンドの1stフル・アルバムCD。ノーマークでしたが、過去にリリースしているデモとEPはリチュアル・デス・メタル・マニアには高く評価され既に注目を集めていたようです。これはそんなマニア達も大満足なアルバムに仕上がったのではないでしょうか。久しぶりに壮絶アグレッシブなリチュアル・デス・メタル・アルバムを聴いたような気がします。

フューネラル・ドゥーム・メタル・マニアに人気の実力派 MOURNING BELOVETHメンバーも居ますので、エピックなリチュアル・サウンドを想像してましたが、これが無慈悲なまでに激烈です。オカルティックなプリミティブさは希薄で、北米バンドの冷たい邪悪さにも通じるけど、終始圧倒されるのはサイコパスなまでのアバンギャルド感。まるで、IMPETUOUS RITUALとSTALAGGHの融合のようにも聴こえてきます。GRAVE UPHEAVALやMITOCHONDRIONなどのファン大注目株death!!



ritualnecromancy-disinterred-lp.jpg



・RITUAL NECROMANCY - Disinterred Horror LP GOLD VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

アナログ盤ようやく入荷!!

KNELT ROTE, WEREGOAT, etc多くのバンドで活動するKevin Schreutelkamp氏他、SEMPITERNAL DUSK, RITES OF THY DEGRINGOLADE, etcのメンバーが結集するUSオレゴン・ポートランド出身デス・メタル・バンド RITUAL NECROMANCYの2018年発表2ndフル・アルバム。DLコード付きで、今回は初回プレスのゴールド・ビニールで入荷しました。CDも再入荷しています。

2009年の1stデモの時から入荷させてきて、今では北米アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンの象徴のような存在となっていますが、意外なことにデモ/アルバム/EPの全て含めてもこれがまだ通算4作目です。INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルが、ベスチャル・デス/ウォー・ブラック/ドゥーム・デス/アンビエントetcとリンクして世界中で猛威を振った2010年代前半から、このバンドはわき目も振らずひたすらINCANTATION崇拝の原理主義に乗っ取ったスタイルを貫いてきましたが、今回もその手法に全く変化なく深化を遂げています。地獄のような暗黒の重苦しさの果てに荒涼とした黄昏れも見え隠れして、以前よりもスロウなパートの比率が若干増したようにも思えてきます。テクニカルに爆裂するファスト・パートはMORBID ANGELなどのSci-Fiデス・メタル的なフレーズ/キラー・リフで構成してるけど、終始土石流に埋もれたような暗黒さが失せることは一切ありません。現代プリミティブ・デス・メタル最高峰!!のひとつではないでしょうか?



morgengrau-blood.jpg



・MORGENGRAU - Blood Oracle CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

2010年結成USテキサスのデス・メタル・バンドの2ndアルバムCDが、Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリース。Voとギターを担当してバンドの中心的存在であるErika Morgengrau氏は、Dark Symphoniesオーナー Ted Tringo氏率いる驚愕のビューティフル・ネオクラシカル・ダークウェーブ・バンド AUTUMN TEARSの結成時メンバーとして10年弱の間ボーカル/キーボード/作曲を担当し、またテキサス正統派メタル IGNITORにもシンガーとして在籍していた、男社会のヘヴィメタル・シーンに於いて非常に珍しい女性マルチ・プレーヤー・メタルヘッズです。

MORGENGRAUのサウンドはASPHYXの影響を感じさせる、オールドスクールなデス・メタルのパーツで構成しつつも淡々とした黄昏れた冷たさが漂うのが特徴で、やはりASPHYX影響下から独自のエピック・デス・メタルへと深化しているスペインのATARAXYのファンにはかなりオススメです。INCANTATION影響下の暗さもあるけど、音圧で埋もれさせる2000年代以降のタイプではありません。サウンド・エフェクトに依存して重苦しさを競う現代のlowデス・メタル競争化に呑み込まれていない女性メタルヘッズの存在は貴重で頼もしく、また見習うべきなのではないでしょうか。AUTUMN TEARSも併せて買えよ!って意味death!!



actofimpalement-perdition.jpg



・ACT OF IMPALEMENT - Perdition Cult CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

USナッシュビル出身、これまでデモやEPのリリースを重ねてきた2012年結成デス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバム9曲入りCDです。Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからのリリース。

ドゥーミー・ステンチな重厚さのオールドスクール・デス・メタル・サウンドはASPHYXからの影響を感じさせます。スロウ・パートのドゥーム・テイストがCELTIC FROSTテイスト満点で、ハードコア・デス・クラスト・ファンにもけっこう人気が出そうな感じです。激烈パートの突進力も素晴らしく、スペインATARAXYの初期やHAIL OF BULLETSなどのファンに間違いなくオススメdeath!!



molder-anact.jpg



・MOLDER - An Act Of Revenge CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)

2017年に結成されたばかりのUSシカゴの新人デス・メタル・バンド。無名/若手バンドの門戸を開くようなスタンスのリリースが多いUnspeakable Axeからの5曲入りCDです。

Vo.がChuck SchuldinerやJohn Turdyタイプの正統派ガテラル・デス・シャウトで、楽曲も初期DEATHからの影響を感じさせるオールドスクールな疾走感とSLAYER起源のテクニカル・リフで構成されています。一緒に届いたチリのBLOOD OATHもDEATH影響下だけど両者がまるで違うのは面白くて、こちらはスロウ・ドゥーム感は無いけど若干AUTOPSYテイストの鈍さも感じさせるのがポインです。その要因は言うまでもなくドラミングで、ここのドラマーはなかなか良いタイム感で突き進みます。DEATH, OBITUARY, AUTOPSY, etcの正統派アメリカン・デス・メタル好きにオススメdeath!!



bloodoath-theline.jpg



・BLOOD OATH - The Line Between CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)

チリの新人デス・メタル・バンドの初の公式流通作品となる6曲入りCDが、Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリース。無名/若手バンドの門戸を開くようなスタンスのリリースが多いUnspeakable Axeらしいオールドスクールなデス・メタル・バンドです。

楽曲や演奏は十分に平均点を上回っているので、音圧でねじ伏せるタイプのデス・メタル作品に耳慣れてると、こういうシンプルなサウンドにはいささか物足りなさを感じてしまう人も居るかも知れません。ちょっと行儀の良いソツのなさはありますが、それも目をつぶらざるを得ない技術力の高さが最大のポイントの新人デス・メタルです。特にギタリストのテクニックはファースト・リリースにして申し分ないクォリティーで、これでDEATHみたいにドラムが良くも悪くも個性的なプレイヤーだったら、いきなり1st~3rdまでを凝縮したDEATHのような作品になっちゃってたかも知れません。アメリカン・オールドスクール・デス・メタル・ファンはぜひチェックを!!



gravewards-ruinous.jpg



・GRAVEWARDS - Ruinous Ensoulment CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリースされた2015年結成ギリシャ・アテネのデス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバムCD。個性的なスタイルで世界中に信者の多いギリシャのデス・メタル・バンド新鋭ということで、しっかりと心構えて迎え撃ったつもりでしたが、予想と違うスタイルで面喰い、そしてノックアウトされました!!もっとオーダーすべきだった。。。

まー、ホントはデス・メタル・モグリの自分には非常に解説しづらいサウンドなんですが、別に奇をてらったようなタイプでなく、むしろ各パーツはオーソドックスすぎて適格な表現が出来ません。土台は非スラッシュだけどリフはSLAYER起源テクニカル、ATHEISTのテクニカル・メロディック・ギターでRIPPING CORPSE化したような直線的な疾走感もあるけど、それよりもBOLT THROWERがエモーティブになったようなダイナミズムが印象的で、そこに北欧メロディック風リフが絡むと、なんかちょっとMOLSTEDみたいでもあって、とにかくこれはカッコいい!!Vo.はTom Gスタイルではないけど、曲がダイナミックなんでなんかちょっとUSURPERみたいな感じもなくはない。バルチモア/メリーランド近辺のハードコア・ファンにも人気出そう。とにかく聴いてもらいましょう。大注目death!!

関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR