RECORD BOY

Death Noise Dies!!


newworld-die.jpg

・new world - Die In Eden TAPE 税込1,000円 (死体カセット)

再始動してリリースしたCDも好評の大阪ノイズコア WORLDのメンバーが2012年に結成した楽器lessエクスペリメンタル・ノイズ new worldのカセットが死体カセットから限定200本でリリース。本作からex. CORRUPTEDのJose氏が参加し、圧巻の長尺暗黒ノイズを聴かせてくれます!!


超限定リリースだった“地獄の断頭台”から一年、大阪のグラインドコアバンド・new worldの最新作が死体カセットからリリース!

2013年 WORLD休止時にノイズVo担当のTama氏が東京にて結成。数回のメンバーチェンジ後、活動拠点を大阪に移しボーカリストとしてdie suck氏(ex.サイケアウツ/ex.Ego Fix/現 ear taker)が合流。ツインドラム体制で前述の“地獄の断頭台”を録音、3inch ep/4 inch epの超限定作としてマケドニアのレーベルからリリースされた。その後、ドラマーとしてJose氏(ex.Corrupted)が加入。最強の布陣で製作されたのが今リリース “die in eden” である。

今年、奇跡の復活を遂げたGRIND OSAKAの伝説・WORLDと同じく、ノイズVo/Vocal/Drumsといった弦楽器不在の特殊編成を持つnew worldではあるが、Jose氏の加入が大きく影響したのであろう、今作は12分一曲の
どす黒い音塊に仕上がった。静寂の後、彼等が具象化した悪という概念が聴く者の鼓膜に襲いかかる。new world 新体制の暴力的な幕開けである。

ジャケットのコラージュはTAMA氏の盟友・WORLDのkovLA氏が担当、デザインはkito-mizukumi rouberやASTRO等の作品も手掛けるNEKONEKO DESIGNの手に依る物である。

(インフォメーションより)




atrofiacerebral-neuronas.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Neuronas Destruidas CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

1万曲入りデモを1990年に出していたAUDICION IRRITABLEのディスコグラフィーが以前に入荷した時の商品解説で、「ATROFIA CEREBRALというバンドと並んで、ペルーでいち早くノイズ・コアを演奏したとされるバンド」と書いた記憶がありますが、このバンドがそのペルビアン・アナザー・ファースト・ノイズコア・カルト ATROFIA CEREBRALです。1989年発表の1100曲入り1stデモがCD化再発されました。

ボーカル/ドラム/ギターの3人編成で、7 MINUTES OF NAUSEAに通じるウルトラ・ショートカット・スピード・ノイズの連打なわけですが、やはりデタラメっぷりは南米らしさが充満していて、基本的にはドラムが叩き始めるとVo.が怒鳴り散らかし、そしてギターを単音弾きしてるかベースのような素人以下の弦楽器担当の人が、「よし、始まったな!」と必死にくらいつこうと弾き始めようとするともう終わる、みたいなことを繰り返すだけの、時間の無駄音源再発death!!



atrofiacerebral-infeliz.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Infeliz Resignacion CD 税込1,836円 (Bulla Extrema)

こちらは2014年録音の52曲入りCDで、1994年に発表した7 MINUTES OF NAUSEAとのSplitカセットを最後に、これとEstirpe Inmundaの2種アルバムの発表までリリースの記録が残ってないので、恐らく20年ぶりの復活作のような作品ではないかと思います。

そしてこれがなかなか南米ノイズコアとしてパワーアップした内容となっています。Vo.がギターを兼任したことによって、たとえ楽器素人であろうが呼吸を合わせる相手がドラムだけのマンツーマン・デタラメになることで、そのデタラメ・パワーも集約されて放出し轟音さがアップしています。と、自分で書いてて本当にどうしようもない幼稚な解説でウンザリしますが、聴いてもっとウンザリしてください。ノイズコア期OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOファンにおすすめ!!



atrofiacerebral-estipre.jpg



・ATROFIA CEREBRAL - Estirpe Inmunda CD 税込1,836円 (Bulla Extrema)

こちらは2015年録音の43曲入り限定300枚CDです。作品発表ごとに徐々に曲数も減ってきますが、サウンドもノイズコアとしてかなり真っ当なスピード・カオスになってきていて、このCDなんかは7 MINUTES OF NAUSEAファンにはけっこう本当にオススメです。ノイズコアはパワーエレクトロニクスともリンクするするところがあるけど、このバンドはやはり南米特有の原始性が染みついていて、ノイズコア期OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOのようなブラジリアン・グラインド・パンク・ファンから、デスコア・ウルトラ・メタル・ファンにもオススメdeath!!



leviatan-aberracion.jpg



・LEVIATAN (Peru) - Aberracion Sonora... CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

「ペルーでいち早くノイズ・コアを演奏したとされるバンド」とATROFIA CEREBRALで解説させておきながら、そのメンバーが更に以前に独りでやってたプロジェクトの音源まで発掘リイシュー!!!こちらは1987年に録音されていたデモとリハをまとめた25曲入りCDです。

そしてこれがもうこの時点でかなり凶悪なノイズコア、というか超AxCx!!ピッチ上げたようなVo.や、アンプラグドAxCxみたいなパートもあるし、これは本当に1987年にペルー人が録った音源なんでしょうか??Vo.のピッチシフトだけでなく、ちょっと再生スピード上げてるような感じもなくはないし、とにかく謎の多い発掘リリースです。しかしノイズコア・ファンには文句なしの発狂音源death!!



yogsothoth-peru-demo.jpg



・YOG SOTHOTH (Peru) - Demo & Rehearsal 1988 CD 税込1,944円 (Bulla Extrema)

まだもう一つあります。こちらはLEVIATHANの人物が1988年に残していたバンド形態3ピース・ノイズコアのデモ&リハーサル音源全52曲入りCDです。これもまた本当に1988年音源なら凄いもので、AxCxスタイルのLEVIATHANよりもバンド形態らしさのあるモービッド・グラインド・ノイズコア・サウンドです。RAPT, 7 MINUTES OF NAUSEA, FEAR OF GODなどのノイズコア・パイオニアと、OLHO SECOやBRIGADA DO ODIOなどの南米崩壊パンク・ノイズのミックスのようで、マニアには文句なしの内容となっております!!

関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR