RECORD BOY

Hot Metal Thrashing Mad!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったEXCELの再発盤と女性Vo.スピード・メタルものを少しカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。


xandril-demo1.jpg

・XANDRIL - Demo I '83 7" 税込1,080円 (HMH)

1987年にRoadrunnerからリリースされてジャーマン・スラッシュ・メタル第2世代の充実ぶりを世に知らしめた名作オムニバス Teutonic Invasion Part One LPにも参加していたハンブルグのスピード・メタル・バンド XANDRILの各種音源が初オフィシャル再発。こちらはタイトル通り1983年の1stデモ2曲を収録したEPで、これぞ80'sヨーロピアン・メタルヘッズなかっこいいメンバー写真掲載のインナーと裏ジャケも良い仕上がりのレコードです。

Teutonic Invasion Part One LPはPOISON以外にも、PARADOXの哀愁名曲や、VIOLENT FORCEのSODOM直系スピード・スラッシュ・メタル・ナンバーなど、各バンドが最高のベスト・トラック/テイクを提供していたけど、このXANDRILは参加中唯一の女性Vo.メタル・バンドとして耳を惹きました。今回再発された3枚のレコードのうち、7"EPでリリースされたこの最初期デモ2種はまだ男性シンガー時代の音源で、後に女性シンガーで再録される曲もやってますが、これが意外にもかなりパンキッシュ!!いきなりGBHやBLITZみたいなギターで幕を開けて、曲調は私にはTHE VIBRATORSとかみたいに聴こえるんですけど。しかしVo.はスタイリッシュじゃない、いかにも欧州産ガレージ・メタルらしいガッツ・シャウトで、それがまたナイスです。



xandril-demo2.jpg

・XANDRIL - Demo II '83 7" 税込1,080円 (HMH)

こちらは1stデモと同年1983年の2ndデモ2曲を収録したEPです。Teutonic Invasion Part Oneアルバムと言えば、結局レーベルとの契約が実らずに作品を残すことなく消えていったPOISONが、活動時にレコードとして唯一残した音源が収録されたコンピレーションとして、後に脚光を浴びたLPですが、このXANDRILもまさにPOISONと同様の運命をたどったバンドで、このたびの再発まで音源は1度も公式リリースされてませんでした。このデモもまだ男性シンガー時代の音源で、かなりNWOBHMテイストのクサレ感が強い鋼鉄サウンドが堪能できますが、やっぱりけっこうパンキッシュ。A面はメイデン風哀愁ギターだけど、B面ナンバーはGENERATION Xみたいな曲だぞ!!もちろん、あんなに躍動感なく、いかにも欧州産ガレージ・メタルらしいドタバタだけど、それもまたナイスです。



xandril-thevion-2lp.jpg



・XANDRIL - The Vision of Rotting Darkness : The Demos 1985-1988 2LP 税込3,996円 (HMH)

こちらは1985~1987年のデモ3種&初公開リハーサル音源を収録した2枚組LPで、切り張り写真満載の見開きジャケットに、歌詞/ライナーノート掲載インナー&ポストカードも付いた素晴らしい仕上がりです。限定500枚ナンバリング入り。PARADOXにも通じる欧州産牧歌鋼鉄哀愁が最高ですで、浅香光代のような顔面の女性シンガーの歌いっぷりも素晴らしい!!



wardance-heaven-lp.jpg



・WARDANCE - Heaven Is for Sale LP 税込2,916円 / CD 税込2,484円 (Dying Victims prod.)

ジャーマン・スピード・メタル名門レーベル No Remorse Recordsから1990年に発表された女性Vo.スピード・メタル・バンドの1stフル・アルバムがDying Victimsから初オフィシャル・リイシュー。アナログ盤はジャケ・アートのポスター&ステッカー付で、レーベルのロゴ・ステッカーも付きます。インナーは歌詞/カラー写真満載で、このレーベルの仕事は毎度しっかりしていて安心の仕上がりとなっています。CDは自主制作でリリースした1st 12"と1994年デモから抜粋したボーナス5曲を追加収録した全17曲入りで、ジャケ・デザインのステッカー付。

No Remorseリリースで90年発表なのでジャーマン・スラッシュの第3世代くらいかと思いきや、前身バンドは1986年に既に始動していて、LIVING DEATH, ANGEL DUST, TANKARD, VIOLENT FORCE, あと日本の古いハードコア・パンク・ファンにもお馴染みのSPERMBIRDSなんかとよく共演していたとのこと。楽曲はDisaster Recordsから出てそうな正統派ユーロ・スピード・メタルで演奏も安定していますが、女性Vo.がパンク系リスナーにも魅力的であろうキュートなボイスで、ORIGINAL SIN, MESSIAH FORCE, CARRIEのようなスクールウォーズ系80's熟女哀愁よりも、シカゴZNOWHITE初代シンガーのニコルさんやベルギーACIDのケイトさんのようなタイプが好きな人にオススメです!!

関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR