RECORD BOY

Thrash till Death!!


destruction-bestial-lp-white.jpg



・DESTRUCTION - Bestial Invasion of Hell CD 税込1,836円 (Vic)

CDもリリース!!

これまで各種ブートでリリースされまくってきたジャーマン・スラッシュメタルを代表するバンドの一つ DESTRUCTIONの1984年発表デビュー・デモ、初単独オフィシャル・リリース!!!666!!!先にギリシャFloga RecordsからLPでリリースで大反響を呼びましたが、CDバージョンはオランダVic Recordsからのリリースです。ジャケ・ブックレットには、ゲートフォルド・ジャケLPで発売された時に目を引いた、各メンバー&Voices From The Darkside ZINE編集者のライナーノート/当時の写真/初回&再販の両バージョン・ジャケ・アートなどをもちろん掲載しています。音質もビックリするくらい良すぎる!!

KREATORやPOSSESSEDのプレ・デス・メタルなリフ・ワークはSLAYERがルーツだったのが想像できるけど、DESTRUCTIONの変態リフは突発的だったのが天才的だったのか(Mike氏はMEGADETHに触発された、と言ってますが、時代的にちょっとつじつまが合わない)、とにかく奇跡としか言いようがありません。VENOMのサタニックなパワーにテクニカルな独自のリフワークを融合して、こんなにチョリチョリしてるのに圧巻の極悪暗黒スラッシュメタルをいきなり確立。後のブラック・スラッシュ・メタル・バンドの多くが、こぞってこのDESTRUCTIONリフを再現していますし、現行の北欧スラッシュ・メタルへの影響力は計り知れません。そしてこの、スタッズ, スパッツ, ガンベルト&レザー with Dカンの完璧なトータル・コーディネート!!!完全無欠のスラッシュメタル理想形の一つが、ここに集約されています!!



outrage-germany-1985demons.jpg



・OUTRAGE (Germany) - 1985 Demo(n)s CD 税込1,836円 (Vic)

1983年~1988年にかけて活動し、2004年の復活以降もマイペースに地下で活動するカルト・ジャーマン・ブラック・スラッシュ・メタル・バンドの、1985年録音の1st&2ndデモをまとめた9曲入りCDです。これまでアナログ・フォーマットでは再発されてきてマニアに好評でしたが、オリジナル音源の録音から30年以上経過してようやく初めてデジタル・フォーマットでの初再発となりました。音質もバツグンにいいです。

インナーに掲載のフライヤーでPOIOSNとの共演した時のモノがあるけど、ジャーマンPOISONの人気が沸騰して、SLAUGHTERLORD, NECROVORE, SADISTIK EXEKUTIONなどのpre.デス/ブラック・メタルの再検証が盛んだった2000年代にちょっとだけこのバンドの名前もあがったりしたものですが、再発などには至らず、現在までそれらカルト・バンド代表格からは人気では一歩遅れをとっているような存在です。しかしプロト・ブラック・メタルな初期スラッシュ・メタル検証好きは絶対にチェックしておいてほしいアナザー・カルト・バンドです。サウンドはSODOMとHELLHAMMERのミックスのようなプリミティブ・ブラック・スラッシュで、NECROVOREやジャーマンPOISONなどの邪悪ブラック・デスラッシュ・ファンは、特に1stデモは必聴です。非人間的且つ原始人的なドラムのチタチタ具合は南米バンドをかなり思わせます。2ndデモは数ミリだけSLAYERっぽく進化していますが、欧州地下鋼鉄特有の殺伐旋律も絡めて、MANTASなんかがジャーマン・デスラッシュっぽくなったような感じでもあります。インタビュー、写真、フライヤーなど掲載のブックレットも見てて楽しいナイス・リイシューdeath!!



infected-dark.jpg



・INFECTED - Dark Century CD 税込1,836円 (Vic)

スイス・チューリッヒのスラッシュ・メタル・バンドの1989年発表唯一のアルバムがオランダVic Recordsから初CD化。残した音源はこのアルバムの9曲と、Swiss Avalanche UndergroundというコンピレーションLPに参加したのみで、そのオムニバス提供曲2曲も追加収録した全11曲入りディスコグラフィーとなっています。

しかしまぁ、これまたオランダのNOCTURNと並んで、「あぁ、これもオブスキュア・スラッシュ・メタル・カルト・クラシック化してるのかぁ、、、」と、40代ハードコア・パンク・マニアにとってはため息が出そうになるくらい懐かしく、そして何十回と3桁プライス中古コーナーで手に取りスルーしてきたレコードです。リリースしてるのがNYHCのUNDERDOG "Demos" LPのヨーロッパ・ライセンス盤やFEAR OF GODの1st 7"の最初の再発盤出してたFar Out Recordsという完全なパンク・レーベルで、しかもこのダッサいジャケですから、実は私も今回の再発まで1度も聴いたことがなく、また興味すら抱いたことがなかったのですが、サウンドはまさにパンク流通されたユーロ・スラッシュ・メタル、といった感じのクサレ・マイナー感が絶妙です。Roadrunner移籍後初期のSEPULTURA型のようなSLAYER系統スラッシュ・メタルが、ジャーマン・スラッシュ(メタル&パンク)的なアカ抜けないガムシャラ感を導入したような感じで、無意味に主張の強いベース・サウンドとロウなドラミングのリズム隊はハードコアな個性があります。よくもこれだけ書くことあるな、ってくらいの文字数のライナーノートと当時の写真も満載で、ブックレットも超充実。Shark Recordsあたりのユーロ・スラッシュ・メタル好きに大推薦です!!



disciplesofpower-ominous.jpg



・DISCIPLES OF POWER - Ominous Prophecy CD 税込1,836円 (Vic)

先に1stアルバム Power Trap CDが再発されて話題を呼んだカナディアン・デスラッシュ・メタル・バンド DISCIPLES OF POWERの1992年発表2ndアルバムCDが、オランダVic Recordsから再発。1st同様、オリジナル・リリースはカナディアン・スラッシュ・メタル&ハードコア名門 Fringe Productからのリリースで、当時アナログ盤は発売されずCDとカセットのみだったようです。やはりオリジナルCDはけっこうな高額で取引されるレア盤だそうですから、ぜひこの機会に入手してください。

1993年の3rdアルバム Invincible Enemyも流通の良くないスモール・レーベルから再発されて以前1度だけ入荷し、その時に初めて聴いて1stと3rdの音楽性の違いの激しさにちょっと驚かされたけど、この2ndの時点で既に一気にテクニカル・デス・メタルな領域に突入しています。土台にはDBC, BLIND ILLUSION, CORONERなどのテクニカル・スラッシュ・メタル的なインテリジェント・クールなムードが漂い、しかし繊細でテクニカルなフレーズはアヴァンギャルドなテイストも強く、MARTYR, GORGUTS, CRYPTOPSY, etcのカナディアン・テクニカル・デス・メタル・ファンに断然オススメ。オブスキュア・デス・メタル発掘マニア必聴death!!

関連記事
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR