RECORD BOY

Speed Death to Thrash!!


ripper-exit-flyer.jpg



・RIPPER (Chile) - The Exit / Destroy the World LP 税込2,592円 (Iron Pegasus)

アナログ盤も入荷!

現行オールドスクール・スラッシュ・メタル最高峰バンドの一つと言い切ってしまいたい、南米チリのRIPPERの初期デモ集コンピレーション、ドイツのIron Pegasusからリリース。


Tracks 1-6 : "Destroy The World" Demo 2009
Tracks 7-9 : "The Exit" Demo 2010
Track 10 : 2008年未発表曲
Tracks 11-14 : 2008年リハーサル


2014年発表1stアルバム Raising the CorpseをIron Pegasusがボーナスを加えてライセンス・リリースしたことにより、一気に世界中のダイハード・スラッシャーから注目を集めたバンドです。その1stアルバムIron Pegasus盤CDを聴くと、アルバム本編はMERCILESSやHYPNOSIAなどを彷彿させる猛速デスラッシュが最高で、ボーナス部分はPOSSESSEDやSEPULTURAなんかの影響を色濃くしたスタイルでしたが、このコンピレーションではKREATORやDESTRUCTIONなどのジャーマン・スラッシュ・テイストも当初はかなり強かったのがわかります。そしてこのコンピレーション・アルバムでジャケがそのまま使われている2010年の The Exitデモになると邪悪デスラッシュ指数がグッと上がり、KREATOR ~ SADUS ~ MERCILESSといった王道のデスラッシュ進化論を継承するスタイルとして完璧な形に近づいています。何度も言いますが現代のスラッシュ、そしてデスラッシュ・メタルというサブ・ジャンルが好きならば絶対に聴いておかねばなりません!!



megatherion-st.jpg



・MEGATHERION - S/T LP RED VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,620円 (Iron Pegasus)

解散したCRUEL FORCEのシンガーと、EURYNOMOSのギター&ベースによるニュー・ジャーマン・ブラック・スピード・メタル・バンドのデビュー作5曲入りMLPです。アナログ盤は今回はレッド・ビニールで入荷しました。

ベーシストはIron Pegasusを運営するCosta氏なわけですが、CRUEL FORCEのダイハードな要素を抽出して爆発させたようなサウンドは、例えCosta氏が関与しなくても、Iron Pegasusがリリースせずに誰が出す!と言った感じのバンドです。CRUEL FORCE, BURSTING OUT, INFERNAL ASSAULTといったジャーマン・イーヴィル・スラッシュ・スピード・メタルにも通じる、非常にキレの悪い鈍い感触が特徴であり魅力だけど、このバンドの場合は名前にもヒントが隠されていて、それらジャーマン・メタル・バンドがVENOMウォーシップであるのに対して、MEGATHERIONはCELTIC FROST型のリフで構成したナンバーもあるところがミソ。なので、NOCTURNALファンにもオススメ!とも言おうと思ったけど、DESTRUCTIONウォーシップであるNOCTURNALとは似て非なるところがポイントです。なんて、別にそんな変わんないですけどね。要するに、極上の伝統的ドイッチェランド・マイナー・メタル・プライド全開!!Hellbangersジャーマン・メタル・ファンには絶対オススメです!!



infernalassault-spectres.jpg



・INFERNAL ASSAULT - Spectres of the Night CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

2013年結成ジャーマン・ヤング・ブラック・スピード・メタル・バンドの2018年発表2nd EPです。2014年のデビュー作 Forced by the Flames MLPと同じくIron Pegasusからのリリースで、その前作もボーナスで収録した全10曲入りCD。


Tracks 1-6 : "Spectres of the Night" EP (2018年)
Tracks 7-10 : "Forced by the Flames" EP (2014年)


DESASTER, HELLISH CROSSFIRE, NOCTURNAL, etcを兄貴と慕う若者たちのようで、BURSTIN' OUTなんかに近いVENOMウォーシップ・スピード・メタルです。前作はMOTORHEAD要素を強く打ち出したアーリー80'sスピード・メタルだったけど、今回はモーターロッキンなテイストがよりVENOMousで、曲によってはMIDNIGHTみたいなパートもあります。しかしこれがMIDNIGHTとはまるで違うから面白い。それは何故かというと、Hellbangers周辺のバンドらしい男臭さと切れ味の鈍さが恵まれた天性の素質のごとくバツグンなので、若いのに、「ドッコイショっと」って感じが強く出てる疾走ナンバーは、CRUEL FORCEとかの2010年代型ジャーマン・スラッシュ・メタルが、よりスピード・メタルなダイハード・テイストを増したような感じとなっています。ENFORCERやGHOSTが自分のレーベルから巣立っていったのなんか、全く気にもとめてないIron Pegasusにとっては、これは相当な有望株と言える若手でしょう。間違ってもENFORCERやGHOSTファンは手を出してはいけません。しかし、MIDNIGHTは好きだけどMIDNIGHTフォロワーはほとんどしょーもない、なんて日頃嘆いている人はぜひチャレンジしてみてください。これぞダイハード・ジャーマン・メタル!!だと思います。



necromaniac-subteranean.jpg



・NECROMANIAC - Subterranean Death Rising 7" 税込1,296円 (Iron Pegasus)

MACABRE OMEN, ex. LVCIFYRE, BINAH, INDESINENCEメンバーらによって結成され、2015年にMe Saco Un Ojoから発表した1stデモが好評だったUKロンドン出身デス・メタルの2曲入り新作7"EPがIron Pegasusからリリース。デビュー・デモは早々に完売してしまったので逃してた人も少なくなかったと思いますが、入手出来て気に入ってた人も出来なかった人も必聴の内容となっています。

SLAYER影響下のサタニックなスウェディッシュ・デスと、FORCE OF DARKNESSに代表されるチリのブラック・スラッシュの中間みたいなスタイルで、途中、NIFELHEIMみたいなパートも出てくるけどMORDANTのようなクサレ・メタル・プライドを強調するのではなく、スピード・メタル・リフを現行エクストリーム・メタルのブルタリティーでダイナミックに聴かせます。EXCORIATE, KETZER, HELLISH CROSSFIREといったジャーマン・デスラッシュや、スイスDEATHCULT, フランスVENEFIXIONなどのファンは間違いなく必聴のサタニック・デス・スピード・メタル!!



unholylust-humanity.jpg



・UNHOLY LUST - Humanity and its End CD 税込2,160円 (Iron Pegasus)

1999年に結成されたlos WINOESというパンク・バンドを母体にして、2002年に現在のUNHOLY LOSTへと発展したLAデス・メタル・バンドの2018年新作CD。Wannes Gubbels (PENTACLE/ ex. ASPHYX)がゲストVo.で1曲参加しています。スタジオ+ライブの変則LPだった前作Banished from the Light同様ドイツIron Pegasusからのリリースで、そのBanished from the Light LPのスタジオ・トラックをボーナスで収録した10曲入り。


Tracks 1-5 : Humanity and its End (2018年)
Tracks 6-10 : Banished from the Light (2014年)


2010年にBlood Harvestから発表した1stアルバム Taste the Sin Through the Fireまでは、前身のlos WINOESも含めて全く注目されることなく地道に活動していたバンドですが、POSSESSEDを頂点とするUS西海岸らしいサグい極悪な雰囲気のデスラッシュ・スピード・メタル・サウンドで、Iron Pegasus移籍以降かなり日本でも認知されるようになってきました。前作までは少しエフェクトも掛けて邪悪性を強調していたヴォーカルとファストなデス・メタル2ビートのパートもあり、DESASTER, GOSPEL OF THE HORNS, DESTROYER 666, NIFELHEIM, etcといったBATHORY影響下欧州&豪州ブラッケンド・デスラッシュ・スピード・メタルと似た雰囲気もありましたが、今回はのっけから超POSSESSED!!スピード・メタル・テイストもあるのに、初期SLAYERよりもPOSSESSEDに近いのは、やはりSADISTIC INTENT直系(舎弟?)ならではの極悪な魅力でしょうか。ドラムが危なっかしいのはPOSSESSEDみたいですが。イーヴィルなテイストのバンドは90年代以降ハーシュなシャウトが一般的だけど、レミー~クロノス~エンジェルリッパー~クォーソンの系統の、昔で言うダミ声シャウトの極悪Vo.も激渋かっこいい。グレートーー!!


関連記事
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR