RECORD BOY

Grind Madness!!

world-st.jpg

・WORLD - S/T CD 税込2,160円 (dotsmark / 死体カセット)

復活を果たした伝説の大阪ノイズコア・グラインド、WORLDのディスコグラフィーCD!!当時世界中で猛威を振るっていた即興性グラインドコアを、大阪の地らしい暴力的ノイズとハードコアの原始性でたたき出した、ジャパニーズ・ノイズコアの金字塔的カルト・バンドです!!


90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。
代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、
"Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、
"SPACE"(2nd solo EP /1998)、
"NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、 
"DEMO 1995"(cassette / 1995)そして
"Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、
"V.A.19.1.17.5.46 - 1:41"(Cassette/1995)、
"V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。
原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。
デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る!

WORLD:
VOX : kovLA
THROAT : HIROSHI “tama” ZEN
DRUMS : AONO TADAHIKO
DRUMS : KANAME (WHY WHO WHAT)
1993年結成、1995年京都舞鶴にてライヴデビュー。
グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発、テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。
1998年、EP"NEW WORLD"で悪意の完成を迎える。
1999年、預言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI “tama” ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。
2018年、難波BEARSで19年振りにライヴ活動を再開。
(インフォメーションより)




codeerror-st.jpg



・CODE ERROR - S/T CDEP 税込1,080円 (Obliteration)

グラインドコア創成期から長い歴史を誇るエクストリーム・メタル&ハードコア・レーベル、UKのEaracheが初めて契約したアジアのバンド WORMROTのメンバーが結成したシンガポールのバンドの7曲入りCDEPがObliteration Recordsからリリース!!

WORMROTよりもオールドスクール・ハードコア・テイストも感じさせるグラインドコア・サウンドで、これまた世界標準クラスにかっこいい!!緩急を使い分けた緊張感の高い楽曲はかなり初期パワーバイオレンス風味だし、Vo.もかっこよく、324やASSUCKなどのファンにも絶対聴いてもらいたいです。オススメdeath!!



whoresnation-mephitism.jpg



・WHORESNATION - Mephitism CD 税込1,620円 (Obliteration)

2018年夏に来日も果たしたフランスの3ピース・グラインドコア・バンドの2ndアルバムCDがObliteration Recordsからリリース。2009年の結成から300以上のライブをこなしているとあって、サウンドも驚愕のハイパー・グラインドなアルバムとなっています。

ジャケからちょっとだけ匂わせる昨今のアングラ・デス・メタルが好きなファンも抵抗なく聴けるであろう感触もありますが、とにかく演奏の切れ味とドラムの超人的スピードが凄まじく、ストップ&ゴーを多用する曲などは、YACOPSAEすら彷彿させます。全20曲でトータル20分、最初から最後まですさまじい速さで駆け抜けます。超人系スピードフリークス即死級アルバムdeath!!



warfuck-thiswas.jpg



・WARFUCK - This Was Supposed To Be Fun CD 税込1,620円 (Obliteration)

先ごろ2度目の来日ツアーも慣行した2011年結成フレンチ・グラインダーズの3rdアルバム。来日をサポートしたObliteration Recordsによる日本盤CDです。

2人組のながらバツグンの切れ味と圧倒的なスピード感のあるバンドで、この作品は録音をELECTRIC WIZARDなどのライブ・サウンド・エンジニアの経験もあるSerge Spiga氏、そしてマスタリングをEDGE OF SANITYのDan Swano氏が担当しています。それによりサウンド・プロダクションも完璧に仕上がっていて、NASUMを彷彿させるドラマチックでプログレッシブな展開を組み込んだハイパー・ブラスティング・グラインドが素晴らしい完成度に達しています。ROTTEN SOUNDやPIG DESTROYERなどのファンも絶対に必聴death!!



meatspreader-aswarm.jpg



・MEAT SPREADER - A Swarm Of Green Flies Over The Rusty Pot CD 税込1,728円 (Obliteration)

ポーランド・カルト・ゴア・グラインド DEAD INFECTIONやSQUASH BOWELSのメンバーらによる2016年結成グラインダーズ全14曲入り1stアルバムCDが日本のObliterationからリリース。

DEAD INFECTIONの特徴でもある初期グラインドのハードコア・ルーツを体現したスタイルですが、ジャケから絶対に連想させるCARCASSウォーシップとは違い、REPULSIONとE.N.T.のミックスのようなスタイルの、よりクラスト・グラインドなサウンドです。しかもVo.の暴力的シャウトが激渋で、324すら思わせます!!2018年10月の浅草デス・フェストにも出演予定!!



deadinfection-brain.jpg



・DEAD INFECTION - Brain Corrosion DIGIPACK CD 税込1,944円 (Obliteration)

ゴア・グラインドの歴史を語る上では決して外すことの出来ないバンドの一つとされる1990年結成ポーランド出身バンド DEAD INFECTIONの2004年アルバムが、2003年日本ツアー時のライブ映像もボーナス収録したデジパック・バージョンCDで再発!!

結成当初のデス・メタル色の強いサウンドから、1995年発表2ndアルバム “A Chapter of Accidents”でグラインド・コア・スタイルに接近。破壊力とダーティーな疾走感のあるサウンドで、スウェーデンのREGURGITATEやドイツのGUTなどと並び、CARCASS影響下グラインドのカルトとされアンダーグラウンドで絶大な支持を集めました。NAPALM DEATHやCARCASSなどの初期グラインドやクラストコア・ファンにもオススメのかっこよさdeath!!


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR