RECORD BOY

Epicus Doomicus Metallicus!!

acidwitch-evilsound.jpg



・ACID WITCH - Evil Sound Screamers CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

SHITFUCKER, REAPER, NUKE, HARBINGER, BORROWED TIME, etcといったデトロイトのメタル&パンクのお馴染みのバンド・メンバーらによるドゥーム・ホラー・メタルの10曲入り3rdアルバムCDがHells Headbangersからリリース。最初はShgrat & Chazの両氏(SHITFUCKER & REAPER)の強烈なキャラクター性を売りにしたオカルト・ドゥーム・メタルかと思っていましたが、新作が出てチェックするたびに、アメリカン・クサレ・ホラー・メタルの伝統を正統的に継承し、尚且つドゥーム・デス・メタルの現代的なキャッチーさも備えた、実力と魅力のあるバンドであることを理解しました。本作も素晴らしいクサレ・メタルに仕上がっていますので、過去作品を堪能してきた方は絶対に満足できることでしょう。

DOOMSTONEやDOOM SNAKE CULTといったアメリカン・サイコ・ドゥームを、よりサイケデリックに、しかしヴィンテージ・テイストと言うよりKING DIAMONDやDEATH SSなどのカルト・ホラー・ムービーのような怪しさで表現するスタイルに変化はありません。70年代風フレーズも絡めながらパンキーな要素もあり、そしてデス・メタルの重苦しくアグリーなタッチで、AGATUSの新作が最もHHRらしくない傑作だとすれば、このACID WITCHは至る所にHHRらしい要素を散りばめたグレートなバンドだと言えます!!



solstice-whitehorse.jpg



・SOLSTICE (UK) - White Horse Hill PAPERSLEEVE CD 税込1,620円 (Dark Descent)

日本のヘッド・バンガーズにも崇拝者の多いUKエピック・ドゥーム・へヴィメタル・バンド SOLSTICEの2018年発表3rdアルバムです。フルレングスの作品としては、90'sブラック・メタル名作の多くを世に残したMisanthropy Recordsから1998年に発表した New Dark Ageアルバム以来となる、実に20年ぶりのアルバムということになります。前作ミニ・アルバム Death's Crown Is Victory同様、今回もUS盤CDはデス・メタル・レーベル Dark Descentからのリリースで、オリジナルの7曲プラスDeath's Crown Is Victoryの2017年バージョンもボーナス収録した全8曲入り。ペーパーフォールドスリーブです。

クラスティーズ, メタル・クラスト・ファン, ノイズコア・グラインダーズなどに熱烈に支持されるLate 80's UKハードコア・パンク SORE THROATの中心人物だったRich Walker氏が、SORE THROAT解散後すぐに始動させたへヴィメタル・バンドです。ISEN TORRやPAGAN ALTAR等、彼が関わった他のへヴィメタル・バンドにも共通する、所謂エピック・メタルなスタイルだけど、凡百のエピック・メタルとはまるで違う感触で、それ故に熱狂的に全面支持する信者がいる反面、正直これはちょっと苦手・・・という声も、ハードコア要素も求められる傾向が強い当店では少なからず聞かれます。癒されるような優しいメロディーではなくて、英国やヨーロッパの民謡を土台にしたような土着的な哀愁を歌い上げるVo.と、それを強固に支える演奏との融合が完璧すぎるまでに男臭いのです。楽曲は、SOLITUDE AETURNUSに代表されるCANDLEMASS系統の重厚で荘厳なタイプに通じるかと思いますが、ドゥーム・メタルの特徴の一つである退廃的や鬱などといったネガティブな要素はなく、戦いに挑む英国戦士の勇壮さを掻き立てるような力強いメロディーは、個人的に以前から思っていたのですが、MEADS OF ASPHODEL / GUNSLENGERのAlan Davey氏や、AMEBIXのRob "The Barron" Miller氏などと並んで、メタル/パンク・ミュ―ジックに英国トラッドなスピリッツを導入しているアーチストと同じ志向を感じてしまいます。

へヴィメタルが大好きな方でも苦手な人もいれば、SORE THROAT云々抜きにSOLSTICEに初めて触れて、「これは素晴らしいですね!」と虜になるハードコア・パンク・ファンの方もいらっしゃいます。純然たる大英帝国産鋼鉄だけど、真剣な音楽をピュアに探求したい人ならば1度は体験してほしいです。



agatus-theeternalist.jpg



・AGATUS - The Eternalist CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

ZEMIALのEskarth the Dark One氏とArchon Vorskaath氏の兄弟によるギリシャの伝説的ブラック・メタル AGATUSの2016年発表3rdアルバムCDです。「アガタス新作入れますか?」「アガタスはやっぱり入れなかったですね」など、ギリシャ・ブラックが大好きで当店にも問い合わせてくれてた方が3人ほどいらっしゃったのを思い出し、遅ればせながら入荷しました。

1996年発表1stアルバム Dawn of Martyrdomのオリジナル盤CDが初期ブラック・メタル屈指のメガレア盤としてコレクター憧れの名作とされるバンドで、本作は2002年にドイツIron Pegasusから発表したThe Weaving Fates以来のフル・レングスとなる3rdアルバムです。Hells Headbangersからのリリースですが、ある意味、最もHHRらしくない作品とも言えるような、パーティー/コマーシャル/商業的な匂いが全くしない、非常にダイハードな内容です。初期からの特徴だったAGATUSのサウンドをさらに突き詰めたアルバムとして大絶賛されているけど、正直自分には最初「そこまで言うほどかな?」などと恐れ多くも疑問を抱きました。しかし、これは聴けば聴くほど素晴らしい。。。最高です。ペイガン・メタルにも通じるキーボードを導入したギリシャ・ブラックならではのスタイルから、この作品ではもはやUSエピック・メタルと英国や北欧のゴシック・メタルの融合のような、トラディショナル・ヘヴィメタルへの領域に大胆に踏み込み、そして完璧に消化しています。NYのREALMBUILDERや、イングランドのISENN TORRなどのバトル・エピック・メタルにも通じる旋律もありますが、そういったMANILLA ROAD直系のスタイルよりも、神秘的且つ気品漂うアトモスフィカル・エピックなのは、やはりギリシャ・ブラックならではでしょうか。うだるような暑さや、日常のストレスが、これを聴いてる間は全て忘れられる。それくらい素晴らしいアルバムです。


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR