RECORD BOY

Far East Metal Syndicate!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、ジャパニーズ・アンダーグラウンド・メタル商品が各種入荷していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。



masskontrolgenocide-eternalwinter.jpg

・MASS KONTROL GENOCIDE - Eternal Winter TAPE 税込300円 (Cosmic Garden prod.)

岡山で活動する独りブラック・メタル MASS KONTROL GENOCIDEの2曲入りカセット。全パートを担当するのは伝説の初期ジャパニーズ・ブラック・メタル 岡山のDEATHLIKE SILENCEに現在参加しているSadistic Profanation氏氏で、しかもリリースしたCosmic Garden Productionというレーベルは、これまた日本の初期ブラック・メタルの伝説的バンドである大阪のHURUSOMAとGNOMEのWoods氏が運営するという、ジャパニーズ・ブラック・メタル・ファンのみならずカルト・ブラック・マニアには興味が尽きないデモ。限定100本ナンバリング入り。

そしてサウンドがまた素晴らしい!!寒々とした北欧スタイルのロウ・ブラック・メタルで、A面のナンバーではリズムはマシンを使用していますが、極寒哀愁メロディック・リフと突進力はロウそのもので、SATANIC WARMASTER, GORGOROTH, OBTAINED ENSLAVEMENT, etcの冷たくも凶暴性の強いフリージング・ブラック・メタル・ファンは絶対に必聴です!!



abigail-tractor-split.jpg



・ABIGAIL / TRACTOR - 乱心肉獄 Split CD 税込1,620円 (Thrashing Cult)

東京ブラック・パンク・メタル・スラッシュ ABIGAILと、中国のメタルパンク・スラッシャー TRACTORによるSplit CDが、BIRTH RITUALのデモ&シングル・コレクションCDなどもリリースしていたThrashing Cultから帯付で発売!!

ABIGAILは2017年の新録2曲と、SABBATのGezol氏がVo.で参加した2005年セッション2曲の全4曲という、ABIGAILファンならば絶対にスルーできるはずがない必聴の4曲を惜しげもなく提供!!新曲はブラック・メタリックに回帰してきた近年のロウ・ノイジー・イーヴィル・メタル・パンクが炸裂してますし、Gezol氏参加のセッションもABIGAILファンおなじみのナンバーがいつもと違ったイーヴィル・パンキーさでグレート!!

そして写真からはまだ爽やかな若々しさが感じられる北京のTRACTORもまたダーティー&ナスティーなメタルパンクで、これがまた大先輩相手に善戦していてあなどれません!!ドライビンなロッキン・メタルパンクにブラック・スラッシーなリフとメロディック・ソロをぶち込んで、ABIGAILファンも必聴の注目メタルパンクスです!!AGONY BAGのカバーもやってます。

1. Abigail - Lust (2017)
2. Abigail - Satan's War (2017)
3. Abigail - Apocalyptic Nuclear Hell ~ Extreme mix (Session Vocals by Gezol from SABBAT 2005)
4. Abigail - Prophecy of the Evening Star ~ Extreme mix (Session Vocals by Gezol from SABBAT 2005)
5. Tractör - D.B
6. Tractör - R.F.T.P
7. Tractör - M.E.F.M
8. Tractör - Rabies is



anatomia-gravesite.jpg



・ANATOMIA / GRAVESITE - Split 7" 税込972円 (Nuclear Abominations)

東京ドゥーム・デス・メタル ANATOMIAと、イタリアン・オールドスクール・デス・メタル GRAVESITEのSplit 7"が、先ごろジャパニーズ・ウルトラ・オブスキュア・ゴア・メタル・クラスト・グラインド EUTHANASIAのCDをリリースして話題を呼んだイタリアのNuclear Abominations Recordsから限定500枚でリリース。両バンドともに新曲1曲を提供しています。

ANATOMIAは言うまでもなくズルズルにドゥーミーなlow-endデス・メタル・ナンバー。ペンシルバニアやニュージャージーなどのデス・メタルよりもホラー・ゴアリーな冷たさで、毎度同じような解説で恐縮ですが、シカゴCIANIDEやテキサスDEVINE EVEなどのような、90年代USデス・メタル・シーンに於いてスロウネスを追求したバンドと同じ感触の激渋さデス!!特にこういう7"の片面になると、より一層90'sデス・メタル感が強まる気がして最高です。Xtreem MusicからのCDが予想以上のかっこよさだったGRAVESITEは、SLAYER影響下のスラッシーなリフ&疾走感でスタートしますが、テクニカルなフレーズやメロディックなギターなどはCARCASSスタイル。1曲だけだけど、やっぱりこのバンドはかっこいいと再認識しました。Unspeakable Axe Recordsのようなタイプのバンドが好きな人は絶対チェックを!!

関連記事
05 | 2018/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR