RECORD BOY

Number Of The Metal Beasts!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、獣の数字の日に「ジャッカルの印」をアップする絶好のタイミングになりましたのでカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降になります。


signofthejackal-breaking-lp.jpg



・SIGN OF THE JACKAL - Breaking The Spell LP BLUE VINYL 税込2,916円 (Wax Maniax)

VIO-LENCEの1stアルバム再発でヘヴィメタル・シーンに戻ってきた元Heavy Artillery Recordsによる再発専門レーベル Wax Maniaxが、遂に名盤復刻やレジェンド・バンドではない現行最前線のバンドをリリース。しかしこれが業界人には超納得のイタリアン女性Vo.正統派スピード・メタル SIGN OF THE JACKALの待望2ndフル・アルバムでちょっとビックリ&うれしーー!!

2000年代初頭の若手オールドスクール・スラッシュ/スピード・メタル・バンドの台頭を支えた中心的レーベル Heavy Artilleryは、ENFORCERやVEKTORなどといった後に大活躍する優良バンドを多く発掘しましたが、このSIGN OF THE JACKALもまた、Heavy Artilleryからの1st MLPで大化けして注目を集めました。High Rollerと契約して2013年に1stフル・アルバムを発表して後あまり名前を聞かなくなってたけど、どうしたかな?と思ってたので、SIGN OF THE JACKALもまた、Wax Maniaxと同じく復活と呼ぶべきなのかも知れません。あまりこのテの正統派メタルには精通していませんが、SIGN OF THE JACKALの1st MLPは今でもしょっちゅう聴くぐらい大好きだったので、これは本当に嬉しい。実は先に入荷してたWax ManiaxのWHIPLASH 1st再発と同時リリースで一緒に届く予定でしたが、最初に届いた箱を開けたらSIGN OF THE JACKALが1枚も入ってないというズッコケた事態となり入荷遅れました。しかし、レーベルがこのLPは送料を負担してくれましたので、ブルー系のカラー盤で入荷しましたが、Wax Maniaxカラービニールとしてあり得ない値段で今回は販売できます!!次回は絶対にこの値段では販売できませんので、ぜひこの機会にどうぞ。

女性Vo.のヘヴィメタル・バンドと言っても今や全く珍しくもないですが、このSIGN OF THE JACKALはそれがまだ珍しかった頃の80年代の空気を最も適格に再現しているバンドではないかと思います。ACID, MESSIAH FORCE, BLACK LACE, ORIGINAL SIN, WARLOCK, BLACK KNIGHT, CARRIE, etcといった、80年代の女性メタル・シンガーだけが備えていたような独特の哀愁を帯びたメロディーが素晴らしく、またこのバンドはそのキャラクターをいやらしく全面に出したりしない、楽曲も演奏も硬派なところがかっこいいです。前作からたかだか5年ではありますが、なんかそれ以上長い間待ったような気もするけど、Laura Collerさんの歌声も全く変わりなくパワフル&センチメンタルで一安心。女性Vo.メタル・ファン以外の正統派スピード・メタル・ファンにもオススメです!!



venefixion-armorican-cd.jpg



・VENEFIXION - Armorican Deathrites / Defixio CD 税込2,484円 (Iron Bonehead prod.)

Legion Of Death別名義レーベルのArmee de la Mortからリリースした1stアルバムCDが日本のスラッシャーの間で高い評価を得たPERVERSIFIERメンバーなどから成るフレンチ・ブラック・スピード・メタル・バンドです。Iron Bonheadによる2015年デモのヴィニール化再発と2016年1st MLPが、それぞれ素晴らしい内容で、当店でも品切れ後に少なからずお問い合わせいただいていましたが、この度その2枚をまとめたCDバージョンがリリースされました。


Tracks 1-4 : Armorican Deathrites EP (2016年)
Tracks 5-8 : Defixio DEMO (2014年)


スウェーデンからVAMPIREが出てきて、NIFELHEIMも復活し始めた2015年位から、オカルティックなスピード・メタル土台の、言わば「デス・スピード・メタル」みたいなのが北欧以外からもポツポツ出てきて大いに盛り上がることだろう、と個人的には予感していたのですが、そんなことが実際起こった感じは全く無く、終息する以前に始まりもしなかったのですが、でもやっぱりこういうの居たんですね!!のっけからVAMPIREテイスト全開で、サタニック・メタルからスラッシュを飛び越えてブラック・デス・メタルのプリミティブなダークネスを表現したようなパーツ&構成です。とは言え、もちろん間接的にはスラッシュの手法も応用しているわけで、疾走感はブラストを頑なに拒んだスピード・メタルやスラッシュのプライドをヒシヒシと感じさせます。Armorican Deathrites EPでは、VAMPIREよりもKolbotn Thrashers Unionに代表される近年のノルウェジャン・デスラッシュに近いゴリゴリなカッコよさになっていて、メンバーはEXCORIATEのTシャツを着てますが、確かにこれはVAMPIRE聴いて目覚めたニワカなヤングではなく、EXCORIATEやREPUGNANTあたりまでさかのぼって視野に入れてるのが感じられます。ちょっとデモの頃からソロでロックっぽいフィーリングをチラホラ出してるのが気になりますが、まぁKETZERみたいに勘違いすることはないでしょう。必聴の要注目株です!!

関連記事
07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR