RECORD BOY

Thrashing Power Surf!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、HERESY 1stアルバム30周年記念盤や、名古屋のVANISHINGなどの発売日ですので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木彫日以降になります。


heresy-face-30thlp.jpg



・HERESY - Face Up To It!-Expanded 30th Anniversary Edition 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込1,728円 (Break The Connection)

RIPCORDやSTUPIDSとともにUSHCインフルエンスド・スラッシュを80年代UKHCシーンに於いて広く浸透させたバンドであり、スピード・フリークスも夢中にさせたファスト・スラッシュコア HERESYの不運の名作とされる1988年発表1stアルバムが念願の再リマスター再発!!って、前のBoss Tuneage再発の時も同じようなこと言ってたと思うんですが、前回はリマスターの効果が思うように発揮出来なかったみたいです。

確かに今回の再発は一聴してオリジナル・ミックスとはまるで違いまして、Kalv氏とSteve氏の超絶リズムセクションはかなりクッキリと聴き取れます。それにしてもこのドラムはちょっと尋常じゃないぞ?と思ったら、Steve氏のセルフライナーノート読んで納得。ギターのBaz氏が一番クールに一歩引いたスタンスで解説してると思います。Whose Generation EPやMEATFLYの1st LP, そして最強傑作のFORCE FEDの1st LPなんかが非常に評価低いことを考えると、このHERESYの1stはオリジナル・ミックスが失敗して不運の名作と言われながらも十分にマイルストーン的重要作として高く評価されていると思いますが、ファンにはやはりこのニューリミックスはたまらないでしょう。Dogma Records盤ボーナス7曲も遂に復刻。メンバー4人のライナー対訳と、1987年のHEADROT ZINEのインタビューを抜粋して対訳転載。アナログ盤は2枚組で同内容のCDも付属。初回カラービニール/ゲートフォルド・ジャケット、CD単体バージョンには復刻ステッカーも付きます!!


『FACE UP TO IT!』が上手く行けば再びリマスターし直すかもしれない。この話を昨年の中頃BOSS TUNEAGEから聞いた時は、個人的にはこれほどない喜びだった!実現して欲しいと願うこと数ヶ月。マスター・リールは死んでおらず各パートを全て抽出し完全なリマスターが施されると!!!そして届いた音源を聴いて瞬間あの言葉が過った『あとは・・・・・・さえ良ければきっと当時のマイルストーンになれたはずなのに。』まさにコレですよ!前作ではリマスターされたにも関わらず引っ込んでしまったヴォーカルは完全に戻らず、ギターはノイジーで厚くなったものの風呂場サウンドは消えることはなかったあの音。。。本当にアノ音がここまで変わることが出来たのか!!!この衝撃と言ったら!現代の技術力に感謝!とりわけジョンのヴォーカルはクリーンに、そして完全に前に出ることによって本来の表情が歌で伝わる!これぞハードコアのヴォーカルな怒りがバックの極限のスピードによって新たな表情を見せたのは大きい!他の楽器隊の変化も言わずもがな素晴らしいのですが、コレについても語りたい所ですが、この件はメンバー各々がライナーで語っているのでネタバレはつまらないので自粛します。更にDOGMAからリリースされた日本特別企画盤だった『VOICE YOUR OPINION』にボーナスで収録された7曲は、前回リリースのライナーでマスター・テープが無くなってしまった為二度と再発されることはないと、カルヴ自身が語っていましたが、オリジナル・リールには音源が残ってたのでこちらもバッチリ収録!そう初CD化です!この音源もリマスターによってまた別モノの音源となってます。レコーディングは上手くいったものの、馴染みのRICH BITCHスタジオが変貌してしまった当時の最新型レコーディングに悩まされミックスも大失敗し、その後のバンド活動のモチベーションも奪ってしまった悲劇のアルバム。88年のオリジナルLPから再発盤までと、これまで15,000枚近くも『失敗作』を世に送り続けてきた『FACE UP TO IT!』ですが、再発盤もレーベルプレス切れ/廃盤になったので新たな『FACE UP TO IT!』いや、これが正真正銘最終形態の『FACE UP TO IT!』ですので、もう散々聴いてきた音源だから別に、、、とは言わずに是非ともこの音を耳にして、この驚きと感動を共感して欲しいと願います!(インフォメーションより)



beowulf-lost.jpg



・BEOWULF - Lost My Head... CDR 税込1,620円 (Val Fox)

ようやっと到着ーーー!!!1stアルバムの初単独再発、だけどディスクはプロCDR、しかしそれでも大反響を呼んだヴェニスビーチSuicidalクロスオーバー・スラッシャーズ BEOWULFの1988年発表2ndアルバムも遂に初単独再発されました。今回もディスクは上面にプリントもされたプロCDRで、ケースはデジパックでなく通常のジュエルケースになっています。

1st LPはSuicidal Records自主リリース&流通だったため希少価値が高く、USHCファン憧れの永遠のレア盤として高い人気を誇りますが、この2ndアルバムはCarolineに移籍してLPとカセットで発表しましたので、1stほど超レア、っていうレコードではありません。しかしサウンドの完成度は1stよりも高く、尚且つ当時のハードコア・ファンが毛嫌いしたトゥーマッチなメタル・フィーリングでもなく、後にも先にもBEOWULFだけが確立出来た、"サーフィンMOTORHEADishスラッシュ"という異形のクロスオーバーが爆発&激走しています。確かにメタリックなソロも飛び出すけど、もともとサーフ・パンクの特徴には、ギターのエッジと憂いを帯びたメロディーは2大要素とも言える重要なポイントだったから、このBEOWULFのギターワークとどこか黄昏れた雰囲気は、サーフ・パンクの根っこが強かったということでしょう。NO MERCYとEXCELの1st, そしてRocky Georgeが加入したSUICIDAL TENDENCIESの2ndなど、本作よりも先に続々と発表されたWelcome to Venice軍団の作品がいずれもスピード・メタル・スラッシュに歩み寄っていた当時、改めて考えてもこのBEOWULFの2ndは完全に我が道を突き進んでいたのがわかります。

EXCELは現在Southern Lord、そしてNO MERCYまで本家Suicidal Recordsから遂に再発されても、BEOWULFだけは本家にも大手にもなびかず自身でせっせとCDR再発、というところに、彼らが一番のクセものであるのが表れていると思います。この再発も体裁から流通まで何かと一筋縄でいかないので、とりあえずファンはあるうちに確実に確保しておいてください!!

関連記事
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR