RECORD BOY

Speed Noisecore Rags!!






・WOJCZECH - Regret. Repeat CD 税込1,620円 (Obliteration)

遂に来日を果たしたドイツのベテラン・グラインダーズ WOJCZECHの新作4thアルバムCD。パワーバイオレンス・テイストもあるエモーショナルなカオティック・グラインド・パートや、ジャーマン・グラインドならではの切れ味バツグンのハイパー・ブラスティングなど、ASSUCKやNASUMといったグラインド・レジェンド・バンドのように、エクストリーム・メタル・ファンからハードコア・ファンにまで広くオススメしたい傑作デス!!


1995年結成、アンダーグラウンドグラインド・パワーヴァイオレンスシーンで数々の音源をリリースしてきたドイツのベテラングラインドコア、WOJCZECH。同じくドイツのベテラングラインドコア、ENTRAILS MASSACREのメンバーも在籍。余計な贅肉を削ぎ落としたようなソリッドなグラインドコアでASSUCKやDISCORDANCE AXISを彷彿とさせるリフワークやAGATHOCLESのようなオールドスクールな楽曲などグラインドコアの成分が凝縮した11曲を収録した2018年4thフルアルバム。グラインドコアファンだけでなくパワーヴァイオレンスファンはもちろんハード・コア、クラスト・コアファンにもオススメできる1枚!!5月には待望のジャパンツアーを名古屋のグラインドコアフェス、Grind Bastards 2018を皮切りに全国7箇所をツアー予定。(インフォメーションより)







・7 MINUTES OF NAUSEA - Thrash Culture As Bora LP+CD 税込2,916円 (F.O.A.D.)

1985年にオーストラリアで生まれたポリティカル・ノイズコア・グラインド 7MONの、1988年発表351曲入り1st EPと1989年発表366曲入り2nd FLEXIをカップリングした全717曲入りLPがイタリアF.O.A.D.からリリース。さらにアウトテイクなど発表されなかった音源も加えた両EPの完全版も収録のボーナスCDも付属した限定300枚カラービニールLP+CDセット!!

1st 7"はドイツ名門 TNT & Records (aka Ecocentric Records)、2nd FLEXIはC.F.D.L.の1st 7"もリリースしていたRABIAメンバーによる名古屋カルト・グラインド・レーベル Standard Of Rebellion Recordsから出ていた、初期ノイズコア・グラインドを代表する名作2種をカップリング。スピードコアやスラッシュなどの概念を打ち砕いて即興性をクローズアップしたスタイルの第一人者だったことが改めて聴くと良くわかりますが、デスコア・グラインドの殺伐さとは異質なところは、やはりポリティカル・パンクが根っこにあるのも感じさせます。





・NOISE / BIXERA - Split 7" 税込972円 (F.O.A.D.)

1991年結成のベテラン・バンド NOISEと、3ピース・ゴア・グラインダーズ BIXERAによる、ブラジリアン・グラインドSplit 7"がイタリアF.O.A.D.から限定300枚でリリース。ジャケ色がltd.100枚のブルー・カバーとltd.200枚のイエロー・カバーの2種存在しますが、今回はltd.100枚ブルー・カバーで入荷しました。

南米グラインド・マニアには良く知られてるNOISEは1996年に書き残していた曲を2015年に録音した16曲を収録。正統派ノイズコア・グラインドとでも言うべき、FEAR OF GODタイプのプリミティブ・ロウ・グラインドをタイトに畳み掛けるような勢いで聴かせてくれて、ノイズコア・マニアのみならず初期グラインド・ファンにもオススメしたいかっこよさ!!BIXERAについては知りませんでしたが、1990年代初めにブラジルで早くからマニアックなノイズコア・グラインドをプレイしていたSCARRHOURSというバンドのメンバーもどうやら関わっているようで、サウンドも初期CARCASS直系の90年代型ゴア・グラインドで、これまたノイズコア・ゴア野郎大興奮のフィルシー・ステンチ・デスリー・グラインドが極悪渋!!REGURGITATE, GORE BEYOND NECROPSY, AGATHOCLES, etcのファンは絶対にチェックお願いします!!





・NOSFERATUM - Gritos de Muerte CD 税込2,160円 (NecroNausea)

ペルーの超知られざるウルトラ・オブスキュア・デス・ノイズ・メタル NOSFERATUMの1993年デモに1992年と1993年ライブも加えた全18曲入りコンピレーションCD。当時のピンぼけ写真やファンジン記事、ライナーノートも掲載して、CONTUMACYのCDもリリースしていたNecroNausea Recordsからのリリース、と聞いただけ反応した人は必聴&Dieの即死成仏級Death You Kill Die CD Deathhhggghhh!!!!!


Tracks 01-08 from "Anti Terror" (Demo 1993)
Tracks 09-12 from "Live at Malambito" (Lima, 1993)
Tracks 13-18 from "Reh at Pancho Muller" (Lima, 1992)


Warfare Noise Comp.を愛聴し、HADEZやハードコア・パンクのATAQUE FRONTALなどのペルビアン・レジェンドもフェイバリットだったということですが、小学生の心境をプロファイリングすべくさらに考察してみますと、たぶんギターとドラムはこんなクソみたいな演奏ながら目標とすべくところはある程度定まっていたのかと察します。しかし演奏途中で独りサイケデリックな状態に突入したかのような(ただ弾けなくて演奏を90%放棄しただけだろうけど)ベースの足の引っ張り具合いは小学校低学年以下で、もはや小学生と幼稚園児の演奏を聴かされているようなライブは壮絶。でも、コロンビアのウルトラ・メタル的アナーキーさとはやはり微妙に違い、いかにもペルーらしいデス・ノイズ・サウンドだと思ってしまったのですが、自分の思考も幼稚園児を越えて、もう人間として終わってますでしょうか?必殺の締め文句、ゴミ音楽好きのゴミ人間にオススメdeath!!!







・CONTUMACY - Reverence of Putrefaction 2LP 税込3,996円 (Iron Bonehead)

以前に1stデモ7"EPが入荷して好評だった南米チリのデス・メタル・バンドのデモ音源集がIron Boneheadから2枚組でアナログもリリースされました!アナログ・バージョンはCDには未収録のライブ音源2曲も追加した限定300枚プレス!


Tracks 01-04 : "Ciudad Del Infierno" Demo 2015
Tracks 05-09 : Demo/Rehearsal 2014
Tracks 10-13 : Demo/Rehearsal 1992
Tracks 14-18 : Demo/Rehearsal 1990
Tracks 19-20 : Live (年代不明)

ペルー・デス・メタル重鎮 KRANIUMや、Deathrash ArmageddonがCD再発したILLAPAのメンバーが在籍した、知る人ぞ知るオブスキュア・デス・メタルでしたが、2013年から活動を再開しているようです。そしていきなり復活後の音源からCDはスタートするんですが、これがかなりカッコいい!!DEATHやOBITUARYに強く影響された南米デス・メタル、といった感じの王道スタイルだけど、ホントかっこいい。そしてCDが進むにつれて90年代の音源になると、ブラック・メタル期HADEZも彷彿させるグダグダのズルズル・プリミティブ・デス・メタル・サウンドで、これぞ南米シーンでも要注意ランキングの高いペルーらしい極悪サウンドです。南米崩壊デス・ノイズ・メタル・ファン必聴!!
関連記事
07 | 2018/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR