RECORD BOY

LOSE LOSE - Kill Or Be Killed EP 12"


loselose-kill.jpg



・LOSE LOSE - Kill Or Be Killed EP 12" 税込2,160円 (Lose Lose ltd.)

TRAGEDY, DEATHREAT, FROM ASHES RISE, Partners in Crime Records運営などで2000年代のアンダーグラウンド・ハードコア・パンク・ムーブメントに大きく貢献したBilly Davis氏の新たなバンド LOSE LOSEのデビュー音源9曲入り12"です。元々デモ・テープで2016年にリリースされ、このたび限定300枚でヴィニール化されました。天下のPartners in Crimeリリースではなく、あまり大々的にプロモーションもしてないそうですが、BOYも一応ワタクシ個人も彼とは古い付き合いがありまして、ぜひBOYでディストリビューションしてくれ、とオファーされました。純真無垢な希望に満ちていた頃の自分を取り戻せるようで、なんかちょっと嬉しい気分ですので、張り切ってプッシュしてみようと思います!300枚の内わけはltd.150枚クリア/ltd.100枚レッド/ltd.50枚だそうですが、シールドされてますし、今の自分は純真無垢なので、開封して盤色確認などはしません。

他メンバーはCALL THE POLICEとスウェーデンのFYFANの人がいるみたいです。サウンドはTRAGEDYよりはDEATHREATに近いタイプですが、しかしDEATHREAT直系というほどそのまんまではありません。激情ハードコアという新たなサブジャンルを90年代に確立したHIS HERO IS GONEをURANUSから細胞分裂したものと考えるならば、DEATHREATの母体はBillyとTodd Burdette氏 (TRAGEDY, HIS HERO IS GONE, etc)が在籍した伝説の90'sメンフィス・ハードコア COPOUTと捉える事が出来ます。デスメタルのファンでもあったYannick Lorrain氏の叙情性がHIS HERO IS GONEからTRAGEDYにまで受け継がれ、片やDEATHREATはピュアなオールドスクール・パンク・スラッシュ・ハードコアから逸脱することは絶対にありませんでしたが、このLOSE LOSEはDEATHREATが垣間見せていた殺伐とした90'sアンダーグラウンドらしさを取り除き、より80's USHCルーツを強めています。NEGATIVE APPROACHやSSDといったシンプル&キャッチーbutストロング&ブルータルなハードコア・サウンドが堪能できて、ツボを得た曲のセンスなどはさすがのかっこよさではないでしょうか?USHCファンはぜひチェック宜しくお願いします!!

関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR